この記事を書いてる人: 
tea

カメラ用レインカバーのおすすめグッズについてまとめました。レインカバーは、梅雨の時期の水滴や雨、そして雪や運動会などの砂埃からカメラとレンズを守ることができます。

Ads

目次

カメラにおすすめのレインカバー

まず初めに結論ですが、次のOPTECHレインスリーブが安くておすすめです。

特に雨が多いシーンでは、自身のレインコート(雨ガッパや傘)を準備しても、見逃してしまいがちなのがカメラの雨対策です。防滴・防水機能の備わったカメラやレンズも中にはありますが、濡れる事は極力避けたいところですよね(^^;)

当記事では、先程ご紹介した商品以外に安くて使い勝手の良いレインコートから耐久性の高いグッズまで、まとめてみました。梅雨の時期の写真撮影、塵やほこりが気になるシーンで写真を楽しむ方はぜひ参考にしてください。

Ads

カメラ・レンズの防水対策はこれで完璧

雨やホコリが多いシーンでは、カメラやレンズが雨で濡れてしまうのが心配ですよね。防滴・防水機能の備わったカメラやレンズも中にはありますが、濡れる事は極力避けたいところです。

そこで活躍するのが、カメラ用のレインコートです。レインコートは以下のようなものがあります。

カメラ用レインコート OPTECHレインスリーブ
カメラ用レインコート OPTECHレインスリーブ ©

レインコートの全長が長いので、長いレンズを使っていても雨の侵入を防ぐことができます。

長いレンズも覆うことができる
長いレンズも覆うことができる ©

また、カメラファインダー用の穴も用意されているので、ファインダーだけ表へ出すこともできます。

ファインダーの覗き穴が用意されている
ファインダーの覗き穴が用意されている ©

とても安くて便利なのですが、気になるのが強度です。何年も使い込んでいるうちに、傷や穴ができてしまう事もあります。そこで、強度を確保しながら安くてオススメなのがこちらです。

カメラを入れるための口も広いので、装着しやすいです。

強度のあるレインカバー WOLFTEETH
強度のあるレインカバー WOLFTEETH ©

背面は透明になっており、更には操作用の穴が用意されているので、雨を避けながら液晶を見たり、操作することができます。

背面液晶側は透明になっている
背面液晶側は透明になっている ©

両側から手を入れることができる
両側から手を入れることができる ©

突然雨に降られれても安心ですので、カメラバックに携帯しておきましょう。

雨の日の撮影は長靴が便利

雨でぬかるんでしまうような足場が悪い場所の撮影では、次のような長靴がオススメです。

カメラが濡れてしまったらどうするの?

万が一、カメラが濡れてしまった時には除湿ケースとモバイルドライユニットで除湿するのがオススメです。

その他に水滴や湿気を取り除く事ができる防湿庫と呼ばれる物もあるのですが、詳しくは以下の記事をご覧ください。

過去の記事
カメラやレンズの保管方法を簡単に解説します。初心者でもできる湿気・カビ・埃対策について

Ads
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

雨からカメラとレンズを守るレインコートと水滴・塵対策についてのおすすめ https://photo-tea.com/p/1801/ame-camera-raincoat-osusume/

Ads
 おすすめ記事
 作例掲載