SONYのミラーレス一眼カメラ(Eマウント対応カメラ)で、写真や動画撮影する際におすすめの超広角レンズを一覧にまとめました。今回はα7・α9シリーズなどのフルサイズ用とα6000やα5000シリーズ等のAPS-C用に分けて解説していきます。初心者の方にも参考にしてください。

LAOWA 10-18mm 08749 | Sony α7R2 + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 FE Zoom
 LAOWA 10-18mm 08749 | Sony α7R2 + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 FE Zoom ©

超広角レンズでは、人の視野角よりも広い範囲を撮影することができます。手前の風景が大きく写り、奥の対象物が小さく写るのが特徴です。後ろへ引き下がって撮影できないシーンや、迫力ある写真や全体を広く撮影したい時に超広角レンズが役立ちます。

(例)Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G
(例)Sony α7IIIとFE 12-24mm F4 G ©

また、その他のSonyのEマウントレンズについては、こちらが参考になります。

目次:超広角レンズのおすすめEマウントレンズ

スポンサーリンク

SONYフルサイズにおすすめの超広角レンズ(Eマウントレンズ)

ソニーα7RIVやα7III・α7sII、そしてSony α9でおすすめの超広角レンズをまとめます。

広い範囲を撮影できるFE 12-24mm F4G

FE 12-24mm F4Gは見た目がコンパクトで、12mmのかなり広い範囲からやや広い画角の24mmまでズームできるSONY純正レンズです。私も実際に愛用しているレンズがこちらです。

12-24mmのレンズ外観
12-24mmのレンズ外観 ©

とにかく広い範囲を贅沢に楽しみたい!という方や、動画撮影ではクロップされて画角が狭くなるシーンでも活躍できます。デメリットとしてはレンズフィルターが装着しにくい点です。詳しくはこちらが参考になります。

レンズ保護フィルターを装着して撮影したい方は、この後で説明するFE 16-35mm F4Gがおすすめです。

スポンサーリンク

標準から超広角までズームできる FE 16-35mm F4G

まず始めにオススメしたいのが、FE 16-35mm F4Gです。こちらは使いやすさとバランス感の取れた汎用性の高さが魅力です。無難な超広角レンズをお探しの方には良い選択肢になるかと思います。

先ほど挙げた12-24mmに比べると、広い範囲は撮れないのですが、35mmという使いやすい標準画角までズームできるのが良い点です。魅力としては、レンズ前面にフィルターを装着できるため、NDフィルターやCPLフィルターを使用した撮影を行いたい方にも最適です。

また、ボケ味や画質を更にこだわりたい方にはFE 16-35mm F2.8 GMというレンズがおすすめです。

安い価格で超広角レンズを楽しめる LAOWA 10-18mm

より広い範囲を撮影したい、価格を安く抑えたいという方にはLAOWA 10-18mmがおすすめです。こちらのレンズはSONYのフルサイズEマウントに対応しています。

こちらはオートフォーカスに非対応のレンズですが、SONYの純正品レンズと比べると安価で購入できるレンズです。超広角レンズとしては例を見ない10mmからの撮影が楽しめるのも、このレンズならではの特徴となっており、個性的なパース感を楽しみたい方におすすめです。

Sony α7IIIとLAOWA 10-18mm F4.5-5.6 FE Zoomの装着例
Sony α7IIIとLAOWA 10-18mm F4.5-5.6 FE Zoomの装着例 ©

詳しくは以下のレビューで作例や使い方が解説されています。

SONY APS-Cにおすすめの超広角レンズ(Eマウントレンズ)

続いて、ソニーα6000やα5000シリーズに対応しているおすすめの超広角レンズについてまとめます。

小型コンパクトで画質も良好な E 10-18mmF4G

APS-Cのカメラにおすすめの超広角レンズはこちらです。見た目が小さく255gと軽量に出来ているので、持ち運びの負担にならないので手軽に持ち出せるのが良いところです。

また、望遠側は18mmまでズームさせることが出来るため、旅行やお出かけの時に自然な撮影をしたいときにも利用できます。更に手ぶれ補正が備わっているので、α6400のような手ぶれ補正非対応のカメラでも安心して使えるのもポイントです。

スポンサーリンク
 関連する記事