この記事を書いてる人: 
tea

Sony α7III(a7m3)を購入したら揃えておきたいアイテムや、おすすめしたい付属品やレンズをまとめました。

Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G
Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G ©

カメラを購入したけど、他に何を揃えたら良いのか分からない!という方の参考になりましたら幸いです。カメラ初心者の方にも分かりやすく解説しますので、ゆっくりとご覧ください^^

最近は軽くて小柄なFE 12-24mm F4 Gという超広角レンズを付けて撮影しています。

また、Sony α7IIIの外観レビューやレンズについては以下をご覧ください。

α7IIIの外観レビューについて
Sony α7III(A7M3)のレビュー。外観の写真と各ボタン・背面液晶・外部入出力端子について
α7IIIにおすすめのレンズについて
Sony α7III(a7m3)でおすすめのレンズ一覧|個性的なレンズで写真を満喫しよう

Ads

目次

α7III購入時にSDカードと液晶保護フィルムを揃えよう

カメラを使用する前に、まずはSDカード液晶保護フィルムを使用前に揃えておきましょう。

サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-II
サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-II ©

HAKUBAの液晶保護フィルム。α7IIIにも問題なく使えました
HAKUBAの液晶保護フィルム。α7IIIにも問題なく使えました ©

Sony α7IIIに対応したSDカードや、液晶保護フィルムのおすすめはこちらです。私も実際に購入しました^^

基本的にはこちらの2つを揃えておけば、十分撮影を楽しむことができます。

Sony α7IIIにSDカードと保護フィルムを貼った様子
Sony α7IIIにSDカードと保護フィルムを貼った様子 ©

α7IIIにおすすめのレンズはある?

新しいカメラを購入したら、気になるのはレンズです。こちらではSony α7IIIにおすすめのレンズをご紹介したいと思います。

画質と利便性を両立したレンズ FE 24-105mm F4G

まず初めにオススメしたいのがFE 24-105mm F4 Gというレンズです。

すみません、こちらは持っていないレンズです^^; 私もいつか手に入れたいレンズという事で、はじめにお勧めしました。FE 24-105mmは、オートフォーカスや画質に定評があるので、日常や旅行での撮影で持ち出せる活用シーンが多いレンズです。

暗いシーンやボケを重視した単焦点レンズ FE 50mm F1.8

おっとっと | Sony α7 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

続いてオススメなのがFE 50mm F1.8という単焦点レンズです。

こちらは夜景を手持ち撮影で撮ったり、スナップ写真でボケ味を活かした写真を楽しむことができます。使いやすい距離感のレンズなので、ご家族の写真撮影など利用できるシーンが広いのが特徴です。価格が安いので、最初の単焦点レンズとしてもオススメです。

また、同系統のレンズとしてFE 55mm F1.8 ZAがあります。

こちらはオートフォーカスや解像度が高いレンズとして定評があります。私も実際に使用しています。

花の写真やポートレートにも活用できる FE 90mm F2.8 Macro

Octopus tail   |  α7RII + SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

続いて、小さいものを撮影したり、ポートレート(人物)や少し遠くにいるお子さんを撮るのにオススメなのがFE 90mm F2.8 Macroという単焦点マクロレンズです。

私も実際に花の撮影や子供の撮影で使用していますが、花や小物の撮影だけでなく、オートフォーカスが速いレンズなので、走ってるお子さんを簡単に捉える事ができます。非常にヌケの良い描写で、繊細な写りをするレンズですので、撮っていて気持ちが良くなる1本です。

全体の雰囲気をぎゅっと凝縮する FE 12-24mm F4 G

Spring Light 04745 | Sony a7R2 + SONY FE 12-24mm F4 G

冒頭でもご紹介しましたが、手前から奥まで迫力のある写真を1枚に収めたい方におすすめなのがFE 12-24mm F4 Gです。こちらは風景写真からポートレートまで気軽に持ち運べるコンパクトな重量のレンズとなっています。

その他におすすめレンズってある?

当記事ではおすすめしたいレンズの一部をご紹介しましたが、その他については以下をご覧ください。

Sony α7III(a7m3)でおすすめのレンズ一覧。個性的なレンズで写真を満喫しよう

Sony α7III用のカメラのリモコン

名港トリトンの夜景 | Nikon D600 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

Sony α7IIIで旅行時や夜景などで三脚を使って写真撮影する際に便利なのが、カメラのリモコンです。こちらは離れた場所からリモコンのボタンを押すと、シャッターを切ることができる製品です。

Sony α7IIIで使えるリモコンはこちらがオススメです。

上記の製品は値段が安いので、買っておいて損のないアイテムだと思います。また、リモコンでもっと多彩な撮影を行いたい方はこちらがおすすめです。

三脚についてはこちらもご覧ください。

過去の記事
カメラ初心者にオススメの三脚まとめ。夜景・星空・花・工場夜景に活用しよう

リモコンはカメラに内蔵されているセルフタイマー機能や、カメラの中で使う事ができる無料アプリでも代用できます。

PlayMemories Camera Apps
タッチレスシャッター
アイセンサーの近くに手をかざすだけで、シャッターを切ることができるアプリケーション。カメラに手を触れずにシャッター操作ができるため、手ぶれを気にする必要がありません。

私もα7シリーズでこちらのアプリを使っていたんですが、アプリの起動が面倒になってしまったので、途中からリモコンに切換えました。軽くて荷物にならないので、カメラバッグに入れっぱなしにしています。

縦グリップで指の収まりをよくする

Sony α7IIIは非常にコンパクトなカメラです。ですが、男性がカメラを握る際にはやや窮屈に感じることがあるかと思います。そんな時にオススメしたいのが縦グリップグリップエクステンションです。

旅行時や長時間の撮影にバッテリーを準備しておこう

家族旅行や海外旅行など、遠くへお出かけする際に心配なのがバッテリーの持ち(持続時間)だと思います。

バッテリーは、Sonyが用意している純正のバッテリーを予備として購入しておくと、いざという時に助かるかと思います。

また、スマホに充電するために使えるモバイルバッテリーも使うことができます。こちらはカメラにUSBケーブルで直接充電する事ができます。

モバイルバッテリーでUSB充電できる
モバイルバッテリーでUSB充電できる ©

モバイルバッテリーのおすすめはこちらです。

α7IIIは専用充電器が付属されていない

α7IIIにはバッテリーチャージャーと呼ばれる、バッテリーを充電する機器が同梱されていません。充電する際にはカメラに直接USBケーブルを繋ぐことになります。

Sony α7IIIは付属されているUSBケーブルに繋いで充電を行う
Sony α7IIIは付属されているUSBケーブルに繋いで充電を行う ©

カメラをUSBケーブルと電源に繋いで充電したくない方や、バッテリーをカメラ本体から取り出して充電したい方には、次のような専用充電器の購入をおすすめします。

長時間の撮影を考えてる方はNP-FZ100が2本セットになっている以下のチャージャーがおすすめです。

上記のような純正の充電器以外にも互換製品もあるようです。

Sony以外のレンズを使うにはマウントアダプターを揃えよう

α7IIIの面白いところは、マウントアダプターと呼ばれる製品を使うと、色々なメーカーのレンズを装着して撮影することができる所です。

マウントアダプターを使うと他社のレンズが使える
マウントアダプターを使うと他社のレンズが使える ©

すでにCanonやNikonなどのレンズをお持ちの方はマウントアダプターをゲットしておきましょう^^

α7IIIでキャノンのレンズを使うには?

キャノンのEFレンズをα7IIIで使うにはMC-11というマウントアダプター製品がおすすめです。

α7IIIでニコンのレンズを使うには?

ニコンのレンズでしたらCM-ENF-E1PROがおすすめです。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

カメラストラップの脱着が自由なAnchorLinks

AnchorLinksはカメラとストラップの間に装着する
AnchorLinksはカメラとストラップの間に装着する ©

こちらはPeakDesign Anchor Links(アンカーリンクス AL-3)というアクセサリーです。

カメラストラップを付けたり、外したりするのが簡単になるアイテムなので、風景写真などで三脚にカメラを取り付けたりしてストラップが邪魔なケースでは便利なアイテムです。

詳しくはレビュー記事をご覧ください。

過去の記事
カメラストラップが取り外し可能なPeakDesignアンカーリンクスのレビュー

カメラ・レンズの保管はどうすればいいの?

カメラを保管する際に気をつけたいのが湿気対策です。

特に春から夏にかけてや、梅雨の時期は湿気やホコリによるカビが気になるところです(^^;)カメラを保管する際には簡易のドライボックスや防湿庫があると便利です。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

過去の記事
カメラやレンズの保管方法を簡単に解説します。初心者でもできる湿気・カビ・埃対策について

 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

ゆるふわポートレートや自然風景を趣味で撮影しています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので、気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

Sony α7IIIを購入したらおすすめしたいアイテムやレンズのまとめ https://photo-tea.com/p/1803/sony-a7m3-osusume-item/

 おすすめ記事
Ads
 作例掲載