写真や動画撮影に便利なLEDビデオライト(カメラライト)のオススメ製品を解説します。LEDライトはストロボと異なり、灯りが常時点灯しますので、光の当たり方を感覚的に把握できるのが良いところです。

また小型・軽量で持ち運べるサイズはスマートフォンに近いサイズ感の製品もあります。撮影用の照明として、一眼レフやビデオカメラの初心者の方にも使い方が分かりやすくオススメです。一例を挙げると、こちらのような製品がおすすめです。

現在では、上記のように赤・緑・青色のRGB LEDによって自由に色相や彩度の変更ができる商品や、色温度を自在に設定できるLEDライトが登場しています。小物の商品撮影やYoutube、プロモーション映像の照明機材としても便利です。

価格帯は数千円の商品から数万円の製品まで、多様なラインナップとなっています。それでは順番に見ていきましょう。

目次:一眼レフやビデオカメラにおすすめのLEDカメラライト

スポンサーリンク

価格が安く初心者の方におすすめのLEDカメラライト

まず初めにおすすめしたいのが、安価で手軽に始められるLEDのカメラライト(ビデオライト)です。

Sony α7IIIにNEEWER CN-160を装着した様子
Sony α7IIIにNEEWER CN-160を装着した様子 ©

こちらの特徴は次の通りです。

  1. 光量を調整できる
  2. 単3電池やエネループなどの乾電池や充電池をバッテリーとして使える
  3. カメラのホットシューに装着できる
  4. 別売りのACアダプターにより常時点灯も可能

残念ながら色温度や色合いの変更はできませんが、照明を当てたい時には手軽でオススメです。詳しい内容は以下が参考になります。

商品撮影にもオススメの軽量なLEDビデオライト

続いて、オススメなのが色温度をある程度自由に変更できるLEDビデオライト(カメラ用ライト)です。色温度が調整できるLEDでは、LEDライトの光が青みが掛かった光や、オレンジ掛かった色合いへ変更できます。

外見は比較的コンパクトで、一般的なビデオカメラ用バッテリーを使用できます。

Sony α7IIIにLEDビデオライト228を装着した様子
Sony α7IIIにLEDビデオライト228を装着した様子 ©

商品撮影などで、部屋の中の照明と色合いが異なると、光を当てた際の違和感が目立つのですが、こちらのLEDライトを活用すると、環境光の色合いに似た色合いでライティングすることが出来ます。

スポンサーリンク

動画撮影や写真撮影に便利なLEDビデオライト

最後にオススメしたいのが、色温度だけでなく、色合い(色相)や鮮やかさ(彩度)を自由に変更できるLEDライトです。

先ほど説明したLEDカメラライトと比べて高価ではあるものの、次の点で優れています。

  1. バッテリー内蔵

    ライト内部にリチウムバッテリーを内蔵しており、USB Type-Cケーブルによって充電して使用ができる。

  2. 非常に薄くコンパクト

  3. ディスプレイ内蔵により、感覚的に色合いの調整が可能

LEDライトの色合いや明るさを変更する操作方法は以下のような雰囲気となります。

光を拡散するディフューザーや、スポットライトのように一部の範囲のみ光を当てられるハニカムグリッドが付属しているので、本格的なライティングも楽しめます。

スポンサーリンク
 関連する記事