OSOYOO(オソヨー)3.5型LCDパネルの使用感想レビューをまとめます。

Golden apple | Sony α7 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
 Golden apple | Sony α7 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ©

オソヨーの3.5インチLCDはタッチパネルを備えた小型の液晶です。価格は3,000円以下とかなり安い設定です。また、液晶本体にはHDMI映像入力端子とUSBminiからの電源供給口を備えています。元々ラズベリーパイ(raspberry Pi B)に接続するための液晶として想定されており、基盤がむき出しの状態です。

今回は外観の写真も載せていきたいと思います。

スポンサーリンク

目次

OSOYOO 3.5型液晶の外観

オンヨーの液晶外観は以下の通りです。写真のようにUSBミニB端子から電源供給する事ができます。

USB mini端子による電源供給が可能
USB mini端子による電源供給が可能 ©

電源供給は以下ようなモバイルバッテリーから可能です。

モバイルバッテリーからは以下のようなUSB変換ケーブルで接続可能です。

また映像の入力端子はHDMI(Aタイプ)に対応しています。

HDMI入力端子と3.5mmステレオミニプラグが備わっている
HDMI入力端子と3.5mmステレオミニプラグが備わっている ©

ラズパイ用のHDMIコネクタは同封されているのですが、HDMIケーブルで外部機器と接続する場合には以下のようなケーブルが必要です。

また、ラズパイ用の液晶ということで、液晶の背面は基盤がむき出しになっています。

液晶裏面。基盤がむき出しになっている
液晶裏面。基盤がむき出しになっている ©

オンヨーの液晶裏面は、基盤がむき出しとなっていますので、見た目が気になる方は小型の液晶を選ぶと良いかと思います。

実際につかってみた

GV-HDRECにキャプチャー(記録)しながら、オソヨーの液晶に映像を表示させてみました。

こちらもやはりモバイルバッテリーで電源を供給しています。詳しい内容は下記の記事をご覧ください。

スポンサーリンク
 関連する記事