旅行や冬場の写真撮影で心配なのがカメラのバッテリー充電切れです。特に、最近人気のミラーレスカメラはバッテリーの持続時間が短いことが多いため、予備バッテリーを購入される方も少なくないと思います。

ただし、長時間撮影する頻度が少ない方は、予備バッテリーをわざわざ購入したくないと考える方も多いでしょう。そんな時に便利なのがAnker製のモバイルバテリーです。予備バッテリーを購入するよりも安く、複数回充電することができるのが特徴です。

今回は、私も実際に使っているモバイルバッテリーをレビューしたいと思います。

目次

モバイルバッテリーでカメラを充電するには

モバイルバッテリーはスマートフォンの充電だけでなく、USB端子からの充電に対応している電化製品であれば、充電を行うことができます。場所を選ばず充電を行うことができますので、移動時やバッテリー消耗が激しいシーンで役に立ちます。

ミラーレスカメラを充電
ミラーレスカメラを充電 ©

アクションカメラの充電
アクションカメラの充電 ©

またモバイルバッテリーはコンセントで充電できますので、何度でも繰り返し使用することができます。私の場合はこちらの2つを使っています。

長期間コンセントで充電できない場面がありましたので、2つモバイルバッテリーを買ってしまいましたが、実際使ってみると1個でも十分でした(笑)

比較してみると、AnkerPowerCore13000が正方形に近く幅があります。20100は長細く、カバンにしまいやすい印象でした。

100円硬貨と、AnkerPowerCore 13000(左)と20100(右)
100円硬貨と、AnkerPowerCore 13000(左)と20100(右) ©

バッテリーはUSBの電源出力が2つ備わっていますので、カメラだけでなく別の端末にも電源供給が同時に行えます。

USB電源供給口が2つ用意されている
USB電源供給口が2つ用意されている ©

同時に2つの端末を充電できる
同時に2つの端末を充電できる ©

スポンサーリンク

真冬や星の撮影では、レンズの霜や結露対策としてレンズヒーターを使う機会が多いと思います。モバイルバッテリーを活用すると、カメラへの電源供給に加えて、レンズヒーターへ電源を回すことができます。

レンズヒーターはレンズの霜付きや結露を防いでくれる
レンズヒーターはレンズの霜付きや結露を防いでくれる ©

レンズヒーターについては下記の記事が参考になります。

レンズヒーターのおすすめはこれだ!雪や冬の霜付きや結露を防いでカメラ撮影を楽しもう

スポンサーリンク
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 記事名とURLをコピーする

カメラの充電におすすめのAnkerモバイルバッテリーのレビュー https://photo-tea.com/p/1810/camera-mobile-battery/

 関連する記事
 作例掲載