DJI OSMO Pocket(オズモポケット)では、動画の記録にマイクロSDカードが必要になります。SDカードは別売りになっており、予め購入する必要があります。SDカードは色々な物があるのですが、私はこちらのmicroSDカードにしました。

容量は32GBから64GBあれば旅行時にも十分です。DJI OSMO PocketではUHS-I U3(V30)という、書き込み速度を示す規格が推奨されています。この条件が満たされていれば、OSMO Pocketでもキレイに撮影する事ができました。

DJI OSMO PocketとmicroSDカード
DJI OSMO PocketとmicroSDカード ©

実際に上記のSDカードで撮影した動画がこちらです。

またDJI OSMO Pocketを購入したら一緒に揃えておきたい物があります。そちらについては下記の記事が参考になります。

オズモポケットで揃えておきたいアクセサリー
DJI Osmo Pocketでおすすめのアクセサリーを徹底解説します
傷から守ってくれる液晶保護フィルムやケース選びについて掲載中です

DJI OSMO Pocketの操作方法や撮影例については別の記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

オズモポケットの撮影方法 解説編
DJI Osmo Pocketの簡単な使い方を分かりやすく解説します

目次:DJI OSMO PocketのSDカードについて

スポンサーリンク

マイクロSDカードは64GBの容量を選びました

冒頭でも触れましたが、私が実際に購入したのは前述したSamsungのmicroSDカード(64GB)です。SDカードの中でも価格が安くて、評判も良いものを選んでみました。実際にこのSDカードを使って写真や動画を撮ってみたところ、綺麗に撮影できています。

最高画質設定の4K・60fpsやスローモーション撮影で使える1080P 120fpsといった設定で動画を撮影する際にも問題なく保存できました。またmicroSDカードは、ドローンやGoProなどのアクションカメラにも再利用できますので、後々も長く使うことができるかと思います。

データをパソコンに保存するには

撮影した写真や動画ファイルをパソコンに保存するにはSDカードリーダーが必要になります。SDカードリーダーはこちらがおすすめです。

パソコンの転送のみで大丈夫という方には以下が安くて良いです。

アクションカメラを購入したら予め揃えておきましょう。

OSMO Pocketでは4K動画をスマホに保存できない

残念ながら、現在ではOSMO Pocketで撮影した4K動画(30fps・60fps)をスマートフォンに保存することができません。動画をシェアしたり、編集したい方には不便なので、アプリのDJI Mimoでアップデートを期待したいところです。

もし、4Kをスマホで保存したい場合には、上記で紹介したSDカードリーダーが役に立つと思います。

スポンサーリンク
 関連する記事