Youtubeの動画配信やニコニコ生ライブ映像を撮影するときに、近くで映像を常時確認したい時があります。

そんな時に便利でおすすめなのが外部モニターです。外部モニターがあると、自撮りを行いながら、カメラから離れた位置にある液晶モニターで映像を見ることができます。

外部モニターは値段が3千円から10万円以上する物までありますが、私が使っているものはこちらの安い液晶パネルです。

実際に使ってみて、室内で使うには十分実用的だと感じました。

目次 外部モニターのおすすめ一覧

スポンサーリンク

映像撮影で外部モニターを使う方法

先ほどご紹介した液晶パネルを使うと、このような感じでカメラに備わっているHDMI端子の映像を液晶パネルに表示させることができます。

カメラから離れた位置で映像を確認できる
カメラから離れた位置で映像を確認できる ©

三脚に固定して、離れた位置からモニター確認が可能になる
三脚に固定して、離れた位置からモニター確認が可能になる ©

液晶パネルにはカメラ液晶の内容が表示される
液晶パネルにはカメラ液晶の内容が表示される ©

その他には、しっかりした液晶モニターもあります。こちらはレコーダー機能(録画機能)も備わっている製品です。

まずは簡単にモニターの一例をご紹介しましたが、ここからは詳しく順番にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

低価格でHDMI入力に対応した小型液晶

まず最初にご紹介するのが、冒頭でも触れたOSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイです。

もともとラズベリーパイという小型のPC向けに提供されてる液晶パーツですが、外部の映像入力にも対応しているので、カメラの外部モニターとして利用できます。

基盤がむき出しとなった状態なので、液晶パネルをカメラのモニターとして、利用するには

  • 三脚やカメラに固定するためのホルダー
  • HDMIケーブル
  • モバイルバッテリー

を用意する必要があります。おすすめはこちらです。

スポンサーリンク

価格が安い小型液晶モニター

また、PC用の小型液晶モニターもあります。簡易的な外部モニターとしては十分な性能です。

モニターのキャリブレーションが可能なNINJA V

ATOMOS NINJA Vとミラーレスカメラの装着イメージ
ATOMOS NINJA Vとミラーレスカメラの装着イメージ ©

モニターで正確な色を把握したい方にはNINJA Vがおすすめです。5インチのIPS液晶(1920x1200ドット)、sRGBを100%カバーした液晶を搭載しています。

こちらはSpyderやi1 Displayを使ってモニターキャリブレーションが可能となっています。

NINJA Vでは4K映像のキャプチャーができるため、レコーダーとしても活用が可能です。詳しくは下記の解説動画や記事が参考になります。

またキャリブレーションは出来ませんが、比較的大きな液晶モニターとしてBlackmagic製品があります。

ユーチューバーの生配信や動画撮影などの用途や予算に応じてご検討ください。

スポンサーリンク
 関連する記事