スマートフォンで滑らかな映像撮影が楽しめるDJI Osmo Mobile 2と一緒に購入しておくと便利なアイテムについてまとめました。Osmo Mobile 2を購入したとき、その他に何を揃えたら良いか分からない時の参考にしてください。おすすめ順にご紹介していきます。

揃えておくと便利な物
揃えておくと便利な物 ©

また、Osmo Mobile 2の撮影例や使い方については以下の記事が参考になります。

DJI Osmo Mobile 2のレビューと撮影例について
DJI Osmo Mobile2のレビュー。スマホのカメラで映画風に動画撮影しよう

iPhone 6sとOsmo Mobile 2で、こんな映像が撮れました!

それでは便利アイテムについて詳しく見ていきましょう!

目次

ミニ三脚をOsmo Mobileに取り付ける

まず最初におすすめしたいのがミニ三脚です。ミニ三脚があると、Osmo Mobile2本体を立てた状態で置くことができます。

ミニ三脚があるとOsmo Mobile 2を地面に置ける
ミニ三脚があるとOsmo Mobile 2を地面に置ける ©

ミニ三脚は、以下の商品が安くて・軽量・頑丈な作りでおすすめです。

地面に置けるようになると、手を休めたり、スマートフォンをセッティングしたりするのに役に立ちます。また、DJI Goというスマホアプリを使ったアクティブトラッキングで自撮りをしたり、タイムラプスを撮影したりするのにも使えます。

カメラを固定して撮影する事ができる
カメラを固定して撮影する事ができる ©

スポンサーリンク

自撮り棒があると更に便利

先ほどご紹介したミニ三脚と、組み合わせて使うと便利なのが、以下のような自撮り棒です。

こちらは、引き伸ばすと72cmの高さになりますので、人の腰からお腹あたりの高さまでOsmo Mobile 2を配置する事ができます。ミニ三脚の用途と同じように、自撮りやタイムラプスの際に使うと非常に便利です。

自撮り棒とミニ三脚を連結した例
自撮り棒とミニ三脚を連結した例 ©

自撮り棒を引き伸ばした例
自撮り棒を引き伸ばした例 ©

残念ながら、三脚ほど安定性がありませんので、強い風が吹く場所では不安定となりがちです。ですが、荷物にならないコンパクトなアイテムなので、旅行などでは重宝するでしょう。私もOsmo Mobile2を使う時はカバンに入れています。

もし三脚の安定感を求められる場合は、以下を参考にしてください。

カメラ初心者にオススメの三脚まとめ。夜景・星空・花・工場夜景に活用しよう

専用保護ケースとシリコンカバー

Osmo Mobile2を持ち運ぶ際に、安心感が高いのが専用ケースです。ケースに収納しつつ、撮影時にはさっと取り出せるのが便利です。

またハンドル操作部分を保護してくれるシリコンカバーもあります。

Osmo Mobile2を大事に使いたい方にはおすすめ製品だと思います。

持ち運びに便利!カメラ用ストラップを付ける

PeakDesignのストラップとプレートと活用すると、旅行中や撮影をしないときに、肩にぶら下げて持ち運びできるようになります。

こちらは肩にぶら下げるストラップと、Osmo Mobile2に取り付けたプレートが自由に取り外しできるようになるアイテムです。取り外しのイメージはこんな感じです。

ストラップと機材本体が脱着可能になる
ストラップと機材本体が脱着可能になる ©

すでに一眼レフのカメラをお持ちの方には、特におすすめしたいアイテムです。PeakDesignの詳しい使い方については、下記でまとめていますのでご覧ください。

カメラストラップが取り外し可能なPeakDesignアンカーリンクスのレビュー

スマホレンズで映像表現の幅を広げよう

最近のスマートフォンは2種類のレンズを搭載している製品も存在します。2種類のレンズがあると、広い範囲を写したり遠くを撮影したりできます。

また従来のように、1つのレンズを持つスマホでは、以下のようなスマートフォン用のレンズを使って撮影の幅を広げる事ができます。

この記事の冒頭でもご紹介したOsmo Mobile2の動画撮影例では、上記のスマホレンズを使って撮影してみました。

スマホレンズ 10 in 1。携帯ケースも付属している
スマホレンズ 10 in 1。携帯ケースも付属している ©

荷物にならずコンパクトなので、気軽に持ち出せるのがお気に入りです。

Osmo Mobile2をフル充電できるモバイルバッテリー

動画を撮影していると、バッテリー切れが心配になる事ってありますよね。ただ、Osmo Mobile 2は1度の充電で15時間使い続けることができると言われています。私の使った感覚でも7〜8時間は余裕で動作していました。

Osmo Mobile2よりも、問題となるのがスマートフォンのバッテリーです。おそらくスマホのバッテリーの方がすぐに無くなってしまうケースが多いでしょう。

Osmo Mobile2からスマホに充電
Osmo Mobile2からスマホに充電 ©

実は、Osmo Mobile2にはスマホを充電できるUSB端子を備えています。USBケーブルがあれば充電しながら撮影する事も可能です。ただし、充電できるのはOsmo Mobile2の電源を入れた時のみとなります。

もし旅行などで、長時間の撮影を考えている方には以下のようなモバイルバッテリーがあると更に安心です。

上記のモバイルバッテリーは、USB端子を2つ備えているので、スマートフォンだけでなくOsmo Mobile2本体を同時にフル充電させる事ができます。

Osmo Mobile2とスマホを同時に充電できる
Osmo Mobile2とスマホを同時に充電できる ©

また、Osmo Mobile 2はiPhoneのようなスマートフォン用の充電器で充電させると、なぜかフル充電できません。これは多くのユーザーが経験してる謎の仕様です。私の場合は、長時間撮影したい時にはモバイルバッテリーを使って充電する事が多いです。

アクションカメラが装着できる専用プレート

アクションカメラが装着できるプレートを使うと、アクションカメラでも滑らかな映像を楽しむことができます。

GoProとOsmo Mobile2の組み合わせ
GoProとOsmo Mobile2の組み合わせ ©

私の場合はこちらのプレートを選びました。

アクションカメラには手ぶれ補正機能が備わっており、ある程度はブレの無い動画を撮ることができます。ですが、歩いたり激しく揺れるシーンでは流石に限界があります。

そこで、Osmo Mobile2をアクションカメラに装着することで手ぶれ補正を超えるような滑らかな動画を撮ることができます。実際に撮影した映像はこちらです。

下記の記事では、GoProや中華アクションカムで映像撮影したレビューをまとめていますので、もし興味がございましたらご覧ください。

GoProとOsmo Mobile2で滑らかな映像が撮れるのか検証してみた

スポンサーリンク
 記事名とURLをコピーする

DJI Osmo Mobile2を買ったら揃えておきたいアイテムまとめ https://photo-tea.com/p/1808/osmo-mobile-2-osusume-item/

 関連する記事
 作例掲載
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について