TAMRON(タムロン) 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)を購入しましたので、ブログで使用感想を詳しくレビューしたいと思います。

TAMRON 28-75mmはSonyのミラーレス一眼カメラに対応したレンズです。ズーム中に絞りの値がF2.8で変化しない大口径標準ズームレンズなので、特に薄暗い撮影シーンに便利です。特徴は重量が550gと軽くてコンパクトな点。さらに、近寄れるレンズなので、旅行時の撮影や、花・小物・風景・ポートレートなど様々な撮影シーンにおすすめのレンズです。

コストパフォーマンスが優れたレンズなので、SONYユーザーの方には是非ともおすすめしたい1本です。タムロン28-75mm F2.8をカメラに装着すると、以下のような雰囲気になります。レンズに関する外観は、記事の後半で詳しく解説します。

Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8の装着例
Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8の装着例 ©

まずは、簡単な撮影例を数枚ご紹介します。当記事の中盤では、タムロン28-75mm F2.8の写真作例を詳しく掲載します。

パンダの住む街 04181 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 パンダの住む街 04181 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
パンダの住む街 04004 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 パンダの住む街 04004 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
TAMRON 28-75mm TEST 02371 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02371 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
TAMRON 28-75mm TEST 02281 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02281 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
志摩地中海村 03166 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 志摩地中海村 03166 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

TAMRON 28-75mm F2.8を使って撮影した動画撮影例もYoutubeでアップしてますのでご覧ください。

(※一部のカットで別の超広角レンズを使っていますがご注意ください)

今回はタムロン28-75mmの撮影例(写真や動画)と、レンズの外観・スペックについて詳しくレビューしていきます。また、その他のSonyのEマウントレンズについては、こちらが参考になります。

それではTAMRON 28-75mm F2.8について詳しく見ていきたいと思います。

目次

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDの仕様と特徴

(引用元:TAMRON PR)

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)は、Sonyのミラーレス一眼レフにそのまま装着できる、フルサイズ対応の大口径標準レンズです。28mmの標準域から75mmの中望遠域までズームする事が可能です。風景写真だけでなくポートレート撮影などにも柔軟に対応できる非常に便利なレンズです。残念ながら現在は、ニコン用やキャノン用の取扱が無いようで、ソニーEマウントのみ対応となっています。

仕様 説明
寸法 73 x 117.8mm
重量 550g
フィルター口径 67mm(対応するレンズフィルター)
最短撮影距離 0.19mm
最大撮影倍率 1:2.9 (0.34)倍 ※28mm画角時に0.34倍。75mm画角では0.25倍

また、スペックの近いSONY純正レンズと比較すると、タムロン28-75mmは次のような位置付けです。

  1. 大口径標準ズームレンズのFE 24-70mm F2.8 GMFE 24-105mm F4G

    → SONYの純正レンズ。ハイグレードモデルで高性能。そして非常に高価です。

  2. TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

    → 今回レビューしてるレンズ。純正に比べると安価で軽量。性能面では、SONYのハイグレードモデルと比べて遜色ない仕上がり。

  3. FE 24-70mm F4 ZASONY FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS

    → SONYの純正レンズ。価格は更に安く軽量だが、発売日から数年経過しており、新作に比べると性能面で劣る点も。

上記のように、TAMRON 28-75mmは性能面と価格のバランスが絶妙な1本となっています。SONYの最上位クラスに位置されるFE 24-70mm F2.8 GMは重量が886gであり、価格は2倍以上となります。

それに対して、今回話題として取り上げているTAMRON 28-75mm F2.8は550gと軽い重量に収まっています。旅行でレンズの持ち運び本数を減らしたい、また荷物を軽くしたい方、結婚式・夜景などの暗いシーンで活用したい方には特に活躍できる1本ではないでしょうか。それでは、続いてタムロン28-75mmで撮影した作例を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

TAMRON 28-75mm F2.8の写真撮影例

実際にTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDとSONY α7IIIで何枚か写真を撮ってみましたのでご覧ください。

花に近づいて大きくぼかす

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDを使って、花にどこまで近づけるのか試してみました。

TAMRON 28-75mm TEST 02278 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02278 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

28mmの画角を使用すると、最大撮影倍率0.34倍まで近寄ることができます。1円玉くらいのサイズの花ですが、一輪を大きく撮影することが出来ました。ボケ味もなかなか綺麗です。ただし、75mmの画角を使用すると最大撮影倍率0.25倍になり、少しだけ近寄れなくなります。

TAMRON 28-75mm TEST 02281 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02281 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

マクロレンズに比べると近寄ることは出来ませんが、一般的なレンズよりはかなり近寄れる印象です。

風景写真撮影や旅行時に便利

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDは風景写真の撮影にも活用できます。特に28mmは広い範囲を撮影できますので、旅行に出掛ける時に建物や料理だけでなく、家族の集合写真等もこれ1本で撮影できます。

パンダの住む街 04004 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 パンダの住む街 04004 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
パンダの住む街 04072 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 パンダの住む街 04072 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
パンダの住む街 04105 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 パンダの住む街 04105 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

遠くの絶景を撮影したい時は、望遠側の75mmでしっかりと記録することが出来ます。

パンダの住む街 04216 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 パンダの住む街 04216 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

撮影した写真を拡大すると、崖にいる釣り人が写り込んでいました(笑)

解像度はどうなの?

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDはコンパクトながら、細部まで繊細な写りをするレンズです。特に絞り値をF8.0〜F16まで絞って撮影すると、奥から手前の風景までキメの細かい写りになりました。

TAMRON 28-75mm TEST 02284 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02284 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

等倍写真をFlickrの方で用意していますので、そちらも宜しければご覧ください。

絞りの値 画角・シャッタースピード 等倍写真データ(jpeg)
F2.8 28mm 1/2000秒 Flickr
F8 28mm 1/320秒 Flickr
F16 28mm 1/125秒 Flickr
雪原 03482 | Sony a7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 雪原 03482 | Sony a7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
雪原 03483 | Sony a7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 雪原 03483 | Sony a7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

実際に雪原で風景写真も撮ってみました。こちらも等倍データをご用意していますのでご覧ください。どちらも三脚を使わず手持ち撮影しています。

絞りの値 画角・シャッタースピード 等倍写真データ(jpeg)
F16 28mm 1/30秒 Flickr
F16 28mm 1/30秒 Flickr

試しに撮影した感触としては、28mmでF16まで絞り込めば、手前から奥まではっきりと撮影できるようです。

オートフォーカスの性能も素晴らしい

SONY α7IIIとTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDの組み合わせでは、オートフォーカスが非常に快適でした。子供が遊んでいる仕草などの速い被写体に対しても、不満なく追従してくれます。

TAMRON 28-75mm TEST 02220 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02220 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
TAMRON 28-75mm TEST 02225 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02225 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

日常のふとした一瞬も安心して撮影ができそうです。オートフォーカスは旧型となってしまいますが、α7RIIで使用しても純正レンズと同様の快適さで操作可能でした。

オートフォーカス「瞳AF-C」も使える

SONYの最近のカメラでは、人が振り返った瞬間にピントを合わせられる!と謳っているカメラモデルが増えてきました。これはレンズの相性によっても性能差が出てきます。TAMRON28-75mmでは、問題なくカメラの性能を引き出す事ができました。

TAMRON 28-75mm TEST 02338 | Sony a7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02338 | Sony a7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

SONY α7IIIだけでなくα7RIII・α9・α6000シリーズには、瞳AF-Cという機能が搭載されており便利です。こちらの機能は、カメラのカスタムボタンを押している間に、人や動物の瞳を識別して、自動でピントを合わせ続けるオートフォーカスの機能です。

TAMRON 28-75mm F2.8でも瞳AF-Cを使うことができますので、走り回っている子供を簡単に撮影できます^^

TAMRON 28-75mm TEST 02343 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02343 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

連写撮影でもテンポよく撮影を楽しめるので、写真が上手くなったような錯覚がしました(笑)連写した写真についてはFlickrで前後の写真をご覧ください。

TAMRON 28-75mm TEST 02356 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02356 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
TAMRON 28-75mm TEST 02371 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02371 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

一般的にピントが外れやすい前後の動きに対しても、問題なくオートフォーカスが追従しました。ミラーレスのカメラでもここまで快適に撮れるようになってきたのは、本当に凄いと思います!

TAMRON 28-75mm TEST 02376 | Sony α7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 TAMRON 28-75mm TEST 02376 | Sony α7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

逆光耐性は少し低い

TAMRON 28-75mm F2.8は、太陽や強い光に向かってレンズを向けるとフレアやゴーストを起こすようです。特に画面の端に夕日などの強い光を置くと、ふわっとした写りとなります。

下の撮影例では左上に夕日がある写真です。夕日を入れない構図では問題ありませんが…

TAMRON 28-75mm F2.8の逆光での撮影(75mm時)
TAMRON 28-75mm F2.8の逆光での撮影(75mm時) ©

左端に太陽を入れるとフレアします。

TAMRON 28-75mm F2.8の逆光での撮影(75mm時)
TAMRON 28-75mm F2.8の逆光での撮影(75mm時) ©

フレアは優しい印象を与えてくれますので、家族の写真や女性ポートレート撮影などで光をアクセントとしたい方にはおすすめのレンズです。一方で、逆光耐性の強いレンズを求めている方や、風景写真などの用途ではっきりとした写真を撮影したいと考えてる方には少々不向きかもしれません。そのような用途をご検討の方には、SONY純正レンズのFE24-105mmF4Gをおすすめします。

私の場合はふわっとした雰囲気の写真が好きですのでタムロン28-75mm F2.8が気に入りました。

スポンサーリンク

TAMRON 28-75mm F2.8の動画撮影例

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDとSony α7IIIを使って4K映像を撮影してみましたので、ご覧ください。

お祭りや子供の動画撮影例

下記の再生位置で、レンズを使っています。

タムロン28-75mmレンズの望遠側の画角を使い、地面すれすれをボカしてみたり、やや遠くにある山車を動画撮影するのに便利でした。やはり写真撮影のときと同様ですが、1本で広い範囲から望遠までレンズ1本でカバーできるのは良いですね。

女性ポートレートの映像撮影例

まずはポートレート動画の撮影例をご覧ください。

庭園や町並みを散策する女性のカットです。木の葉なども綺麗にボケて奥行きのある動画を撮影できました。

上記の動画では、こちらの再生位置でTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDを使っています。

タムロン28-75mmレンズの50mm辺りを使って足元をクローズアップしたり、望遠側の75mmを使って上半身撮影するなど、写真撮影と同じような感覚で動画撮影することができました!

動画撮影中のオートフォーカスはAF-Cに設定し、オートフォーカスエリアをワイド中央にして撮影してみましたが、女性に迷いなく追従してくれたので、快適に撮影することができました。その他に次のようなポートレートでもタムロン28-75mmを使ってみました。

曇天や雨天などの室内であっても、絞りF2.8で軽量なレンズのお陰で綺麗に撮影できました。その他に結婚式の動画撮影でもタムロン28-75mmを使ってみました。

演奏会や学芸会・演劇などの動画撮影にも便利

TAMRON 28-75mm F2.8はライブや演奏会の動画撮影にも便利でした。お子さんの学芸会などでも活用できると思います!上記の動画はタムロンと望遠レンズの100-400mmを使って撮影しています。動画の中では、会場全体が収まるアングルを撮影するためにタムロン28-75mmを使いました。撮影風景はTwitterをご覧ください。

私のタムロン28-75mm F2.8 レンズ活用例

ここからは私のTAMRON 28-75mm F2.8レンズ活用例をご紹介したいと思います。レンズを使った撮影例については以下でご覧いただけます。

当記事では、その中でも一部を抜粋してご紹介したいと思います。

28-75mm F/2.8 Di III RXDのポートレート作例

タムロン28-75mmの28mm開放端や75mm画角の望遠端を活用して、おしゃれな建築物や風景と溶け込むようなポートレート撮影を行うことができました。

志摩地中海村 03140 | Sony α7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 志摩地中海村 03140 | Sony α7III + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

ボケと立体感のあるポートレート撮影にもぴったりですね。

志摩地中海村 03166 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 志摩地中海村 03166 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

28-75mm F/2.8 Di III RXDで暗い室内の撮影もできる

レンズ交換の手間なく、レンズ1本でスピーディーに写真撮影できるのは、やはり便利だと感じました。

七五三 02918 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 七五三 02918 | Sony α7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©
七五三 02835 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 七五三 02835 | Sony A7M3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

TAMRON 28-75mmの絞りが開放値F2.8となっているお陰で、暗い室内の撮影も行いやすいのは嬉しいポイントです。結婚式や七五三などの記念撮影にも活躍できそうなレンズですね。親戚やご家族、ご友人の記念日を収める1本としていかがでしょうか。

七五三 02645 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
 七五三 02645 | Sony a7m3 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD ©

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDのレンズ外観レビュー

続いて、レンズの外観を写真でレビューしてみたいと思います。見た目はとてもシンプルなデザインとなっており、SONY純正レンズに似た雰囲気なので、一体感が失われる事もありません。

TAMRON 28-75mm F2.8(フード無し)
TAMRON 28-75mm F2.8(フード無し) ©

レンズの外箱は白を基調としてシンプルなデザイン。とってもおしゃれです。

TAMRON 28-75mm F2.8の外箱
TAMRON 28-75mm F2.8の外箱 ©

SONY α7IIIに装着した例

Sony α7IIIへTAMRON 28-75mm F2.8を装着してみると、本当にF2.8の大口径レンズなのかと疑いたくなるくらい、非常にコンパクトな見た目です。

Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8
Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8 ©

Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8
Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8 ©

レンズにはピントリング(マウント側)とズームリング(レンズ前面側)が備わっています。SONY純正レンズと比較すると各リングの位置が逆に配置されていますので、初めてタムロンのレンズを使う方は戸惑うかもしれません(^^;)

また、レンズに手ぶれ補正機能は備わっていませんが、カメラ側の手ぶれ補正機能が自動的に有効となります。また、AF/MF切り替えスイッチが非搭載となっています。マニュアルフォーカス操作に切り替えたい場合は、カメラ側のカスタムボタンから呼び出しましょう。

Sony α7IIIのカメラボディは、一眼レフ機に比べて小型にできていますので、レンズとのバランスがちょうど良く、持ち運びや保持しやすい印象でした。

Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8 正面
Sony α7IIIとTAMRON 28-75mm F2.8 正面 ©

レンズ鏡胴の伸縮の様子について

TAMRON 28-75mm F2.8はズームレンズなのですが、28mmから75mmにかけてズームしていくと、レンズの長さが変化します。例えばワイド端(最も広角の画角)の28mmでは下記の写真のように、最も短くなります。

TAMRON 28-75mm F2.8で28mmにしたとき
TAMRON 28-75mm F2.8で28mmにしたとき ©

テレ端(最も望遠の画角)では下記の写真のように、レンズが伸びます。

TAMRON 28-75mm F2.8で75mmにしたとき
TAMRON 28-75mm F2.8で75mmにしたとき ©

レンズを持ち運ぶ時には28mmにしておくと良さそうです。ズームリングは硬めに仕上がっていますので、レンズの自重落下(勝手に伸びてしまう現象)は起こらず安心です。

TAMRON 28-75mm F2.8の注意点や気になる事

その他、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDで気なる点をまとめます。

TAMRON 28-75mmにマウントアダプターの追加購入は不要

従来のTAMRONレンズは、SONYのカメラに装着するためにマウントアダプターの追加購入が必要でした。

ところが、今回のTAMRON 28-75mm F2.8はSONY FEマウント用のレンズがラインナップされており、SONYの純正レンズと同じ装着方法や操作感で使用することができます。ネイティブレンズと同じように使用できるのは嬉しいですね。

マウント部はSONY Eマウントの形状なので、カメラへそのまま装着できる
マウント部はSONY Eマウントの形状なので、カメラへそのまま装着できる ©

SONY α9で使用時の連写は8コマに制限される

TAMRON 28-75mm F2.8とSONY α9の組み合わせでは、連写枚数が8コマ/秒程度に制限されるようです。連写速度を重視したい方は、下記のような純正レンズを購入する必要がありそうです。

TAMRON 28-75mm F2.8のファームウェアとアップデート方法

TAMRON 28-75mm F2.8は動画を撮影する際のオートフォーカス(AF)動作について、ファームウェアのアップデートがTAMRONより公開されています。動画撮影でレンズを使っている方や安心したい方はファームアップを行うと良さそうです。

株式会社タムロン
28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) ご使用に関するお知らせ
ファームウェアのダウンロード
TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD Model A036ファームウェア アップデートサービスのご案内

ファームウェアのアップデート方法は、カメラ本体にレンズを装着した状態で、PCとUSB接続します。そしてダウンロードしたファームウェア更新プログラムを起動して、説明手順に従いながら更新を行うことができます。これはSONY純正レンズのファームアップと同じ手順となります。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDに必要なレンズプロテクターやNDフィルター

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDを購入したら、レンズプロテクターを用意されるのがおすすめです。プロテクターはレンズの全面を保護し、傷やホコリから守ってくれます。レンズフィルターのサイズは下記製品のように、67mmのフィルターサイズに対応しています。

スポンサーリンク
 関連する記事