Sonyのα7・α9シリーズでは、SIGMAやTAMRONといったサードパーティ製レンズを使うことができます。Sony純正レンズよりも価格が安い製品が多いので、純正レンズの購入を躊躇している方におすすめです。

ただし、他社メーカーのレンズを使用する場合、連写(連続撮影)やオートフォーカスの性能については、本来の性能を発揮できない場合があります。じっくり撮影するシーンでは支障が無いのですが、動きの速いものを撮影する際には以下で解説されるSony純正レンズの検討をおすすめします。

Sony α7III(a7m3)でおすすめのレンズ一覧|個性的なレンズで写真を満喫しよう

目次

サードパーティ製レンズをSonyで使用するには

これから紹介するレンズは、Sonyのミラーレスカメラに装着し、そのまま使用できるレンズと、そうでない製品があります。

  • Sony Eマウント対応製品

    → そのまま使える

  • Canon・Nikon対応の製品

    → レンズとは別に、マウントアダプターの追加購入が必要。Canon対応製品とマウントアダプターのMC-11を選ぶのがおすすめです。

α7シリーズ用のレンズ(Eマウントレンズ)が販売されているものは、Sony α7やα9にそのまま装着できます。例えばこちらはTAMRON 28-75mmソニーEマウント対応レンズです。

そのまま装着できる
そのまま装着できる ©

また、α7シリーズ用のレンズが販売されていないレンズは、この後で説明するように、マウントアダプターを使うと装着できます。

メーカーに迷ったらCanon対応レンズを選ぶ

SIGMAやTAMRONなどのサードパーティ製レンズは、様々なメーカーに対応したレンズが用意されています。それではこの中で、どのメーカーのレンズを使えば良いのでしょうか?

TAMRON15-30mm(キャノン用)とSIGMA MC-11
TAMRON15-30mm(キャノン用)とSIGMA MC-11 ©

Sony α7に装着した様子
Sony α7に装着した様子 ©

動作の安定性を重視すると、キャノン対応レンズを選び、マウントアダプターのMC-11を購入するのが良いと思います。

MC-11については、こちらが参考になります。

SIGMA MC-11のレビュー。マウントアダプターの使用感や外観について

それでは各レンズを見ていきましょう。

スポンサーリンク

標準ズームレンズ

標準ズームはSony Eマウントが用意されているTAMRON 28-75mmがおすすめです。

詳しい使用感はこちらが参考になります。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDのレビュー。撮影例とレンズ外観について

その他にも次のようなレンズがあります。

標準単焦点レンズ

望遠レンズ

超広角レンズ

魚眼レンズ

ポートレート用レンズ

マクロレンズ

サードパーティのレンズを作っているメーカーの例を挙げると、次の通りです。

  • SIGMA(シグマ)
  • TAMRON(タムロン)
  • SAMYANG(サムヤン)
  • KenkoTokina(ケンコートキナー)
  • COSINA・Voigtlander(コシナ・フォクトレンダー)
  • ZEISS(カールツアイス)
  • LAOWA(ラオワ) Venus Optics
  • 中一光学 Zhong Yi Optics

色んなメーカーのレンズがありますので、是非じっくりご検討ください^^

スポンサーリンク
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 記事名とURLをコピーする

Sony α7・α9シリーズでおすすめのサードパーティ製レンズ|SIGMA・TAMRONなど https://photo-tea.com/p/1810/third-party-lens/

 関連する記事
 作例掲載