この記事を書いてる人: 
tea

動画や映像で見かける1080Pや4K、fpsという記号の意味について詳しく解説したいと思います。これらは、映像のサイズ(解像度)と滑らかさを知ることができる表記です。サイズと滑らかさを判断できるようになると、以下のような製品選びの判断材料にすることができます。

2018年におすすめしたい中華アクションカメラと詳細レビューまとめ

それでは、動画サイズの表記の意味を順番に説明していきます。

目次

fpsってなに?映像の滑らかさ

30fps、120fpsなどの◯◯fpsという表記をよく見かけるかと思います。fpsとは、frames per secondの略で、フレームレートと言います。フレームレートは動画の滑らかさを意味していますので、この数字が大きいほど動画が滑らだと分かります。

30fpsや24fpsは一般的な滑らかさです。120fpsや240fpsではスローモーション映像として使われる事が多いです。

ピクセル、pixelってなに?映像のきめ細かさ

◯◯x◯◯ピクセル◯◯x◯◯pixelという表記もよく見かけますよね。ピクセルとは、動画の画面サイズの事です。ドットの数を意味しており、この大きい数字であるほど、キメの細かい精細な動画ということが分かります。

Pってなに?映像の縦方向のきめ細かさ

1080Pや720Pなどの◯◯Pという表記もよく見ます。こちらは映像の縦方向のドットの数を意味しています。この数字が大きいほど、キメの細かい精細な動画ということが分かります。

4Kや2.7Kってなに?映像の横方向のきめ細かさ

4Kや2.7K、また8Kなどの表記も見かけます。こちらは映像の横方向のドットの数を意味しています。例えば4Kでしたら横に約4,000ドットの映像という事になります。この数字が大きいほど、キメの細かい精細な動画ということが分かります。

動画の規格と名称

動画サイズによってHDやハイビジョンなどと言った呼び名があります。これらについて見ていきましょう。

  • 4K QFHD (3840x2160)
  • 2K Full HD (1920x1080)
  • HD (1280x720)

動画サイズの実例を見てみよう

それでは、いくつかの動画サイズを例に挙げてみましょう。

  • UHD 24fps (2880x2160ピクセル)

    → 高画質・動きはやや滑らか。できるだけ決めの細かい高画質な映像で撮影したいときに使う。

  • QHD 30fps (2560x1440ピクセル)

  • FHD 1080P・60fps (1920x1080ピクセル)

    → 画質はそこそこ・動きは滑らか。きめ細かさよりも滑らかさを重視したい時に使う。

  • FHD 1080P・30fps (1920x1080ピクセル)

  • HD 720P・120fps (1280x720ピクセル)

    → スローモーション撮影したいときはこれを使う。

  • HD 720P・60fps (1280x720ピクセル)

  • HD 720P・30fps (1280x720ピクセル)

    → 保存サイズや容量を抑えたいときに使う。

スポンサーリンク
 記事名とURLをコピーする

動画サイズの1080Pや4K・fpsってなに?詳しく解説します https://photo-tea.com/p/1808/movie-fps-pixel-size/

 関連する記事
 作例掲載
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について