DJI OSMO Pocketの外観や撮影したサンプル動画をブログで開封レビューしたいと思います。

DJI OSMO Pocket(オズモポケット)とは、滑らかな4K動画やスローモーションが撮影できるのが特徴のカメラです。3軸ジンバルというアーム状のパーツを搭載しており手持ちや歩行時の振動を軽減する効果があります。また、通常の写真やパノラマ写真も撮影可能です。購入はAmazonなどで入手できます。

発売日は2018年12月15日。見た目は大人の手のひらに収まる大きさです。小型なので旅行や散歩など思い出を記録するのに最適です。

手の平に収まるコンパクトなカメラです
手の平に収まるコンパクトなカメラです ©

また、DJI OSMO Pocketの操作方法や撮影例については下記が参考になります。

それでは撮影サンプルや外観について解説して見ていきましょう。

目次:OSMO Pocketの開封・使用感想レビュー

DJI Osmo Pocketの動画作例サンプル

私がDJI Osmo Pocketを使って撮影した動画サンプルをいくつかご紹介します。撮影例はYoutubeのOSMO Pocketの作例まとめでもご覧いただけます。

DJI Osmo Pocketの4K・60fpsや120fpsスローモーション動画作例

カモメのいる海岸沿いで散歩してみました。

DJI OsmoPocketを手で持ち歩いて撮影したのですが、歩いたときの振動は軽減されて滑らかでした。スマートフォン単体だと、中々このような動画は撮れませんので、凄いですよね!

DJI Osmo Pocketは4K・60fpsという動画撮影に対応しており、一般の動画よりも滑らかな映像が撮れます。更に120fpsというスローモーション動画にも対応しているので、動物の動きもしっかり捉えることができました!

スポンサーリンク

DJI Osmo Pocketでモーションタイムラプス動画作例

続いて、街並みの夕景をDJI OsmoPocketで撮影してみました。

オスモポケットはモーションタイムラプス動画の撮影に対応しています。タイムラプスとは、早巻きの動画のことです。雲の流れや車、人の流れを早送りで面白く撮影できました。更にDJI Osmo Pocketでは、カメラの向きをゆっくりと上下左右に回転させながらタイムラプス撮影ができまます。これをモーションタイムラプスと呼んでいます。

上記の動画サンプルでは、別売りの三脚で固定して撮ったり、手持ちで早巻きの動画を撮ってみました。

DJI Osmo Pocketを三脚(自撮り棒)で固定して撮影
DJI Osmo Pocketを三脚(自撮り棒)で固定して撮影 ©

DJI Osmo Pocketを手持ちで撮影
DJI Osmo Pocketを手持ちで撮影 ©

オズモポケットは手持ちでも十分綺麗に撮影できるのですが、タイムラプスの撮影では三脚や足のついている自撮り棒で固定して撮影した方がより安定した映像になるようです。その比較は先ほどの作例をご覧ください。

三脚や自撮り棒については、こちらの記事が参考になります。

DJI OSMO Pocketの外観と開封レビュー

それではDJI OSMO Pocketの見た目とカメラ本体、付属品の内容がどのような物か見ていきましょう。

DJI OSMO Pocketカメラ本体
DJI OSMO Pocketカメラ本体 ©

DJI OsmoPocketの箱と付属品

まずはオズモポケットの箱を開封すると次のようになっています。

DJI OSMO Pocketの開封した様子
DJI OSMO Pocketの開封した様子 ©

DJI OSMO Pocketの日本語取扱説明書とUSBケーブル
DJI OSMO Pocketの日本語取扱説明書とUSBケーブル ©

詳しくは以下の通りです。

  • カメラ本体
  • 専用ケース

    カメラを持ち運び、撮影したい時はサッと取り出せる保護ケースです。

  • スマホコネクタ

    スマートフォンと接続するための端子です。iPhone用のLightning端子と、Android用のUSB Type-C端子が含まれています。

  • ストラップ

    専用ケースに繋ぐことができるストラップ。残念ながらDJI OsmoPocketのカメラ本体には繋ぐことが出来ません。

  • 日本語の取扱説明書

    簡単な使い方が記載された説明書です。

  • USB Type-Cケーブル

    OsmoPocket本体を充電する際に使うケーブルです。

SDカードは付属品に含まれていない

ここで1つ注意したい事があります。DJI OsmoPocketでは撮影データを記録するためにmicroSDカードが必要になります。

DJI Osmo Pocketの撮影にはSDカードが必要
DJI Osmo Pocketの撮影にはSDカードが必要 ©

こちらは別途購入が必要になるものなので、予め用意しておきましょう。おすすめのSDカードは下記の記事が参考になります。

SDカードや便利なアイテムのまとめ
DJI Osmo PocketにおすすめのmicroSDカードについて

USB Type-CとLightning端子が購入時に同梱される

DJI Osmo Pocketを購入する際にスマートフォンにすぐ接続できるか不安になる方も多いかと思います。しかしその心配はありません。

DJI OSMO Pocketとスマートフォンの接続端子
DJI OSMO Pocketとスマートフォンの接続端子 ©

OsmoPocketでは購入時にAndroid用とiPhone用のコネクタが含まれています。Androidのスマートフォンを接続したい時はUSB Type-Cの端子を使います。iPhoneを接続したい時はLightning端子を使います。

付属ケースは持ち運びや充電が可能

DJI Osmo Pocketの購入時に付属されているケースは、カメラ本体を傷から守ることができます。

DJI OSMO Pocketと専用保護ケース
DJI OSMO Pocketと専用保護ケース ©

また保護ケースは半分だけ口を空いた形状をしているので、撮影したい時はすぐに取り出すことができます。

DJI OSMO Pocketを専用保護ケースに収納した様子
DJI OSMO Pocketを専用保護ケースに収納した様子 ©

スマートフォンの端子も装着した状態でそのままケースへ収納できるようになっています。

また、DJI Osmo Pocketの充電もケースを装着した状態でそのまま充電を行うことができますので、大変便利な形状となっています。

DJI Osmo Pocket 08224 | Sony A7R2 + SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
 DJI Osmo Pocket 08224 | Sony A7R2 + SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS ©

充電はスマートフォン用のUSB電源コネクタや、モバイルバッテリーからも給電することができます。

外出時に充電できない場所では、モバイルバッテリーがあると便利です。その他にも揃えておくと便利なアクセサリーがあるのですが、詳しくは下記が参考になります。

オズモポケットで揃えておきたいアクセサリー
DJI Osmo Pocketでおすすめのアクセサリーを徹底解説します

スポンサーリンク
 関連する記事