一眼レフや、ミラーレスカメラと組み合わせて使うのにおすすめのジンバル(3軸電動スタビライザー)をまとめました。

動画撮影用途としてスムーズな映像を撮れるだけでなく、使い勝手や重量など、バランスの良いものを選びました。旅行時やこだわりの映像作品を作りたい方や、これからジンバルの購入を検討している方への参考となりましたら幸いです。

目次:一眼レフやミラーレスに最適なスタビライザー(ジンバル)

スタビライザー(ジンバル)とは?何が出来るの?

最初にスタビライザーについて説明したいと思います。スタビライザーは冒頭でも触れたように、滑らかな映像を撮れる機材です。

動きは様々に操ることができ、カメラアングルを固定したり、ゆっくり上下左右に動かすこともできます。

ジンバル操作の一例(カメラアングルを固定する)
ジンバル操作の一例(カメラアングルを固定する) ©

実際の使用風景や操作感を動画でも説明していますので、詳しくはYoutubeの解説動画をご覧ください。

価格が安く機能性も高いジンバル AirCross2

まず始めにオススメしたいのが、MOZA AirCross2(Gudsen製)です。初心者にも使いやすいので、これから動画撮影を始めてみたい方にもオススメです。

SONYのミラーレスカメラであるα7・α7R・α7Sシリーズ、α6000・α5000シリーズだけでなく、Nikon ZやEOS R、BMPCC4Kなどのカメラとも相性が良く、滑らかな映像を楽しむことが出来ます。

MOZA AirCross2にカメラを装着した様子
MOZA AirCross2にカメラを装着した様子 ©

ジンバル本体だけで1.4kgほどの重量となりますが、比較的軽く造られており、手元のコントローラーで各機能を呼び出せるように工夫されており、使い勝手が非常に良い製品となっています。

現在は同程度のジンバル製品として、DJI Ronin-SCも発売されていますが、個人的にはAirCross2がおすすめです。具体的な理由や、詳しいレビューについては、上記の動画と以下の記事が参考になります。

スポンサーリンク

重たく大きい機材は使用するのが厳しい

仕様上では、搭載できるカメラとレンズの総重量は3.2kgまでとなっています。実際には総重量が1.4kgを超える機材や、レンズの前方が重たいカメラを乗せる時には、MOZA AirCross2では厳しそうです。

更に重たい機材を載せて動画撮影した場合には、このご紹介するDJI Ronin-Sがオススメです。

搭載できるカメラの種類が多いジンバル Ronin-S

次にオススメするのは、DJI Ronin-Sです。こちらはCanonの1DXなど、大型の一眼レフを搭載するケースも考えられており、余裕を持った設計になっているジンバルです。

仕様上では、3.6kgまでの機材を搭載でき、ジンバル本体は2kgを超える重量となりますが、安定性や機能性には定評があります。また発売してから数年経過しており、価格も安価になっているのが嬉しいポイントです。

重たいレンズや、幅広いジャンルのカメラを搭載する予定の方には特におすすめです。

APS-Cなど小型カメラ向けのジンバル Ronin-SC

先ほど紹介していたスタビライザーは、大きく重たい機材でしたが、α6000シリーズやFujiFilm、PanasonicやOlympusなどの小型なカメラを搭載するのに向いているのがRonin-SCです。

1つ前で挙げたジンバルとは異なり、本体重量は1.1kgと軽量に出来ています。パンケーキレンズや、その他の小型レンズとの相性が良くグリップ部分とジンバルを切り離して運搬できるので、カバンに持ち運べるのが良いところです。

DJI RONIN-SCとカメラの装着例(外部モニターは別売り)
DJI RONIN-SCとカメラの装着例(外部モニターは別売り) ©

仕様上では2.0kgまでのカメラ・レンズを搭載できます。実際は、フルサイズミラーレスや一眼レフに重たいレンズを装着すると、ジンバル本体にカメラを搭載するのが難しくなります。

あくまで、小型カメラの使用に限られる事は注意が必要です。詳しくは以下のレビューをご覧ください。

小型ミラーレスだけでなくスマホやGoProを使えるジンバル

最後に、ミラーレスだけでなく、コンパクトデジカメ、スマートフォンやGoProなどのアクションカメラも使えるジンバルをご紹介します。より軽量でコンパクトに持ち運びたい方におすすめです!

こちらは720gまでのカメラを搭載でき、旅行時には気軽に持ち運べるサイズ感となっているのが嬉しいポイントです。

スポンサーリンク
 関連する記事