Sony α7IIIやα7RIIIで使えるオススメのEマウントFEレンズについてまとめてみました。日常で使えるレンズや、旅行で持ち出せるもの、夜景やお子さんなどの家族写真、フィルムのような写真を楽しめるレンズ、風景写真で迫力のある写真を撮るためのレンズなど各ジャンルごとにまとめていますのでご覧ください。

Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G
Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G ©

Sony α7シリーズは初代から愛用しているカメラです。私自身もレンズについて相当な時間をかけて調べました。これからおすすめするレンズをご覧いただくと、レンズ選びについて詳しく知ることできます。また、Sony α7IIIに関する外観やアクセサリーについてはこちらをご覧ください。

アクセサリーについて
α7IIIを購入したら一緒におすすめしたいアイテムや付属品のまとめ

それではレンズについて、まとめていきます!

目次

コスパ最強の標準レンズ TAMRON 28-75mm F2.8

まず最初にオススメしたいのが、TAMRON 28-75mm F2.8という標準ズームレンズです。私も最近購入しましたが、性能とコストパフォーマンスが抜群でしたので良い買い物をした気分です(^◯^)

このクラスのレンズとしては価格が安く、軽量・小型に造られているのが特徴です。普段使いや旅行などで活躍すること間違いなしの1本です。

α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8
α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8 ©

日常でよく使う広いアングルや、ポートレート(人物撮影)で利用できそうな望遠域までカバーしています。実際に使ってみると、オートフォーカス速度が純正レンズ並に速いので、子供の動き回るシーンを簡単に撮影することができました。撮影例や詳しい感想は下記が参考になります。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDのレビュー。撮影例とレンズ外観について

さらに画質や性能を重視したい方には、SONY純正FEレンズのFE 24-105mm F4Gや大三元レンズのFE 24-70mm F2.8 GMをおすすめします。より遠くまで写したいという方にはズーム倍率が高いFE24-240mmがおすすめです。

スポンサーリンク

暗いシーンやボケ味を楽しめる FE 50mm F1.8

続いてオススメしたいのが、FE 50mm F1.8という単焦点レンズです。ボケ味を活かした写真や、夜景などの暗いシーンで綺麗な写真撮影を楽しむことができます。

Sonyの純正レンズの中でも価格が安くて軽いレンズなので、ズームキットレンズと一緒に持ち運ぶのにも最適です。FE 50mm F1.8については、以下の記事で詳細にまとめられているので参考になります。

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ
SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの実写レビュー。メリット・デメリット

また、同じような距離感で撮影できるレンズとしてFE 55mm F1.8 ZAや、滑らかなボケ味に定評があるFE 50mm F1.4 ZAがあります。こちらは初めに挙げたFE 50mm F1.8よりも高性能で、価格が高めの製品です。

α7IIIとFE55mmF1.8
α7IIIとFE55mmF1.8 ©

FE 55mm F1.8 ZAは、私も長年愛用しているレンズです。

二人の良き日 03386 | Sony A7R2 + SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
 二人の良き日 03386 | Sony A7R2 + SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA  photo by tea ©

最初におすすめしたFE 50mm F1.8と同じように、小柄なレンズでありながら写りのきめ細かさや、オートフォーカスに定評があります。詳しくは下記で作例や使用感をまとめています。

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAのレビュー。撮影例とレンズ外観について

風景で迫力感ある1枚に凝縮できる FE 12-24mm F4 G

風景写真では、手前から奥まで迫力のある写真を1枚に収めたい事が多いですよね。そこでオススメなのがFE 12-24mm F4 Gという超広角ズームレンズです。

Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G
Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G ©

私の場合は風景と一緒に人物を入れる事が多いのですが、人物も風景も1枚に閉じ込めたい!という方には最高の1本だと思います。

Spring Light 04745 | Sony a7R2 + SONY FE 12-24mm F4 G

またこのレンズは気軽に持ち運べるコンパクトな重量のレンズなのも長所です。詳しくはこちらのレビューが参考になります。

Sony FE 12-24mm F4 Gのレビュー。撮影例とレンズ外観を写真でまとめる

Sonyの超広角レンズは、FE12-24mmと同じように小型で軽量のFE 16-35mm F4 ZAや、より画質を重視したFE 16-35mm F2.8 GMなどがあります。

FE12-24mmのように、望遠ズームの端が24mmでは足りないと感じる方には、FE16-35mmをおすすめします。

α7IIIでコンパクトにお散歩を楽しめるFEレンズ

Sony α7IIIを気軽に持ち出したくなる、小さくてコンパクトなレンズはFE 35mm F2.8FE 28mm F2がおすすめです。

特に、FE 28mm F2というレンズは、コンバーターレンズと呼ばれるレンズ前面に装着できる製品を使用すると、魚眼レンズや超広角レンズに変更する事ができるので色んな雰囲気を気軽に楽しむことができます。

α7IIIでオールドレンズを楽しむ

フィルムカメラ時代のレンズ(オールドレンズ)を使って写真を楽しむことができます。Sony α7IIIでフィルムカメラのような懐かしい写りを楽しみたい方には、ヘリオスがおすすめです。

Sony α7IIIとHELIOS44
Sony α7IIIとHELIOS44 ©

こちらはオールドレンズの中でも安い価格帯でありながら、フィルムっぽさを楽しめるレンズです。オールドレンズを初めて使う方にも気軽に楽しめる1本となっています。

レンズの撮影例と詳細
ヘリオスHELIOS-44 2/58の実写レビュー。α7IIIにM42 Zenitマウントを装着してみた

また、フィルムカメラの写ルンですで撮ったような写真を楽しみたい方におすすめなのが、Utulensというレンズです。

Sony α7IIIとUtulens
Sony α7IIIとUtulens ©

こちらは、写ルンですの使用済みカメラから、実際にレンズを取り出して一眼レフ用のレンズとして製品化された商品です。SONYのミラーレスで使えるEマウント用も用意されているので、そのまま装着することができます。その他にも、次のようなレンズがあります。

Sony α7・α9シリーズで楽しめるオールドレンズ風レンズと作例

α7IIIで他社レンズ資産を活用するには

Sony α7IIIの良いところは、他社メーカーのレンズを使うことができるところです。Sony純正レンズは高価なレンズが多いのですが、既に持っているレンズを活用することで、安いコストでレンズを揃える事ができます。

詳しい内容はこちらが参考になります。

Sony α7・α9シリーズで他社のレンズ資産を活用する方法

SIGMAやTAMRONのレンズをα7IIIで使ってみよう

α7III・MC-11・TAMRON 15-30mm(キャノン用レンズ)を装着した例
α7III・MC-11・TAMRON 15-30mm(キャノン用レンズ)を装着した例 ©

CanonやNikon、Pentax、Sonyなどのレンズ以外に、SIGMAやTAMRONなどのメーカーが造ったレンズがあります。Sony純正レンズよりも価格が安い製品が多いので、純正レンズの購入を躊躇している方にはおすすめです。

Sony α7・α9シリーズでおすすめのサードパーティ製レンズ|SIGMA・TAMRONなど

その他のSony Eマウントレンズ

Sony α7IIIでは、その他にも次のようなレンズを使うことができます。

運動会や遠い被写体に最適なレンズ FE 70-200mm F4 G

Sony α7IIIとFE70-200mmF4G
Sony α7IIIとFE70-200mmF4G ©

やや遠い位置にある人物や動物を撮影したり、ボケを楽しみたい方にはFE 70-200mm F4 Gがおすすめです。

The phantom | α7RII + FE 70-200mm F4 OSS

FE70-200mmF4Gは小型で軽量ですが、ポートレートや風景など幅広いジャンルに活用できます。詳しい使用感はこちらが参考になります。

SONY FE 70-200mm F4 G OSSのレビュー。撮影例とレンズ外観について

より遠くのものを撮影したい方には、FE 100-400mmGMや、価格が抑えられたFE 70-300mmがおすすめです。

Sony α7IIIとFE100-400mmF4.5-F5.6GM
Sony α7IIIとFE100-400mmF4.5-F5.6GM ©

FE100-400mmGMは私も現在愛用しています。子供の運動会やポートレート撮影だけでなく、近寄って撮影ができますので花の撮影なども楽しめます。実際に入手してみると意外に出番が多いレンズです。

SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSのレビュー。撮影例とレンズ外観について

花の撮影やポートレートが得意なFE 90mm F2.8 Macro

花や小物を撮影したり、ポートレート(人物)や少し遠くにいるお子さんを撮るのにオススメなのがFE 90mm F2.8 Macroという単焦点マクロレンズです。

Octopus tail   |  α7RII + SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

私も実際に花の撮影や商品撮影、また動きの速い子供の撮影で使用していますが、オートフォーカスが速いレンズなので、走ってるお子さんを快適に捉える事ができます。きめ細かい写りをするレンズですので、撮っていて爽快感を味わうことができます。

Sony FE 90mm F2.8 Macro G OSSのレビュー。花やポートレートや子供を撮影しての感想

マクロレンズは、価格を抑えた小柄なマクロレンズとして人気のFE 50mm F2.8 Macroもあります。コンパクトなレンズで花の撮影を楽しみたい方はこちらがオススメです。

太陽の光を印象的に魅せるLoxia 2.8/21

軽量で小さいレンズでありながら、広い範囲を撮影できるloxia 2.8/21は、カールツアイス製のSony用マニュアルレンズです。

Sony α7IIIとLoxia2.8/21
Sony α7IIIとLoxia2.8/21 ©

こちらのレンズは、光芒が美しく表現できるのが特徴です。工場夜景やイルミネーション、太陽を入れた写真で使うと印象的な写真が撮れます。

レンズの詳細レビュー
Loxia 2.8/21(Carl Zeiss)のレビュー。撮影例とレンズ外観について

α7IIIでポートレート撮影におすすめのFEレンズ

α7IIIでおすすめのポートレートレンズはこちらです。Sonyのレンズはボケ味の評価が高いものが揃っています。背景をぼかして浮き上がるような人物撮影を楽しむことができます。

スポンサーリンク
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 記事名とURLをコピーする

Sony α7IIIでおすすめのレンズ一覧|個性的なレンズで写真を満喫しよう https://photo-tea.com/p/1804/sony-a7iii-lens-osusume/

 関連する記事
 作例掲載