浮き上がるボケ感と近寄った撮影にも強いSONY FE 135mm F1.8 GM(SEL135F18GM)を購入してみました。ブログでは実際の写真作例や動画撮影例を交えながら使用感想を詳しくレビューしたいと思います。

SONY FE 135mm F1.8 GMはSonyのミラーレス一眼カメラに対応している中望遠の大口径単焦点レンズです。絞りの値がF1.8となっており、非常に大きなボケ味や立体感を表現できるのが特徴です。

Sony α7IIIとSONY FE 135mm F1.8 GMの装着例
Sony α7IIIとSONY FE 135mm F1.8 GMの装着例 ©

SONY FE 135mm F1.8 GMをSONYのミラーレス一眼カメラに装着すると、上記のような雰囲気になります。レンズに関する外観は記事の後半で詳しく解説します。

まずは、簡単な撮影例を数枚ご紹介します。記事の中盤では、SONY FE 135mm F1.8 GMの写真を詳しく掲載します。

チューリップ 04350 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04350 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

特徴的なのは接写能力です。最短で70cmにある対象物まで近寄れますので、非日常感を手軽に演出できます。

June Bride 09746 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM
 June Bride 09746 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
1st Birthday 05641 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 1st Birthday 05641 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

また、ポートレート(人物撮影)用のレンズとしても最適です。重量は950g・寸法サイズは89.5x127mmと一般的なレンズに比べて重い印象ですが、他社のレンズと比較すると同程度の重量であり、見た目はコンパクトに設計されています。

蔵のまち 04769 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04769 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
初夏の香りがしたあの日 09231 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 初夏の香りがしたあの日 09231 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
1st Birthday 05662 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 1st Birthday 05662 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

背景との奥行きを強調した家族写真や人物撮影(ポートレート)、花・小物・動物の撮影など、とっておきの写真撮影でいかがでしょうか。私の場合は、ポートレート用でマニュアルレンズの105mmを愛用していたのですが、動きの速い子供の撮影や暗いシーン、ボケ量を大きく取り入れたい場面でFE135mmを使っていきたいと考えています。

当記事ではSONY FE 135mm F1.8 GMの撮影例(写真や動画)と、レンズの外観・スペックについて詳しくレビューしていきます。また、その他のSonyのEマウントレンズについては、こちらが参考になります。

それではSONY FE 135mm F1.8 GMについて詳しく見ていきたいと思います。

目次:SONY FE 135mm F1.8 GMレビュー

SONY FE 135mm F1.8 GMの仕様と特徴

(引用元:Sony Camera Channel)

SONY FE 135mm F1.8 GM(型番:SEL135F18GM)は、Sonyのミラーレス一眼レフにそのまま装着できる、フルサイズ対応の大口径中望遠レンズです。G MasterレンズというSonyのハイグレードモデルに位置する製品です。

基本スペックと他社レンズとの比較

SONY FE 135mm F1.8 GMのスペックは次の通りです。

仕様 説明
寸法 89.5 x 127mm
重量 950g
フィルター口径 82mm(対応するレンズプロテクター)
最短撮影距離 0.7mm
最大撮影倍率 0.25倍

SONY FE 135mm F1.8 GM レンズ本体
SONY FE 135mm F1.8 GM レンズ本体 ©

ライバルレンズとしては、以下のようなレンズがあります。

  1. SIGMA 105mm F1.4 DG HSM BOKEH-MASTER

    迫力のある外見とボケ味に特化したレンズ。

  2. SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

    コストパフォーマンスが高く画質も素晴らしいレンズ。価格はFE 135mm F1.8 GMに比べて約1/2程度と安価

  3. ZEISS Batis 2.8/135 E-mount

    コンパクトで独特な描写と流線型のフォルムが魅力のレンズ

FE 135mm F1.8 GMを検討する際には、上記の中でもSIGMA 135mm F1.8 DG HSMと迷われる方が多いと思います。

また、価格が1/10程度と圧倒的な安さを誇るマニュアルレンズのCREATOR 135mm F2.8 II キャノン用EFマウントもあります。

これらのレンズと比較すると、SONY FE 135mm F1.8 GMは高価ではあるものの近接撮影性能やオートフォーカス性能、輪線ぼけを大幅に抑制した設計などの妥協を許さない性能や利便性に強みがあります。またコンパクトに設計されており、持ち運びが苦にならない点も良いところだと思います。

スポンサーリンク

ポートレート撮影に最適。立体感をあらゆる場面で楽しむ

SONY FE 135mm F1.8 GMは、ボケと立体感が本当に素晴らしいです。私自身、まず最初に当レンズで撮ってみたかったのが、全身像の映り込む人物写真でした。

Quiet line 09796 | Sony a7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM
 Quiet line 09796 | Sony a7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

また背景を適度に入れた写真でも、ボケを大きく取り入れる事ができます。

June Bride 09721 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM
 June Bride 09721 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
蔵のまち 04819 | Sony α7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04819 | Sony α7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

普段も離れたアングルで全身像のポートレート撮影をするのが好みなのですが、ここまで離れるのは珍しいです(笑)

Spaceship-Aqua with nagoya 09307 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM
 Spaceship-Aqua with nagoya 09307 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

一般的に、遠方にいる被写体を撮影すると、全体にピントが合ってしまう写真が多くなるかと思います。ところが、FE 135mm F1.8 GMでは被写体がしっかりと撮影でき、他の背景はスゥーッとボケます。

Spaceship-Aqua with nagoya 09336 | Sony α7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 Spaceship-Aqua with nagoya 09336 | Sony α7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

解像度の高い描写をするので、開放F1.8から安心して撮影を楽しめます。

上記の写真では、シャッタースピードを1/50秒・ISO500に設定して撮影してみました。手持ち撮影が難しくなる暗いシーンですが、カメラ側の手ぶれ補正機能のお陰で撮影ができました。

恐らく望遠レンズでも同様の撮影が可能なのかもしれませんが、夜景や森林の中、曇天などの暗所となると同様の撮影は厳しくなります。FE 135mm F1.8 GMは、色んなシーンで撮影を挑戦してみたくなるレンズだと思いました。

また、対象物に近づけば近づくほど、背景ボケは大きくなりますので、より奥行き感の強調された写真へと変化します。

Spaceship-Aqua with nagoya 09350 | Sony a7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM
 Spaceship-Aqua with nagoya 09350 | Sony a7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

近接・接写撮影で花や小物を幻想的に撮影

花の撮影や小物を撮影したい時にもSONY FE 135mm F1.8 GMは大変便利です。冒頭でも触れましたが、最短で70cmにある被写体まで近づいて写真撮影が楽しめます。例えば下記のようなチューリップの花を撮影すると…

チューリップ 04371 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04371 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
チューリップ 04315 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04315 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

徐々に近づいていき、最も近づける距離の約70cmまで寄ってみました。

チューリップ 04370 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04370 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

上記のように、1輪の花をかなり大きく撮影する事ができ、背景も大きくボカす事ができました。最大撮影倍率は0.25倍となっていて、マクロレンズの1/4程度の接写性能ではありますが、これだけ寄れれば困ることは無さそうです。

非常に快適なオートフォーカス(AF)性能

FE135mmに搭載のXD(extreme dynamic)リニアモーター(引用元:Sony公式サイトより)
FE135mmに搭載のXD(extreme dynamic)リニアモーター(引用元:Sony公式サイトより) ©

SONY FE 135mm F1.8 GMは、オートフォーカス(AF)が高速です。スポーツや報道用途に特化したレンズFE 400mm F2.8 GM OSSに搭載されたXD(extreme dynamic)リニアモーターがFE135mmmF1.8GMでも採用されているので期待できそうです。

実際に人物撮影でオートフォーカスを試したところ、α7III・α7RIII・α9などに搭載されたAF-Cや瞳AF-Cで快適に撮影することができました。ただし、1世代古い型番であるα7RIIなどでは、オートフォーカスが迷うシーンもありました。ピントの合う範囲がシビアですので、可能な限りオートフォーカス性能の高い最新カメラを活用していくのが良さそうだと感じました。

ボケの大きさと円形の絞り羽根

SONY FE 135mm F1.8 GMでは、F1.8という非常に明るい絞り値を活かした美しいボケ描写を堪能することができます。また、11枚羽根の円形絞りを搭載しており、絞り開放から1・2段(F2.5やF3.5)絞っても、ほぼ円形のボケ形状を得られます。

下記の写真では、ボケの形状の参考となる絞り羽根の形を撮影してみました。

絞りF2.0の絞り羽形状
絞りF2.0の絞り羽形状 ©

絞りF2.8の絞り羽形状
絞りF2.8の絞り羽形状 ©

絞りF4.0の絞り羽形状
絞りF4.0の絞り羽形状 ©

その他のF値に対する絞り形状については下記の表を御覧ください。

F2、F5.6、F8で少しだけ角の目立つ形状となりますが、どのF値でも概ね綺麗な円形となっている印象でした。

点光源の口径食は絞り値F4.0で軽減される

口径食とは、撮影写真の四隅でボケの形状がラグビー状に欠けてしまう現象です。SONY FE 135mm F1.8 GMにも口径食が発生し、F1.8では特に目立ちます。口径食が気になる方は、絞りをF3.5〜4.0まで絞り込むと気にならないレベルに収まるようです。

一般のレンズでは、絞り込む事によってボケの形状が真円ではなくなる事が多いです。幸い、FE 135mm F1.8 GMでは、前項で解説したように、絞り形状に徹底したこだわりを持って造られていますので、安心して絞り込む事ができそうです。イルミネーションや蛍などの撮影で便利ですね。

点光源による口径食については、いずれ詳しくレビューしたいと思います。

SONY FE 135mm F1.8 GMの写真撮影例

続いて、SONY FE 135mm F1.8 GMで撮影した写真作例を詳しくご紹介します。

花に近づいてボケ味を堪能する

チューリップ 04350 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04350 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

まず始めに、SONY FE 135mm F1.8 GMを手に取って撮影した感想は想像以上に寄れる!という事でした。ちょっとした散歩先でも花を綺麗に撮影することができました!

チューリップ 04325 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04325 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
チューリップ 04315 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04315 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
チューリップ 04371 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04371 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

もちろん、一定の距離から離れた撮影も楽しめるのですが、ボケ量が大きいため、浮き上がる写真を簡単に撮影できます。これがFE135mmGMの良いところではないでしょうか。

チューリップ 04374 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04374 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
チューリップ 04375 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM
 チューリップ 04375 | Sony α7iii + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

また、FE 135mmF1.8 GMはコントラストが高く逆光にも強いです。色乗りの良いレンズがお好みの方にもオススメできるレンズです。

ポートレートで解像感と柔らかさを両立する

解像感のある繊細な写りと、柔らかなボケを両立することは、レンズにとって矛盾するような技術だそうです。SONY FE 135mm F1.8 GMはどちらかと言うと、しっかりした解像度を実現しながら、ボケ味を可能な限り引き出したレンズという印象です。

ボケ味については、前述の花の写真のように、木々や細かく反射する物を背景に配置すると、ざわついた背景ボケとなってしまうシーンが見られました。どのような条件でザワツイてしまうのかは、現在のところ把握できていませんが、背景との距離感をいくつか試してクセを見つける必要があるかもしれません。以前FE 85mm F1.4 GMをお借りした時も同じような印象を受けました。

Spaceship-Aqua with nagoya 09323 | Sony A7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 Spaceship-Aqua with nagoya 09323 | Sony A7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

それはさておき、SONY FE 135mm F1.8 GMの解像感は際立っています。従来のレンズであれば、隅に人物を配置すると、描写が甘くなりがちです。しかし、FE 135mm GMでは絞り開放F1.8でしっかりと撮影する事ができて驚きました。

Spaceship-Aqua with nagoya 09274 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM
 Spaceship-Aqua with nagoya 09274 | Sony α7RII + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

この日の撮影では、FE 135mmF1.8 GMのF値をF1.8にしたまま全て撮影していました(笑)レンズの描写力に心身を委ねて、自由な構図で撮影ができるのは本当に素晴らしいなと思います。

初夏の香りがしたあの日 09144 | Sony A7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 初夏の香りがしたあの日 09144 | Sony A7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

明るい時間帯の撮影では、通常の撮影写真よりもコントラストの淡い雰囲気へ仕上げてみました。初夏を思わせる様な、しっとりした雰囲気を楽しむことができました。

初夏の香りがしたあの日 09156 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 初夏の香りがしたあの日 09156 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
初夏の香りがしたあの日 09211 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 初夏の香りがしたあの日 09211 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
初夏の香りがしたあの日 09231 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 初夏の香りがしたあの日 09231 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
初夏の匂いがした 09245 | Sony A7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 初夏の匂いがした 09245 | Sony A7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

短時間に良いシーンをサクサク切り撮る!

続いてこちらは浴衣女性のポートレートです。

蔵のまち 04712 | Sony α7III + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04712 | Sony α7III + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

黒壁が素敵な蔵の街を散策してきました。今回は少しビンテージ寄りの色合いに仕上げています。

蔵のまち 04734 | Sony α7III + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04734 | Sony α7III + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
蔵のまち 04800 | Sony a7III + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04800 | Sony a7III + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

被写界深度(ピント面)の薄いレンズですが、ピント合わせはカメラ任せにして撮影する事が出来ました。オートフォーカスが速く、ピント抜けも殆ど無いのは凄です。

蔵のまち 04790 | Sony a7III + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04790 | Sony a7III + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
蔵のまち 04748 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04748 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
蔵のまち 04770 | Sony a7III + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04770 | Sony a7III + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

テンポよく色んなカットが撮影できました!

蔵のまち 04812 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04812 | Sony A7M3 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©
蔵のまち 04823 | Sony a7m3 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 蔵のまち 04823 | Sony a7m3 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

短時間でサクサク撮れるのは純正レンズの魅力の1つです!

SONY FE 135mm F1.8 GMのレンズ外観レビュー

続いて、レンズの外観を写真でレビューしてみたいと思います。

SONY α7IIIに装着した例

SONY FE 135mm F1.8 GMの見た目はとてもシンプルで無骨なデザインとなっており、各操作リングやGMasterレンズのエンブレムがおしゃれです。

SONY FE 135mm F1.8 GM(レンズフード無し)
SONY FE 135mm F1.8 GM(レンズフード無し) ©

実際にカメラに装着して横から眺めてみると、外見は大き過ぎずにバランスが良い印象です。

SONY FE 135mm F1.8 GM 真横(レンズフード無し)
SONY FE 135mm F1.8 GM 真横(レンズフード無し) ©

実用的な円形レンズフードが付属

SONY FE 135mm F1.8 GMのレンズフードは非常にしっかりとした造りです。先端はゴム状となっており、衝突による傷や衝撃を和らげてくれます。フードの内側は黒色の植毛が貼られているので、光の反射を防いでくれます。また側面にはフード脱着用のボタンが備わっており、スムーズに取り外しが出来ます。

SONY FE 135mm F1.8 GMのレンズフード外観
SONY FE 135mm F1.8 GMのレンズフード外観 ©

レンズフードは円形で大きく、装着すると迫力が出ます。

SONY FE 135mm F1.8 GM(レンズフード装着時)
SONY FE 135mm F1.8 GM(レンズフード装着時) ©

SONY FE 135mm F1.8 GM 真横(レンズフード装着時)
SONY FE 135mm F1.8 GM 真横(レンズフード装着時) ©

元箱とキャリングケース

レンズの外箱はSONYのGMasterレンズの重厚感をイメージさせるシックなデザイン。箱だけ眺めていても非常におしゃれな雰囲気が漂います。

SONY FE 135mm F1.8 GMの元箱
SONY FE 135mm F1.8 GMの元箱 ©

またレンズを持ち運ぶキャリングケースもしっかりとした造りになっています。

SONY FE 135mm F1.8 GMのキャリングケース
SONY FE 135mm F1.8 GMのキャリングケース ©

ストラップも付属されており、肩などにぶら下げて持ち運びも可能です。

SONY FE 135mm F1.8 GMのキャリングケース
SONY FE 135mm F1.8 GMのキャリングケース ©

レンズの操作リングやスイッチについて

続いて、SONY FE 135mm F1.8 GMの操作各部について見ていきたいと思います。

SONY FE 135mm F1.8 GMの操作各部(引用元:SONY公式サイトより)
SONY FE 135mm F1.8 GMの操作各部(引用元:SONY公式サイトより) ©

各種フォーカススイッチとボタン

まずは「G」というGmasterレンズのエンブレムが見えるレンズ側面から見ていきましょう。

SONY FE 135mm F1.8 GMのAFスイッチ各部
SONY FE 135mm F1.8 GMのAFスイッチ各部 ©

レンズ側面には以下のようなオートフォーカスのスイッチが備わっています。

  • フォーカスモードスイッチ(AF/MF)

    オーフォトーカス(AF)とマニュアルフォーカス(MF)の動作を切り替えできます。このスイッチ操作以外にも、カメラ本体のカスタムボタンからAF/MF切り替えが可能です。

  • フォーカスレンジリミッター

    ピントを合わせる範囲を限定することができます。FULL(全ての範囲:0.7m〜∞)か、0.7m〜2mまでの範囲、1.5m〜∞までの範囲の3種類に切り替えができます。通常はFULLがおすすめですが、2m以内にいる人物や小物、花の撮影がしたい時には0.7〜2mにセットしておくと便利です。また遠くの対象物だけにピントを合わせたい時は1.5m〜∞がおすすめです。

また、丸い形状のフォーカスホールドボタンは、レンズに2つ備わっています。こちらは押している最中にオートフォーカスの動作を停止したり、カメラ側の設定変更により瞳AF-Cなどを割り当てる事も可能になっています。

絞りリング

次に「FE 1.8/135 GM」と表記されたラベルのあるレンズ側面を見ていきます。

SONY FE 135mm F1.8 GMの絞りリング
SONY FE 135mm F1.8 GMの絞りリング ©

こちらではF値をコントロールする絞りリングが備わっています。赤色の印字となっている「A」に合わせるとカメラ側で絞りの値を操作できます。

またそれ以外のF値に変更すると、レンズ側で絞りの値を変更することができます。

SONY FE 135mm F1.8 GMの絞りリングクリック切り替えスイッチ
SONY FE 135mm F1.8 GMの絞りリングクリック切り替えスイッチ ©

また絞りリングのクリック感を有効・無効にするスイッチも備わっています。こちらはF1.8・F2・F2.8など、きりの良いF値に変更したい時や、動画撮影などで滑らかにF値を変更したい時に切り替えができます。

SONY FE 135mm F1.8 GMの気になる点

続いて、レンズの気になる部分をまとめます。

ピントリングの回転角が狭くマニュアルフォーカスが難しい

SONY FE 135mm F1.8 GMでマニュアルフォーカス(MF)を行おうとすると、繊細な操作を要求されるようです。具体的にはピントリングの回転角が狭く、ピントリングの操作感が軽いので、少し回すだけでピント位置が大きく移動しました。

SONY FE 135mm F1.8 GM
SONY FE 135mm F1.8 GM ©

ボゲ量が大きいため、使いこなしが難しい場面も

これはSONY FE 135mm F1.8 GMの問題というより、135mmF1.8の様なボケ量が大きいレンズの難しさについての話です。

初夏の香りがしたあの日 09156 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM
 初夏の香りがしたあの日 09156 | Sony a7R2 + SONY FE 135mm F1.8 GM ©

近くのものを撮影すると、被写界深度が非常に浅くなり、ピントの合う範囲が極めて狭くなります。そのため、例えば人物の上半身を撮影すると、目にピントが合っているのに、鼻先はボケてしまう写真となることがあります。

顔全体をハッキリ撮りたい場合には1〜2段絞り込むなど、撮影したい対象との距離に応じて絞り値を変更する必要が出てきます。

SONY FE 135mm F1.8 GMに必要なレンズプロテクターやNDフィルター

SONY FE 135mm F1.8 GMは82mmのフィルター口径サイズに対応しています。レンズの購入時にはレンズプロテクターを用意されるのがおすすめです。プロテクターはレンズの全面を保護し、傷やホコリから守ってくれます。

スポンサーリンク
 関連する記事