カメラを始めたばかりの方でも簡単にできるレンズとカメラの保管方法について、分かりやすく説明したいと思います。こちらを読めば、カメラを長持ちさせる事ができます。

目次

カメラやレンズの保管で注意したいこと

カメラを家などで管理するときに注意したい事は、次のようなことだと思います。

  1. 破損を防ぐ
  2. 湿気を防ぐ
  3. 埃の侵入を防ぐ

これらを防ぐために手軽で便利なのがドライボックス(除湿ケース)です。

ドライボックスは、密閉できるケースに除湿剤が付属している商品です。カメラやレンズの大きさによっていろんなサイズが用意されていますので、レンズをクローゼットに収納することもできます。

ドライボックスの外観
ドライボックスの外観 ©

ドライボックスにレンズを複数収納できる
ドライボックスにレンズを複数収納できる ©

スポンサーリンク

除湿剤が付属してるので安心して収納可能

特に、梅雨の時期に気になるのが湿気ですよね。湿気の多い空間に放置しておくと、レンズやカメラに付着した手の脂や埃が原因でカビてしまう事もあります。

ドライボックスの蓋には除湿剤を入れるケースが内蔵
ドライボックスの蓋には除湿剤を入れるケースが内蔵 ©

ドライボックスでは、上蓋に除湿剤を入れるケースが付いています。嬉しいポイントなのが、HAKUBAのドライボックスには購入時に除湿剤が入っていますので、すぐに湿気対策ができるようになっています。

また、除湿ケースにはお菓子の袋に入っているシリカゲルや石灰乾燥剤をそのまま利用できます。

除湿剤ケースには市販の除湿剤を入れる事が可能
除湿剤ケースには市販の除湿剤を入れる事が可能 ©

繰り返し使える除湿ユニットが便利

また、除湿剤を繰り返し使うことができるモバイルドライ除湿ユニットも売られており、とっても便利です。

繰り返し使用可能なドライユニット
繰り返し使用可能なドライユニット ©

製品に内蔵されているヒーターで、除湿剤の湿気を飛ばすことができるようになっています。

ドライユニットは電源に挿して除湿能力の回復ができる
ドライユニットは電源に挿して除湿能力の回復ができる ©

除湿能力はユニット窓口のシリカゲルの色で分かる
除湿能力はユニット窓口のシリカゲルの色で分かる ©

見た目も小さくて場所を取らないので、何個か購入しちゃいました(笑)

過去の記事
除湿が繰り返し可能なカメラ用ドライユニットが凄いのでレビューします

カメラレンズの管理におすすめなのが防湿庫

またカメラやレンズ専用の収納庫である「防湿庫」というものもありますので、しっかり管理したい方はそちらもオススメです。

ドライケースに収納する際に、カメラやレンズにホコリが付着している場合もあります。気になるときは、以下のようなブロアやぺったん棒使って、カメラの中の埃やレンズ表面の埃を取り払っておくと良さそうです。

また、いろいろな清掃アイテムがセットになったクリーニングキットもありますので、初めての方はこちらがおすすめです。

手軽な方法なので、もしレンズの保管方法が分からないという方の参考になれば幸いです。また、撮影時に雨からカメラやレンズを守る方法については下記をご覧ください。

過去の記事
雨からカメラとレンズを守るレインコートと水滴・塵対策についてのおすすめ

スポンサーリンク
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 記事名とURLをコピーする

カメラやレンズの保管方法と湿気やカビ埃の対策について解説します https://photo-tea.com/p/17/camera-lens-kanri-houhou/

 関連する記事
 作例掲載