DJI OSMO POCKET(オズモポケット)を購入したら揃えておきたいアクセサリーを分かりやすくまとめました。旅行やアウトドア、表現を広げてくれるレンズや充電バッテリー、バイクや車に装着できる便利なグッズをご紹介していきます。

また、DJI OSMO Pocketの操作方法や撮影例については別の記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

オズモポケットの撮影方法 解説編
DJI Osmo Pocketの簡単な使い方を分かりやすく解説します

目次:DJI OSMO Pocketのアクセサリー徹底解説

DJI OSMO Pocketをホコリや汚れから守るアイテム

まずは、私がDJI OSMO Pocket到着後に「これ一緒に買っておけば良かった」と思ったものをご紹介します。

DJI OSMO Pocket用の液晶保護フィルム

DJI OSMO Pocketの液晶はタッチパネルとなっており、各操作をタッチ操作で行うことになります。指で操作するので、汚れや傷が付きやすい箇所です。そこで以下のような液晶保護フィルムがあると安心です。

特に、アウトドアで使う方は手に砂が付着した状態で液晶に振れると傷が付きやすいので必須アイテムです。中にはアウトドア用のキャリングケースと保護フィルムがセットになったものも用意されていますので、こちらもオススメです。

私はDJI OSMO Pocket購入後、保護フィルムが必要な事に後から気づいたので、フィルムが到着するまでシールが貼ってある状態で使っていました(笑)

もしOsmoPocketを購入したら、早めに保護フィルムも入手してみてください♪

スポンサーリンク

自撮り棒や三脚で撮影したいときには

OsmoPocketはコンパクトにできているのですが、残念ながら三脚や自撮り棒を装着できません。これらを使って撮影したい方には、以下のアクセサリーがおすすめです。

その他にも三脚一体型の製品など様々なものがありますが、詳しくは下記が参考になります。

DJI OSMO Pocket用の広角レンズ

DJI OSMO Pocketはズームレンズに非対応のカメラなので、広い範囲を撮ったり遠くを撮ることが難しいです。そこで便利なのが、こちらの広角レンズ・アクセサリーです。

DJI OSMO POCKETのレンズにアクセサリーを装着すると、通常よりも広い範囲を撮影することができるようになります!ただし、使用するときはOSMO Pocketの電源を入れてから、このレンズを装着する必要があります。

理由は、広角レンズ自身に厚みがあり、DJI OSMO Pocket起動直後のカメラ部分が移動する時にレンズがぶつかってしまう為です。OSMO Pocketの電源を頻繁に入り切りする方にはオススメしにくいアクセサリーなのですが、どうしても広いアングルで撮影したい!という方には良い選択肢だと思います。

DJI OSMO Pocketのバッテリーを充電するには?

DJI Osmo Pocketのバッテリーは連続使用で2時間ほど持ちます。ちょっとしたお出掛けだけでなく、海外旅行時に持ち出したいときには、以下のようなバッテリーがあると便利です。

上記のアクサリーはDJI Osmo Pocket用の専用充電ケースです。OsmoPocketに連結した状態で充電しながら使用できますので、撮影の邪魔にならなくて便利です。

また、OsmoPocket以外の機器も同時に充電したい時は以下のようなモバイルバッテリーの方がオススメです。私の場合はスマートフォン等を一緒に充電するためにモバイルバッテリーを使ってます。

DJI Osmo Pocketとモバイルバッテリー
DJI Osmo Pocketとモバイルバッテリー ©

こちらのバッテリーはUSBケーブルで繋げてOsmo Pocketを充電することができます。USBケーブルはOsmo Pocketに付属しているUSB Type-Cケーブルをそのまま使うことができます。

さらに、充電可能なUSBポートは2つありますので、スマホも同時に充電することができて便利です。私も以前からカメラやDJIの製品を充電するために使っています。

OsmoPocket用のレンズフィルターで様々な演出を

先ほどご紹介した保護フィルムと同じ役割をするだけでなく、青空を深い色で記録できるCPLレンズや、映像のパラツキを抑えてくれるNDフィルターが付属している製品があります。

海辺や砂浜で撮影する際には砂埃や塩が付着する可能性が高いのですが、上記のフィルターはマグネットタイプになっています。付け外しがしやすいので、後からOsmoPocketのメンテナンスを行いやすいのがポイントです。映像に拘りたい方におすすめのアクセサリーです。

防水ケース(水中ハウジングケース)

DJ OSMO Pocketをダイビングや水中撮影に使いたい!というケースでは、こちらのような防滴・防水ケースがあります。DJIでは純正の防水ケース(60M水圧まで対応)が販売されており、曇り止めとセットで購入するのがオススメです。

SYSTEM5
Osmo Pocket 防水ケース
防水ケースの使用方法
DJI Osmo Pocket専用防水ケース&50cm延長ロッドも登場!

またその他にも以下のような製品があります。

首にぶら下げてOsmoPocketをカジュアルに持ち運ぶ

DJI OSMO Pocketでは、購入時に腕が通せるサイズのストラップが同封されています。ですが、首にぶら下げて持ち運べるようになると便利。そんな時はこちらのようなストラップがおすすめです。

スポンサーリンク
 関連する記事