カメラにはバリアングル液晶と言って、背面液晶の向きが変えられる製品があります。

名港トリトンの夜景 | Nikon D600 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
 名港トリトンの夜景 | Nikon D600 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  photo by tea ©

でも、液晶をカメラ正面にアングル変更できないカメラもあります。これが不便で自撮りや集合写真の撮影に困る事ってありませんか?また離れた場所から撮影映像やファインダーを確認したい時はありませんか?

そんなに便利なのが外部液晶です。

カメラのHDMI出力端子やその他の入力を使って、外付けの液晶を表示させる事ができます。上記の液晶はカメラ用の小型モデルです。液晶の下に三脚用のネジ穴も付属しているので、ネジ雲台を使えばカメラのホットシューに繋いで使うことができます。

スポンサーリンク

さらに安い液晶で外部モニタリングする

もし、カメラ用小型液晶モニターよりも手軽に安く済ませたいのであれば、下記のようなパーツを使うのもオススメです。

こちらは使うために、ちょっと工夫が必要なのですが、詳しくは別の記事をご覧ください。

また、映像の録画機能も備わっている外部液晶もあります。かなり高機能で液晶も綺麗なので、完璧なものを探している方にはこちらもオススメです。

こちらはキャプチャーと呼ばれる機材なのですが、詳しくは別の記事をごらんください。

スポンサーリンク
 関連する記事
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

愛知県を中心に人物写真や映像の撮影を行っています。その他に家電やIT・音楽・アクアリウムも関心があります。当サイトは、そんな好きな事を探求して発信を行う個人メディアです。

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 掲載中
レンズ作例の掲載「VenusOptics - LAOWA 105mm F2 Bokeh Dreamer」
ザ・ベストムービー大賞受賞「ビデオSALON(サロン)」
掲載「より身近な!真似できる!Views投稿者のレンズ選び」
レタッチ作例 2作品掲載「みんなのPhotoshop RAW現像教室」