DJI OSMO Action(オズモアクション)では、動画の記録にマイクロSDカードが必要になります。SDカードは購入方法によってSDカードが付属していない場合がありますので、予め確認する必要があります。

SDカードはネット上で様々な物が売られているのですが、性能や価格は様々です。性能によってはOSMO Actionで動画を上手く撮影できず、エラーとなる事もあります。

OSMO Actionを購入後にSDカードを後から購入したいときは、こちらのSDカードがおすすめです。

OSMO Actionでは最大で256GBの容量まで使用できます。また、長時間撮影したい時には256GBを用意するのが無難です。

また、これからOSMO Actionを購入される方には、OSMO ActionとSDカードがセットとなっている以下を選ぶのが安心です。下記のように、DJIさんからSDカード付属品が販売されています。

続いて、OSMO Actionを購入する際に揃えておくと便利なものをご紹介します。

目次:DJI OSMO ActionのアクセサリーとSDカードのおすすめ

SDカードのデータをパソコンに保存するには

撮影した写真や動画ファイルをパソコンに保存するにはSDカードリーダーが必要になります。SDカードリーダーはこちらがおすすめです。

パソコンの転送のみで大丈夫という方には以下が安くて良いです。

アクションカメラを購入したら予め揃えておきましょう。

OSMO Action用の液晶保護フィルム

OSMO Actionを持ち運ぶ際に液晶の傷や、指紋や土埃による汚れに悩まされる事があります。そんな時はこちらの液晶保護フィルムがおすすめです。

スポンサーリンク

OSMO Action用の保護ケース

OSMO Actionの筐体・ボディを傷から守りたい時にはこちらのようなシリコンケースがおすすめです。

弾力性もあるので、手からすり抜ける心配も少なくなります。

OSMO Actionの持ち運びに便利なケース

DJI OSMO Actionにはカメラ本体だけでなく、付属品がたくさん含まれています。これらをまとめて持ち運ぶのに便利なのがキャリングケースです。

OSMO Actionを三脚に固定するアクセサリー

OSMO Actionを地面に固定して動画撮影したり、自撮りしたい時がありますよね!そんな時はこちらの自撮り棒と三脚になるアクセサリーがおすすめです。

OSMO Actionを首や手にぶら下げるストラップ

OSMO Actionを手に持って持ち運ぶと、落下して破損させてしまうのが心配な方にはストラップがおすすめです。

スポンサーリンク
 関連する記事