Youtubeレビューや商品撮影、動画撮影、ポートレート撮影(人物撮影)に便利なLEDビデオライトのオススメ製品を解説します。LEDライトは、ストロボと異なり、灯りが常時点灯しますので、光の当たり方を感覚的に把握できるのが良いところです。

LEDライトの一例
LEDライトの一例 ©

例えば、小型&軽量であり、調光機能も充実している内蔵バッテリー製品になると、こちらのような製品があります。

最近のLEDライトの機能がどういった内容なのかは、下の動画の前半1分間をご覧になると、雰囲気が掴みやすいかと思います。

現在では、自由に明るさや色合いの変更ができるLEDライトが登場しています。小物の商品撮影やYoutube、プロモーション映像の照明機材としても便利です。

その他にも、価格帯が数千円の商品から数万円の製品まで、色々なLEDライトがあります。それでは順番に見ていきましょう。

目次:一眼レフやビデオカメラにおすすめのLEDカメラライト

LEDビデオライトを選び方について

LEDを選ぶ際には、目的に応じて次のポイントを確認するのがおすすめです。

  1. サイズ
  2. 調光機能
  3. 電源

まずは、この3つについて詳しく見ていきます。

1.サイズ(小型・大型)

LEDライトのサイズは、スマートフォンに近いサイズの小型LEDライトや、人の上半身以上の大型サイズとなるLEDライトまであります。

小型LEDは、持ち運びに優れていますが、人の上半身のように大きい物を撮影しようとすると影がキツくなる傾向です。一方で大型LEDライトは持ち運びが難しくなりますが、影の描写や光量の高さに軍配が上がります。

小型LEDライトの例。三脚やカメラに装着可能なモデルが殆どです。
小型LEDライトの例。三脚やカメラに装着可能なモデルが殆どです。 ©

大型LEDライトの例。別売りのライトスタンドで使用したり、中型LEDライトではスタンドがセットになっている製品も多い。
大型LEDライトの例。別売りのライトスタンドで使用したり、中型LEDライトではスタンドがセットになっている製品も多い。 ©

2.調光機能(明るさ・色温度・カラー)

調光機能は、明るさ調整・色温度調整・カラー調整の3つの機能に別れます。

製品によって対応している製品と非対応の製品があります。LEDの明るさが調整できるだけでなく、現在は色温度(暖かい色から冷たい色まで)、RGB(カラー)の調整を自由に選択できる機能を備えている製品も増えています。

LEDライトで色温度を変更し冷たい色へ設定した例
LEDライトで色温度を変更し冷たい色へ設定した例 ©

LEDライトで色温度を変更し温かい色へ設定した例
LEDライトで色温度を変更し温かい色へ設定した例 ©

3.電源(コンセント・内蔵バッテリー・外部バッテリー)

どこでLEDライトを使うのかによって、適した製品を選ぶ必要があります。電源はコンセント・内蔵バッテリー・外部バッテリーの3種類に別れます。

家庭用の電源コンセントに繋いで連続的に使用できる製品や、スマートフォンのように内蔵されたバッテリーによって繰り返し充電して使用できるLEDライト製品、別売りのバッテリーや単3充電池で使用できる製品まで様々です。

付属されるUSBケーブルによって充電できる製品例
付属されるUSBケーブルによって充電できる製品例 ©

単3電池を装着できる製品例
単3電池を装着できる製品例 ©

LEDライトにACアダプターを装着できる製品例
LEDライトにACアダプターを装着できる製品例 ©

それでは具体的な製品を見ていきたいと思います。

価格が安く初心者の方におすすめのLEDカメラライト

まず初めにおすすめしたいのが、安価で手軽に始められるLEDのカメラライト(ビデオライト)です。

Sony α7IIIにNEEWER CN-160を装着した様子
Sony α7IIIにNEEWER CN-160を装着した様子 ©

こちらの特徴は次の通りです。

  1. 光量を調整できる
  2. 単3電池やエネループなどの乾電池や充電池をバッテリーとして使える
  3. カメラのホットシューに装着できる
  4. 別売りのACアダプターにより常時点灯も可能
特徴 説明
サイズ 小型。カメラや三脚へ装着可能
調光機能 明るさ調整のみ対応。色合いは固定
電源 単三電池、別売りのビデオバッテリー、別売りのACアダプターに対応
価格帯 非常に安い

残念ながら色温度調整機能(暖かい光から青白い光までの調整機能)や色合いの変更はできませんが、照明を当てたい時には手軽でオススメです。詳しい内容は以下が参考になります。

商品撮影にもオススメの軽量なLEDビデオライト

続いて、オススメなのが色温度を自由に変更できるLEDビデオライト(カメラ用ライト)です。色温度が調整できるLEDでは、LEDライトの光が青みが掛かった光や、オレンジ掛かった色合いへ変更できます。

特徴 説明
サイズ 小型。カメラや三脚へ装着可能
調光機能 明るさと色温度調整に対応
電源 内蔵バッテリー、USBケーブルによる充電に対応
価格帯 安い

お店やYoutubeの商品撮影などで、部屋の中の照明と、ライトの照明の色合いが異なると、光を当てた際の違和感が目立つのですが、こちらのLEDライトを活用すると、環境光の色合いに似た色合いでライティングすることが出来ます。

このLEDライトは本体にバッテリーが内蔵しており、USBケーブルで何度でも充電して使用することができます。

動画撮影や写真撮影に便利なLEDビデオライト(カラー対応)

続いてオススメしたいのが、色温度だけでなく、色合い(色相)や鮮やかさ(彩度)を自由に変更できるRGB対応のカラーLEDライトです。

こちらは冒頭でご紹介した商品になります。調光機能が充実しており、使い道が幅広い製品になります。

LEDビデオライトの発光の様子
LEDビデオライトの発光の様子 ©

LEDビデオライトで色合いを自由に調整できる
LEDビデオライトで色合いを自由に調整できる ©

前項目で挙げたLEDカメラライトと比べると値段が高いものの、次の点で優れています。

  1. バッテリー内蔵

    ライト内部にリチウムバッテリーを内蔵しており、USB Type-Cケーブルによって充電して使用ができる。

  2. 非常に薄くコンパクト

  3. ディスプレイ内蔵により、感覚的に色合いの情報が数値で確認可能
特徴 説明
サイズ 小型。カメラや三脚へ装着可能なだけなく、リグも付属
調光機能 明るさと色温度、カラー調整、デフューザー、グリッドに幅広く対応
電源 内蔵バッテリー、USBケーブルによる充電に対応
価格帯 高い

更に、光を拡散するディフューザーや、スポットライトのように一部の範囲のみ光を当てられるハニカムグリッドが付属しているので、本格的なライティングも楽しめます。詳しくは以下を御覧ください。

価格が安いLEDカラービデオライト

前述のカラー対応LEDライトは、付属品が充実している製品です。しかし、少々値段が高めなのが気になる方もいらっしゃるかと思います。もし、付属品が不要であれば、以下のLEDライトが価格を抑えておりオススメです。

マイクや他の機器も装着できるカラーLEDライト
マイクや他の機器も装着できるカラーLEDライト ©

特徴 説明
サイズ 小型。カメラや三脚へ装着可能なだけなく、他の機器も取り付けやすい
調光機能 明るさと色温度、カラー調整に対応
電源 内蔵バッテリー、USBケーブルによる充電に対応
価格帯 標準的

性能面では大きな差はなく、同様にしてカラーや色温度調整に対応している製品です。詳しくは以下の記事で解説しています。

ポートレートやYoutubeにおすすめのLEDビデオライト

前述の項目でご紹介したLEDは小型製品ですが、人物のような大きな物を照らすと、影がはっきりと写ってしまいます。ポートレート写真で柔らかい光や明るい照明をお探しの方には、これからご紹介する大型照明がおすすめです。以下は、私自身も最近購入した大型LEDライトです。

LEDライトならではの薄い本体と、付属されるソフトボックスやグリッドによって、カメラ用ストロボで使われるようなソフトボックスと同じような効果を出せます。スペースの確保が難しい部屋の中でも、ライティングできるのはLEDの良いところだと思います。

Falconeyes RX-818の本体外観。大型の商品撮影やポートレートにも便利。
Falconeyes RX-818の本体外観。大型の商品撮影やポートレートにも便利。 ©

実際に大型LEDを使った撮影例は以下の動画のようになりました。自撮り用の照明として利用したり、小物を撮影するために利用しています。

特徴は次の通りです。

特徴 説明
サイズ 大型。カメラには装着できないがライトスタンドに装着可能
調光機能 明るさと色温度、カラー調整、ソフトボックス、グリッド、専用アプリによるスマホ調光機能に対応
電源 電源コンセント、別売りのバッテリーに対応
価格帯 非常に高い

詳しい使用感想は以下の記事をご覧ください。

商品撮影以外にもYoutubeやライブ配信で使う上半身用ライトとしても便利です。もちろん排熱用のファンも無いので、音声収録時の雑音が邪魔になることはありません。

カラー調整機能は、色温度とRGBカラーだけでなく、グリーン(緑)・マゼンタ(紫)の微調整もできる本格仕様のLEDビデオライトとなっています。上記の写真では部屋のシーリングライトに色合いを合わた光で撮影してみました。

Falconeyes RX-818は縦61cm x 横46cmのLEDライトで、LEDライト本体は丸めて付属のケースへ収納することが出来るようになっています。AC電源やVバッテリーと呼ばれる形状のバッテリーでライトを使用できます。特に、室内で定常光として光を当てたい撮影に重宝します。

色温度調整のみ対応のLEDビデオライトなら安い価格で入手できる

先程ご紹介したLEDライトは価格が高いのがデメリットです。より安い価格の大型LEDライトを導入されたい場合には、カラー非対応のモデルを選ぶのがオススメです。例えば、以下のNEEWERや、FOSITANのLEDライトが手軽でおすすめです。

特徴 説明
サイズ 中型。カメラには装着できないが三脚やライトスタンドに装着可能
調光機能 明るさと色温度に対応
電源 電源コンセント、別売りのバッテリーに対応
価格帯 このサイズとしては安い

上記の製品は実際に使っていますので、撮影例をご紹介したいと思います。

2本のLEDライトで光を当ててみた
2本のLEDライトで光を当ててみた ©

2本のLEDを使った撮影例
2本のLEDを使った撮影例 ©

詳しくは以下の記事で解説を行ってますので、ご覧ください。

コスパ最強LEDライトの決定版。FOSITANビデオライトのレビューと撮影方法
LEDライト2本を使った撮影方法や、製品の特徴を詳しく掘り下げています。

防水のLEDライト(水中ダイビングやアウトドアに)

雨やアウトドアの撮影、また水中の撮影を楽しみたいときに便利なのが、防水に対応しているLEDライトです。