雪山や冬の写真撮影でカメラ初心者が揃えておきたいアイテムや機材について情報をまとめました。

雪でも安心な服装(靴・手袋)や車内泊で使える寝袋などの防寒対策をはじめ、カメラ機材のおすすめグッズをご紹介します。冬場の撮影は、日頃と違って気をつけたい内容が違うかと思います。冬の撮影が初めてで何を揃えたら良いのか分からないという方の参考になりましたら幸いです。

目次

レンズヒーター

レンズヒーターとは、カメラのレンズが凍結して曇ってしまうのを防いでくれるアイテムです。撮影中にレンズが曇ってしまうと、なかなか回復させるのが難しいので、冬場の撮影では必ず揃えておきたいグッズの一つです。

レンズヒーターはこの後でご紹介するモバイルバッテリーを電源にして、レンズを温めてくれます。

モバイルバッテリーとレンズヒーターを接続した様子
モバイルバッテリーとレンズヒーターを接続した様子 ©

スポンサーリンク

予備バッテリーやモバイルバッテリー

冬場の撮影でカメラについて注意したいのがバッテリー(電池)の減りの速さです。平野部にくらべると、あっという間にカメラの電池が無くなってしまう事がよくあります。

そんな時の備えとして、カメラの予備バッテリーを用意しておきましょう。また、カメラによってはスマホで使われるようなモバイルバッテリーで充電しながら撮影できるモデルもあります。

モバイルバッテリーで充電しながら撮影できるカメラもある
モバイルバッテリーで充電しながら撮影できるカメラもある ©

モバイルバッテリーは以下のようなものがおすすめです。

また、モバイルバッテリーで充電できないカメラでは、以下のケースリレイというアイテムを使うと、充電しながら撮影ができるようになります。

詳しくは以下をご覧ください。

過去の記事
雪や冬の撮影でカメラバッテリーが減るのを防ぐCASE RELAYのおすすめ一覧
(引用)CASE RELAYとはバッテリーを模した端子から電源供給できるアイテムです。モバイルバッテリー充電に対応していないカメラモデルでも充電が可能になります。

冬の服装について

まずは必ず揃えておきたい雪用の服装です。こちらはスポーツショップや登山アイテムを扱っているお店で売られているウィンターウェアを選ぶと良いと思います。

私の場合は趣味でボードをやったりしますので、スキーウェアを代用着として撮影しています。暖かくて水や雪を通しませんのでおすすめです。

また、カメラの操作で指を出したいという瞬間はよくあります。そんな時には撮影用のグローブを揃えておくと良さそうです。

以下のように指を出し入れできる手袋です。

ただし、雪が降るようなシーンでは防水性能が無く、手袋に水が浸透してしまう恐れもあります。雪が降る環境では以下のような手袋がオススメです。

その他にも、靴やスノーシューを用意できれば万全だと思います。

車内泊を考えてる方には寝袋がおすすめです。

日の出前の行動や、星空などの撮影のために暗所を歩く機会がある場合には、ヘッドライトを用意しておくと両手が空いて便利です。

スポンサーリンク
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

愛知県を中心に人物写真や映像の撮影を行っています。その他に家電やIT・音楽・アクアリウムも関心があります。当サイトは、そんな好きな事を探求して発信を行う個人メディアです。

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 掲載中
レンズ作例の掲載「VenusOptics - LAOWA 105mm F2 Bokeh Dreamer」
ザ・ベストムービー大賞受賞「ビデオSALON(サロン)」
レタッチ作例 2作品掲載「みんなのPhotoshop RAW現像教室」
 記事名とURLをコピーする

雪山や冬の撮影でカメラ初心者が揃えたい防寒対策グッズや服装のまとめ https://photo-tea.com/p/17/yukiyama-camera-item-shoshinsha/

 関連する記事