この記事を書いてる人: 
tea

カメラの液晶が日中の太陽の日差しによって見えにくい時には遮光フード付きのルーペを使うのがオススメです!

蒲郡の竹島でカモメと遊ぶ | Sony a7 + SIGAM 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

撮影のピント合わせや、撮影した写真を液晶で確認したいときにも凄く役に立ちます。野外でまぶしい時にバックに忍び込ませておくと良いでしょう。遮光フードルーペは比較的安い値段で売られています。

最近のミラーレス一眼レフのように、電子ビューファインダー(EVF)が付いているカメラならば必要がないかもしれませんが、一眼レフのカメラだと液晶が見えないシーンがよくありますよね。

暗い場所なら液晶は見やすいが…
暗い場所なら液晶は見やすいが… ©

また、カメラにHDMI出力端子という、カメラの映像端子が備わっているモデルもあるので、外付けのファインダーを使うという方法もあります。こちらであれば、太陽の光で明るい場所でも液晶から綺麗に確認する事もできます。

Ads
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

ゆるふわポートレートや自然風景を撮影しています。その他の趣味は音楽制作/メダカの鑑賞/web。撮影や写真掲載・寄稿等のご依頼もお待ちしてます。お問い合わせは以下のフォームまたはSNSよりお願い致します。

 お問い合わせ

 撮影のご依頼

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

カメラ液晶が太陽で見にくい時の対策方法は遮光ルーペを使うと良いよ - TPB
https://photo-tea.com/p/17/camera-ekishou-mienai-taisaku/

 おすすめ記事
Ads
 作例掲載