カメラと一緒に使えるオススメのモニター(小型の外部液晶ディスプレイ)について解説します。

外付けのカメラモニターは1万円以下の安い価格製品から録画機能つきの製品まで種類が沢山あります。今回は私が実際に使用した外部ディスプレイの使用感想も交えながら、順番に説明していきす。

外部モニターの利用イメージ

外部液晶モニターは、例えばこちらのような製品が価格が安くて初心者の方にもオススメです。

カメラモニターは主に以下の用途で活用することができます。

  • ビデオカメラや一眼レフカメラの液晶が小さくて見にくい時
  • 太陽光が眩しくカメラの背面液晶が見づらい時
  • 老眼で見づらい時
  • カメラとは離れた位置から大きな画面で表示させたい時
  • 撮影する動画の同時バックアップ(※記録機能のある製品で可能に)

に便利です。外部液晶ディスプレイの活用方法は私のYoutube動画でも解説していますので、詳しい使い方や何が出来るのかを知りたい方はそちらもご覧になってください 😄 およそどのような物なのか把握できるかと思います。

現在流通している一般的な液晶モニターは、5インチから7インチ程度の大きさがあり、カメラに備わっているHDMI端子からケーブルで繋ぐことで映像を表示させることができます。

液晶をカメラに装着した使用例
液晶をカメラに装着した使用例 ©

ご家族の舞台や発表会、運動会や学芸会などの撮影や、映像機材で人気のジンバルを使った動画撮影のサブモニターとしても便利です。外部液晶モニターについて、何を選んだら分からない時の参考にしてください。

目次:一眼レフやビデオ撮影でおすすめの小型外部液晶モニター

カメラ初心者にオススメの外部モニター

まず初めにご紹介したいのが、冒頭でも触れたFeelWorldというメーカーが扱っている小型液晶モニターです。まず価格が非常に安いことと、コンパクトなサイズなので手軽に使えるという点は大きなメリットです。

そして更に、外部液晶モニターにはタッチパネル操作に対応している製品も存在します。

Desviewの液晶ディスプレイ。タッチ操作により、画面内の一部を拡大して表示するなど感覚的に操作できる
Desviewの液晶ディスプレイ。タッチ操作により、画面内の一部を拡大して表示するなど感覚的に操作できる ©

操作性を重視したい場合には次の製品がオススメです。

タッチ操作などの操作性が優れているだけでなく、明るさ(ディスプレイの輝度)も屋外で使用できることを想定しており、見やすく造られています。運動会シーズンや外のロケなどで役に立ちます。

また、液晶本体の重量が軽いので、何を選んだ方が良いか分からず、とりあえず色々な場面で使いたいと検討中の方にはオススメです。

私の場合は、少し前のモデルとなる「Desview R7P (7インチ版)」を使用しており、Youtubeの動画を自撮りする際や、動画撮影時に愛用しています。少しでも大きな画面を使いたいという方には良い選択肢になるかと思います。より大型のディスプレイ製品を探している方や、保護用のシリコンケースも備えているので、アクセサリーを重視したい方におすすめです。

Desview R6やR7Pで何が出来るのか?については、下記のYoutubeの動画内で機能を解説していますので、是非ご覧になってください😄

次の記事でも、写真を交えながら解説していますので併せてご覧ください。

Desviewの液晶モニターについての解説
Desview R7Pの使用感想レビュー。カメラ用の液晶画面では最強かも!
Desview R7Pでは、大型のタッチディスプレイや衝撃から守ってくれるシリコンケースが付属されるなどアクセサーが充実しているのが特徴です。

ミラーレスカメラにも相性が良い外部カメラモニター

私の場合は、SONYのα7シリーズなどのミラーレスカメラで使用してます。またこの後でご紹介しますが、4Kのビデオカメラ(ハンディカム)等のデジカメでも活用することができます。

外部液晶モニターをカメラに取り付けた様子
外部液晶モニターをカメラに取り付けた様子 ©

外部液晶モニターは、5インチから10インチの大きな液晶がラインアップされています。一般的なカメラの背面液晶やサブディスプレイに比べると、大きく精細な画面で見やすいのが特徴です。また購入時には以下のアイテムも付属されています。

  • HDMIケーブル

    カメラと液晶を繋ぎ、映像を表示させるのに必要

  • 遮光フード

    晴天時の照り返しの中でも液晶が見やすくなる

ただし、バッテリーやACアダプターは付属していませんので、お持ちでない方はNP-Fバッテリー(別記事で解説)を用意する必要があります。

ビデオカメラの見づらい液晶を外部モニターで補える

外部カメラモニターは特に、運動会や発表会でお子さんやご家族の撮影で人気の4Kハンディカム・ビデオカメラで便利だと思います。付属のHDMIケーブルがあれば繋いでカメラの画面を表示させることができます。以下はハンディカムに液晶画面を接続した様子です。

また、撮影時に便利な画面回転表示や、ピントの合っている箇所が赤色で確認できるピーキング機能なども搭載しており、外部液晶の表示機能も充実しています。

価格が安くコストパフォーマンスが抜群のカメラ用ディスプレイ

カメラ用液晶モニターをとにかく安く購入したい、節約したい!という時にオススメなのが、以下の製品です。

7インチディスプレイの小型液晶。スタンドやケーブルも付属しています
7インチディスプレイの小型液晶。スタンドやケーブルも付属しています ©

こちらは小型PC向けの液晶製品なのですが、カメラ用モニターとしても使うことができます。使い方は下記の記事で解説を行っております。

小型のモニターで確認しつつ映像をSDカードに記録したい

液晶画面が小さくても大丈夫!それよりも、映像を画面に表示しつつ、同時に記録したい!という方におすすめなのが、こちらのビデオキャプチャーです。

1080pやフルハイビジョン(FHD)と呼ばれる、そこそこキメの細かい映像を保存することができます。保存先はSDカードや外付けのHDD、そしてUSBメモリへ記録ができます。

サンワのビデオキャプチャー
サンワのビデオキャプチャー ©

画面の美しさは他の製品に劣りますが、画面の確認と映像コンテンツの収録を安い価格で済ませたい方には最適です。詳しい機能や使い方は次の解説が参考になります。

録画機能も備えた外付けカメラモニター(動画撮影向け)

続いて紹介するのは、映像制作などのビデオ業務でも使用できる高性能なカメラモニターです。接続した機器の映像入力を表示させるだけでなく、4K映像をモニター本体で記録できる高画質な映像キャプチャー機能を備えたプロ仕様の製品となっています。

最大のメリットは、モニター本体に入力された映像データを、カメラ本体で動画撮影するのと同時に、動画データの同時バックアップをモニター側で行うことができる点です。

カメラの映像を確認できるだけでなく、HDMI入力した映像をキャプチャーすることができます。4Kと呼ばれる高画素の動画サイズを記録する事もできるので、画質に拘りたい方には特におすすめです。記録メディアは、別売りの2.5インチのHDDやSSDを使って映像を記録することができます。

モニターとしての基本機能だけでなく、タッチパネル操作や本体による映像の内部収録が可能
モニターとしての基本機能だけでなく、タッチパネル操作や本体による映像の内部収録が可能 ©

具体的に何ができるのか?については以下の解説記事やYoutube動画が参考となります。

その他に、HDDやSSDではなく、SDカードで映像データを記録するモデルもあります。

本格的に高画質で外部収録したい時に録画機能を備えた外部カメラモニターはおすすめです。

iPhoneやiPad等のタブレットをカメラモニター化する方法

スマホを液晶モニターとして使用してみた
スマホを液晶モニターとして使用してみた ©

iPadやiPhone、Androidなどのタブレット・スマートフォンをカメラ用の外部モニターにできる製品も登場しています。それが映像のワイヤレストランスミッターです。

カメラの端子に備わっているHDMIの映像出力をワイヤレスで伝送できる製品で、HDMIケーブルを使わず、カメラ映像をスマートフォンに表示できます。

また、離れた位置にあるスマートフォンから、ファインダー像を確認したり、スマートフォン側で映像を保存することもできます。自撮り撮影する際に、スマートフォンを映像確認用の画面として活用できるので非常に便利です。使い方は、以下の動画で確認できますのでご覧ください。

その他にも様々な製品があるのですが、詳しい内容は下記のまとめが参考になります。

モバイルディスプレイをビデオモニターとして表示させる

室内でより大画面でカメラの映像を確認したい時には、以下のモバイルモニターが便利です。

iPhone(上)とモバイルモニター(下)の表示比較
iPhone(上)とモバイルモニター(下)の表示比較 ©

モバイルモニター(上)とmacbook(下)の表示比較
モバイルモニター(上)とmacbook(下)の表示比較 ©

こちらはカメラからの映像入力だけでなく、MacやWindows PCのサブモニターとして活用できるのが良い点です。薄型で持ち運びに優れていますので、撮影結果を大きな画面で見て貰いたい時に役立ちます。

モバイルディスプレイはその他に、高精細な4Kディスプレイも存在します。

ノートPCやデスクトップパソコンにカメラモニターを表示させる

手元のPCディスプレイをカメラモニター化することも可能です。カメラの液晶画面をMacやWindowsなどのPC画面で表示させるには、映像をUSB経由で入力できるキャプチャーボードと呼ばれる機器が必要になります。例えば安い製品で以下のような物があります。

キャプチャーボードでは、入力されたカメラ映像を1080p(=4Kの1/4程度の解像度)としてパソコンに表示させるだけでなく記録も可能になります。

ATEM Miniの外観
ATEM Miniの外観 ©

また最近では、最大4つのHDMI映像入力を切り替えて、PCに表示したり、PC内で映像を記録できるATEM Miniという製品も登場しています。2台以上のカメラモニターをボタン操作で切り替えたい時には便利です。

複数台のカメラ映像を切り替えたり、PCでモニタリング、PC内で直接記録したい時に役立ちます。

最近は、テレワークやリモートワークなどが注目されていますが、キャプチャーボードは手元の一眼カメラをWebカメラとして有効活用できるのが面白いところです。カメラ画面をPCで表示させるだけでなく、YoutubeやチャットのWEB配信用にも活用できますので、その辺りの利用を考えてる方にはオススメです。詳しくは以下の解説が参考になります。

安く導入できる!自撮り用カメラ液晶ミラー

続いて、こちらは番外編となりますが、液晶モニターではなく、鏡を使ったアイデア製品です。こちらはカメラの背面液晶を鏡によって映し出すことにより、正面から映像を確認できます。

一眼レフカメラやミラーレスカメラをお持ちの方には、自撮り撮影をしたいけど、カメラに内蔵された液晶モニターがバリアングル(回転機構)に対応しておらず、液晶画面を自分の方に向けられずにお困りの方も多いと思います。

先ほどご紹介した外部液晶モニターに比べると価格が非常に安く軽量なので手軽に導入できるのが良いところです。単純な仕組みですが、なかなか思いつかないアイディア商品ですよね!ただし、

  • 液晶を見られる角度が制限されてしまう
  • カメラ本体と離れた位置では液晶を確認できない

と言った点には注意が必要です。

カメラモニターに画面表示させるにはHDMIケーブルが必須

上記でご紹介した外部液晶モニターを使用するには、カメラと液晶モニターをHDMIケーブルで接続する必要があります。製品の中には付属品としてHDMIケーブルが含まれている場合もありますので、購入時にケーブルが付属しているか確認されることをおすすめします。

また、外付けのカメラモニターを接続する前に、カメラに備わっているHDMI端子の形状を必ず確認しましょう。端子の形状を確認する際には、以下のサイトが分かりやすいです。

HDMIケーブルのコネクタの種類|エレコム

以下では一般的なHDMI端子形状と必要なケーブルについて簡単にご紹介します。

一眼レフにカメラモニターを接続する際の端子

一般的な一眼レフカメラやミラーレスカメラでは、HDMI micro(タイプD)という端子を備えている事が多いのですが、以下のようなケーブルを用意しておくことをオススメします。

ビデオカメラやTV、外部モニターに接続する際の端子

またビデオカメラやディスプレイから中継させてカメラモニターに表示させたい時にはHDMI(タイプA)を使用することが多いです。

HDMIタイプAの形状を持つHDMIケーブルは、先ほど挙げたHDMI micro(タイプD)の形状へ変換できるアダプターがあります。

どの端子を使ったら分からない場合には、上記のタイプAケーブルと変換アダプターを揃えておくと、ある程度の機器で使用できるかと思います。

iPhoneやiPadにカメラモニターを接続する際の端子

またゲーム機やiPhone、iPadなどのHDMI端子から画面を表示させたい時にはこちらのHDMIケーブルが必要となります。

接続したい機器に応じて、適切なHDMIケーブルを用意しましょう。

外付けカメラモニターを固定する方法について

また、外部液晶のカメラモニターをカメラやスタビライザー(ジンバル)に固定する方法については以下が参考になります。

液晶モニターを壁や机に設置する方法については下記をご覧ください。

映像の形式や解像度について

映像の形式について不明な場合は、以下の解説記事が参考になりますので、ご覧ください。

映像の解像度や形式についての解説
動画サイズの1080Pや4K・fpsってなに?詳しく解説します