この記事を書いてる人: 
tea

中華4KアクションカメラのEKEN H6sは1万円前後で買える製品の中でも、自然で綺麗な画質の映像が楽しめる商品と感じました。

4Kで30fpsに対応しており、高画質で滑らかな映像を記録できます。画質にこだわりたい方には特におすすめです。

また、30M防水に対応したハウジングケース、スマートフォンからの遠隔操作(Wi-Fi)、手ぶれ補正機能、様々なアクセサリー、タイムラプス撮影に対応しています。

旅行先で水中撮影をしたり、スノーボードなどのウィンタースポーツや、ロードバイクのツーリングやサイクリングの動画撮影にいかがでしょうか。

また、アクションカメラでは写真撮影もできます。実際に外でこんな写真が撮れました!

EKEN H6s の写真撮影例
EKEN H6s の写真撮影例 ©

EKEN H6s の写真撮影例
EKEN H6s の写真撮影例 ©

EKEN H6s の写真撮影例
EKEN H6s の写真撮影例 ©

EKEN H6s の写真撮影例
EKEN H6s の写真撮影例 ©

思った以上に広い範囲が写りますので、自分の手が写り込んでしまいました。価格が安くて小さなカメラですが、スマートフォンに近い画質の映像や写真を楽しめます。

アクションカメラと聞くとGoProが有名です。ですが、本体だけで4万円するので値段は高めとなっています。これに対して同製品は、アクセサリーも含めて1万円前後ですので、初心者の方でも購入しやすいのが良い所だと思いました。

正面にはサブディスプレイを備えており、カメラの設定を確認できる
正面にはサブディスプレイを備えており、カメラの設定を確認できる ©

30m防水に対応。海や川などのアウトドアにも気軽に持ち出せる
30m防水に対応。海や川などのアウトドアにも気軽に持ち出せる ©

スマホのアプリや付属のリモコンから遠隔操作に対応
スマホのアプリや付属のリモコンから遠隔操作に対応 ©

収納ケースが付属。バイクやヘルメットに装着できるアクセサリーが付属
収納ケースが付属。バイクやヘルメットに装着できるアクセサリーが付属 ©

カメラには背面液晶だけでなく、サブディスプレイを備えているので、使い勝手が良いと思いました。外観や付属品については、後ほど詳しく書きたいと思います。

海外旅行で荷物を軽くしたい時や、スマホを持っていないお子さんの修学旅行や合宿の撮影。また、水や雪や泥などが飛び散るアウトドアにも積極的に持ち込めます。釣りやダイビングにも良さそうですね。コストパフォーマンスが良いので、コンパクトデジカメ(コンデジ)の代わりとしても使えそうだと感じました。

また、カメラ本体にはUSB端子を備えているので、USBケーブルから充電により電源を供給することもできます。それでは詳しく見ていきましょう。

Ads

目次

購入特典:1300円OFFクーポン

AmazonでEKEN H6s 4Kアクションカメラを購入するときに使える1300円引きのクーポン券をメーカーさんより頂きました。宜しければ購入時にご利用ください。

1300円OFFクーポン

下記のボタンからクーポンコードをコピーしてご利用下さい。有効期限は2019年1月19日までとなっていますのでご注意ください。

コピーが上手く出来ない場合はXES6C7MSを入力してください。

EKEN H6s 4Kアクションカメラで何ができるの?

アクションカメラと付属の三脚の接続例
アクションカメラと付属の三脚の接続例 ©

EKEN H6s 4Kアクションカメラでは、写真と動画撮影ができます。その特徴を大まかにまとめると、価格は安めですが、同価格帯の製品と比較すると、映像の画質も安定したキレイな撮影を楽しめるカメラです。また付属されているアクセサリーの使い勝手が良いのも嬉しいポイントだと思いました。

アクションカメラの機能と特徴

特徴を大まかにまとめると次の通りです。

特徴のまとめ
  1. 価格が安い
  2. 水中でもカメラの操作が可能
  3. 様々な撮影モードが豊富
  4. バッテリーが2個付属
  5. 豊富なアクセサリー
  6. リモコンや三脚が付属

それでは詳しく見ていきましょう。

安い価格帯

アクションカメラの中でも安い値段で買える製品です。

中国のメーカーが作ったいわゆる中華アクションカムです。コストパフォーマンスが良いので、アクションカメラの入門としても最適です。また手ぶれ補正も搭載していますので、滑らかな映像が撮影できます。

水中でもカメラの操作が可能

30m防水ケースが付属しているので、水中や汚れる可能性のある場所でも写真や動画撮影が楽しめます。また、防水ケースにもボタンを備えているので、防水ケースを装着したまま撮影や設定の変更操作が行えます。

防水ケースによって水中でも撮影や設定変更などの操作が可能
防水ケースによって水中でも撮影や設定変更などの操作が可能 ©

ボタン操作方法の概要
ボタン操作方法の概要 ©

様々な撮影モードに対応

こちらの4Kアクションカメラでは、様々な撮影モードが用意されています。

  • 通常の動画(4K 30fpsなど)
  • タイムラプスの動画
  • 通常の写真撮影
  • タイムラプスの写真(インターバル撮影)
  • 連写(バースト、連続撮影)

撮影モードはモードボタンで選択できる
撮影モードはモードボタンで選択できる ©

撮影モードの操作は、カメラのB. 電源・モードボタンで切り替えたあと、A. シャッターボタンを押すことで選択ができます。ボタンの配置については前項をご覧ください。

EIS(手ぶれ補正機能)は4K 30P以外で有効になる

動画の撮影モードは用途に応じていろいろな設定が用意されています。

  • 4K 30fps (手ぶれ補正なし)
  • 4K 25fps EIS (手ぶれ補正あり)
  • 2.7K 30fps EIS (手ぶれ補正あり)
  • 1080P 60fps EIS (手ぶれ補正あり)
  • 1080P 30fps EIS (手ぶれ補正あり)

などの解像度があります。EISとは手ぶれ補正機能のことです。ここで注意ですが、手ぶれ補正機能は最高画質である4K 30fpsでは有効になりません。振動や揺れを防いだ滑らかな動画を撮影したい方は4K 25fps EIS1080P 60fps EISに設定すると良さそうです。

バッテリーが2個付属している

アクションカメラでは、購入時にバッテリーが2つ同封されています。

バッテリー2つと充電器・USBケーブルが付属している
バッテリー2つと充電器・USBケーブルが付属している ©

実際にカメラを使ってみたところ、1つのバッテリーでもかなり持続しました。今回持ち出したのは春でしたので、冬など寒い気候では少し短くなるかもしれませんが、十分な性能だと思いました。

また、写真のようにアクセサリーとして充電ドッグとUSBケーブルが付属しています。充電ドッグを使えば、2個のバッテリーをまとめて充電することができます。

残念ながら、充電器(電源コンセントからUSB電源を供給するもの)が付属していないので、お持ちでない方は用意しておきましょう。充電器は以下のものがおすすめです。

もし移動時に、バッテリーの残量が無くなっても、別売りのモバイルバッテリーを使えば、USBケーブルから充電する事もできます。旅行時も工夫次第では長時間使うことができそうです。

アクションカメラの付属品や機能が揃っている

アクションカメラとしてのアクサリー類や防水ケースなども購入時に一通り付属しています。

購入時に付属するアクセサリー その1
購入時に付属するアクセサリー その1 ©

アクセサリーの名称(取扱書から抜粋)
アクセサリーの名称(取扱書から抜粋) ©

購入時に付属するアクセサリー その2
購入時に付属するアクセサリー その2 ©

アクセサリーの名称(取扱書から抜粋)
アクセサリーの名称(取扱書から抜粋) ©

アクセサリーの使い方については、取扱説明書の説明がとても分かりやすいです。

アクセサリーの使用例(取扱説明書より引用)
アクセサリーの使用例(取扱説明書より引用) ©

車や自転車やバイク、ヘルメットや自撮り棒に装着することができるパーツが揃っています。

アクセサリーを使用した例は、次のような感じになります。

自撮りや集合写真におすすめの三脚とフレーム

カメラフレームと三脚を組み合わせた例
カメラフレームと三脚を組み合わせた例 ©

カメラフレームの装着例
カメラフレームの装着例 ©

カメラフレームは側面からの衝撃や傷から守ってくれます。

iPhoneで例えるなら、バンパーケースみたいな形状です。また、裏面は三脚ネジが備わっているので、自撮り棒やカメラ用の一般的な三脚も取り付けられます。

ヘルメットや腕に装着可能なマウントプレートとベルト

カメラフレームとマウントプレートを組み合わせた例
カメラフレームとマウントプレートを組み合わせた例 ©

カメラフレームとマウントプレート、ベルトを組み合わせた例
カメラフレームとマウントプレート、ベルトを組み合わせた例 ©

その他に、マウントプレートとベルトを組み合わせると、腕やヘルメット、壁などに取り付けが可能です。プレート裏側の赤いラベルは両面テープとなっていて、好きな場所へ接着ができます。

バイクや自転車に取り付ける

パイプ用マウントを組み合わせた例
パイプ用マウントを組み合わせた例 ©

パイプ用マウントで自転車に取り付けた例
パイプ用マウントで自転車に取り付けた例 ©

パイプに固定するためのマウントも用意されています。こちらを利用すると、バイクや自転車に固定することができます。

アクセサリーは収納ケースで持ち運びが可能
アクセサリーは収納ケースで持ち運びが可能 ©

様々なアクセサリーが用意されていますが、付属の収納ケースで持ち運ぶことができるようになっています。

リモコンや三脚が付属

小型の三脚が付属
小型の三脚が付属 ©

リモコンは腕に装着でき、2つのボタンから映像や写真撮影が可能
リモコンは腕に装着でき、2つのボタンから映像や写真撮影が可能 ©

こちらは既に触れましたが、小型の三脚やリモコンも付属されています。

リモコンは腕に巻き付けて携帯することもできますので、移動時にもカメラを操作することなくシャッターを切ることができて便利です。ただしリモコンは防水対応ではないので水中撮影には使えないようです。この辺りは残念でした。

分かりやすい説明書

冒頭でも触れましたが、EKEN H6s 4K+アクションカメラは中国製のカメラです。

中国製の商品を購入すると、説明書が中国語であったり、不自然な日本語となっていて分かりにくいケースもあるかと思います。ですが、こちらの説明書はそういった印象がなく、イラストや図を交えて分かりやすい内容となって安心感があります。

取扱説明書の抜粋 その1
取扱説明書の抜粋 その1 ©

取扱説明書の抜粋 その2
取扱説明書の抜粋 その2 ©

Ads

カメラの大きさは?小さいの?

カメラは軽量で小さく、持ち運びが気軽にできるのが特徴です。名刺やカードと比べてみると、それよりも小さめのサイズ感です。

カメラ本体は名刺サイズよりも小柄
カメラ本体は名刺サイズよりも小柄 ©

自撮り棒やmicroSDカードは別途購入が必要

カメラでデータを記録するためにmicroSDカードの購入が必要になります。

カメラ本体の側面にmicroSDカードが挿入できる
カメラ本体の側面にmicroSDカードが挿入できる ©

今回、私もSDカードを購入したんですが、AmazonにあるこちらのSDカードで問題なく保存できました。

TOSHIBAのmicroSDカード。SDカードアダプタも付属している
TOSHIBAのmicroSDカード。SDカードアダプタも付属している ©

また、カップル動画や旅行先でお友達と撮影する時には自撮り棒(セルカ棒)があると便利です。

また、別売の自撮り棒や一般的な三脚を使うこともできます。

別売りの自撮り棒を組み合わせた例
別売りの自撮り棒を組み合わせた例 ©

スマホからカメラを操作するにはアプリが必要

EKEN H6s 4Kアクションカメラはスマートフォンから遠隔操作ができるようになっています。遠隔操作するにはEz iCam(無料アプリ)というアプリをインストールして使います。

Wi-Fiに接続する方法について

アプリを使ってスマートフォンから遠隔操作するには、Wi-Fi接続が必要となります。アクションカメラとスマートフォンをWi-Fi接続するには、次の手順で進めます。

  1. カメラを起動後にカメラのWi-Fiボタンを押します
  2. 液晶画面にWaiting for WiFi Connectionと表示されます
  3. スマホでWi-Fi接続を行ってください

    スマートフォンのWi-Fi設定で接続可能なネットワークの中にiCam-H6s-***という項目が新たに現れます。そちらを選択します。

  4. スマートフォンでEz iCamを起動する

上図「C」のWi-Fiボタンを押す
上図「C」のWi-Fiボタンを押す ©

カメラがWi-Fi接続待機画面になる
カメラがWi-Fi接続待機画面になる ©

スマホのWi-Fi設定で「iCam-H6s-***」というネットワークを選択
スマホのWi-Fi設定で「iCam-H6s-***」というネットワークを選択 ©

スマホアプリ「Ez iCam」の起動画面。「接続」をタップする
スマホアプリ「Ez iCam」の起動画面。「接続」をタップする ©

また、カメラのWi-Fiボタンを3秒押すとWi-Fi機能は停止し、Wi-Fi接続は解除されます。

スマホ遠隔操作で出来ることについて

スマートフォンアプリのEz iCamを使ってアクションカメラを操作すると、次のような事が出来ます。ざっくりまとめると、スマホを使ってリモコンのような操作ができるようになります。スマホの画面でリアルタイムに映像を映し出せるので便利です。

Ez iCamで出来ること
スマホから動画撮影を開始できる

スマートフォンからアクションカメラを操作できます。次の画像はiPhoneアプリのEz iCamを起動した時の設定画面です。

Ez iCamの操作画面
Ez iCamの操作画面 ©

アプリは感覚的で分かりやすいメニューになっています。赤いボタンで撮影を開始でき、右側にある緑色のアイコンで動画と写真撮影モードを切り替えできます。また、左側のアイコンで撮影画像を確認できます。

カメラに写ってる映像をスマホで確認できる

先ほどの画像にもあるように、アクションカメラに写っている映像をスマホでリアルタイムに確認しながら撮影する事ができます。自撮りや集合写真を撮るのに便利ですよね。

撮影モードを変更できる(写真や動画など)

先ほども触れましたが、アクションカメラの撮影モードを自由に切り替える事ができます。モードの切り替えは、赤いボタンの右側にある緑色のアイコンで可能です。

動画や写真のサイズを変更できる

スマートフォンから撮影サイズを変更する事ができます。変更するには左上の4Kという文字をタップします。タップすると撮影サイズの設定画面が表示されます。

Ez iCamの撮影サイズ変更設定
Ez iCamの撮影サイズ変更設定 ©

スマホに撮影データを転送できる

アクションカメラで撮影したデータを確認したり、スマホに保存する事ができます。

Ez iCamのプレビュー画面
Ez iCamのプレビュー画面 ©

保存したデータはInstagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)などのSNSに投稿できます。

私も実際にスマートフォンからアクションカメラをリモートで操作してみたんですが、集合写真や近寄れないものの撮影、障害物があって、高い位置から撮影したい時には役に立ちました。

 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景やポートレートを写真撮影しています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください。

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

EKEN H6s 4Kアクションカメラは動画の画質が良好で安い中華カムでした https://photo-tea.com/p/1805/eken-h6s-4k-action-camera-review/

Ads
 おすすめ記事
Ads
 作例掲載