スマホジンバルのMOZA Mini MX2についてブログでレビューしていきます。最大重量280g以下のスマートフォンを搭載でき、手持ち撮影よりも振動を抑えた動画を撮ることができます。ジンバル本体は折りたたんで、コンパクトにカバンへ仕舞うことができます。

折りたたみ式でコンパクトなMOZA Mini MX2
折りたたみ式でコンパクトなMOZA Mini MX2 ©

折りたたむと非常にコンパクトな収納ができます
折りたたむと非常にコンパクトな収納ができます ©

そして従来機「MOZA Mini MX」からの進化ポイントとして、スマートフォンを自動で固定できるように、クリップ部分が電動式に改良されました!電源ボタンを押すと、クリップが自動で開き、スマートフォンを置くと自動で閉じます。

スマホを支えるクリップ部分は電動式になっています
スマホを支えるクリップ部分は電動式になっています ©

スマートフォンの有無はクリップ部分へ新たに用意されたセンサーで感知する仕組みのようです。ジンバル本体の重量は423gです。折りたたんだ際のサイズや、本体の重量が軽いので、女性の方や初めてジンバルを使いたい方にも価格が安くておすすめです。

当記事では、MOZA Mini MX2の使ってみた感想や撮影した動画を掲載していきます。

目次:MOZA Mini MX2のレビュー

MOZA Mini MX2の付属品と外観について

MOZA Mini MX2を購入すると何が入ってるのかについて見ていきます。

MOZA Mini MX2の元箱
MOZA Mini MX2の元箱 ©

MOZA Mini MX2の内容物
MOZA Mini MX2の内容物 ©

付属品と内容物

内容物について説明します。上記写真の左上から順番に、左から右に向かって見ていきます。

  • MOZA Mini MX2本体

    折りたたみ可能なジンバル本体。使用するには、本体を回転させて広げる必要があります。詳しい手順については後半で解説していきます。

  • 取り扱い説明書 (日本語対応)

    詳しい使い方が説明されています。説明書は、日本語を含む多言語に対応していますので、読みながら使い方を確認していく事が可能です。万が一、日本語が含まれていない場合は、Amazonの購入先に問い合わせると、発送して頂けるとの事です。

  • USBケーブル

    MOZA Mini-MX2の充電目的に使うUSB Type-Cケーブルです。

  • ミニ三脚

    Mini-MX2を自立させるためのミニ三脚です。タイムラプス撮影やスマートフォンの装着時にバランスを整える際、この三脚が役に立ちます。

  • ハンドストラップ

    Mini-MX2を手で持ち運ぶ際に便利なアクセサリーです。本体に紐を通して携帯できます。

また、USBケーブルによる充電には、別売りのACアダプターが必要となります。私の場合はこちらを購入して使っています。

またMOZA Mini MX2では、別売りのモバイルバッテリーから充電させることも可能です。旅行の時でも長時間使用できて便利です。

MOZA Mini MX2をスマホに装着する方法

スマートフォンをMOZA Mini MX2に装着するには、この後で解説する手順のように、折り畳まれている状態から展開を行っていきます。そして電源ボタンを押しでクリップを自動的に開きます。開いたクリップにスマートフォンを配置すると、センサーがスマホを検知して自動で閉じてくれます。

それでは、まずコンパクトに折り畳まれているMOZA Mini MX2を広げていきましょう!たったの2ステップのみで、とってもシンプルです。

MOZA Mini MX2は購入直後は折り畳まれている
MOZA Mini MX2は購入直後は折り畳まれている ©

折り畳み状態から展開する

MOZA Mini MX2の展開方法
MOZA Mini MX2の展開方法 ©

  1. まずは握り手の部分とアーム部分を180°回転

    回転には少しだけ力が要ります。

    握り手とアームの部分を回転させる
    握り手とアームの部分を回転させる ©

  2. スマホホルダー付近の回転軸をロック状態から、回転できる状態に

    ロック機構(引っ掛かる箇所)が2箇所ありますので、ロックを解除していきます。時計回りに回転させるとブラブラと回る状態となります。

    コントローラーから見て、2つ目の回転軸のロックを解除する
    コントローラーから見て、2つ目の回転軸のロックを解除する ©

    スマホホルダー付近の回転軸のロックも解除する
    スマホホルダー付近の回転軸のロックも解除する ©

スマホを装着しバランスを取る

続いて、MOZA Mini MX2のバランスを取る作業を進めていきます。まずはMini-MX2の底面にある三脚用ネジ穴に、小型の三脚を取り付けます。付属されるミニ三脚や既に持っている三脚を取り付けます。

付属されるミニ三脚をMini MX2の底面に取り付ける
付属されるミニ三脚をMini MX2の底面に取り付ける ©

スマホクリップを自動で開く

ミニ三脚を装着してMOZA Mini MX2を立てます。今度は、本体の電源ボタンを長押ししましょう。

本体の電源ボタンを長押しする
本体の電源ボタンを長押しする ©

MOZA Mini MX2の電源がONとなりますが、その時にスマートフォンのクリップ部分が自動で開きます。

電源を入れる前はクリップが閉じた状態です
電源を入れる前はクリップが閉じた状態です ©

電源を入れるとクリップが開き始めます
電源を入れるとクリップが開き始めます ©

クリップの部分にスマートフォンを配置すると、クリップが自動で閉じます。

バランス調整

初めてバランス調整を行う方にとっては、慣れが求められる作業です。一度覚えてしまうと後は簡単ですので、ゆっくり挑戦してみましょう。

MOZA Mini MX2をスマホに装着する
MOZA Mini MX2をスマホに装着する ©

まずは、スマートフォンを上の図の左で、灰色になってる箇所へスマートフォンを取り付けます。

裏側にスマートフォンを上下にスライドできる箇所がある
裏側にスマートフォンを上下にスライドできる箇所がある ©

また上図のように、裏側にスマホを上下へ調整できる部分がありますので、こちらをずらして行き、スマホが水平にになる位置を探します。詳しくは動画解説を御覧ください。

MOZA Mini MX2の使い方と操作手順

MOZA Mini MX2の撮影方法や使い方については、従来モデルのMOZA Mini MXと全く同じです。使い方についてはYoutubeの動画や過去の記事でも解説していますので、そちらも併せてご覧になってください。

解説記事については下記を御覧ください。

MOZA Mini MX2の仕様(重量や寸法)

仕様 説明
搭載可能なスマホサイズ 幅60〜88mmまで
搭載可能なスマホ重量(耐荷重・ペイロード) 143〜280gまで
本体重量 423g (従来機 MOZA Mini MXは412g)
バッテリー持続時間 24時間(バランスが正確に取れている場合)
充電に必要な時間 2.5時間。急速充電には非対応
各軸の回転可動範囲(角度) パン:340°,ロール300°,チルト140°
内蔵バッテリー容量 2000mAh。動作電圧7.4V

MOZA Mini MX2の日本語説明書をダウンロード(PDF)

MOZA Mini MX2の取り扱い説明書は、MOZAのホームページでも閲覧することができます。大きな文字で説明書を読みたい場合にも役立つデータです。詳しくは以下から確認してください。

MOZA
MOZA Mini MX2 Downloads

「Mini MX2 User Manual」を選択すると、各国の言語で用意された説明書データを閲覧したりダウンロードできます。日本語表記は目次を見ていくと、JPNというページがあります。

日本語の項目ではファームウェア・アップグレード方法も説明されています。

ファームウェア・アップデート手順

ズームーボタンを押したまま、Fnボタンを押すと、本体のランプが点滅を開始します。次にスマホアプリのMOZA Ginieを起動してBluetooth接続を行うと、ファームウェアの更新の確認画面が表示されます。

MOZA Mini MX2の作例

冒頭でもご紹介していますが、MOZA Mini MX2を使うと、スマートフォン単体で撮影する時に比べて、ブレを抑えた滑らかな動画撮影を楽しむことができます。まずは従来モデルのMini MXを使った作例を御覧ください。

また、おすすめのジンバルについても別の記事でまとめていますので、併せてご覧ください。