海外旅行やGWなどのお出かけでインスタ映えな写真や映像が撮れるカメラとしておすめなのが、ドローンのDJI Mavic Airです。恋人同士・ご友人との旅行やご家族の思い出を上空から映像撮影して驚かせましょう!

今回はドローンで撮影した作例や機能について簡単にご紹介します。

目次

ドローンで撮った映像や写真

特に、今回ご紹介するDJI Mavic Airを使うと、地球から覗き込んだような映像が手軽に撮れるようになります。例えばこちらです。

上の映像はドローンで撮影したあと、ドローンを操縦するときに使うアプリDJI Go4で簡単に映像編集をしたものです。ドローンでは、こんな感じの映像が簡単に作れちゃいます。DJI Mavic AirはAmazonなどのインターネットショップで購入ができます。

また、最近では1万円前後のドローンも売られています。中でもTelloという機種が人気です。

DJI Mavic Air本体
DJI Mavic Air本体 ©

川や海岸や砂浜、登山やキャンプなどで映画のような迫力あるシーンを撮ることができます。

一味違った雰囲気の映像で周りに差を付けましょう!小惑星のような映像や、上空から撮影した写真はinstagramにアップすると驚かれること間違いなしです。

詳しいレビューはこちらをご覧ください。

ドローンの飛ばし方については、下記をご覧ください。

スポンサーリンク

空から写真や映像撮影もできちゃう

また、Mavic Airでは一般的な空撮写真も撮ることができます。

Octopus island  | DJI Mavic Air
 Octopus island | DJI Mavic Air ©

上空100mくらいでこんな写真が撮れました(^◯^)鳥になった気分で青い海やビーチを楽しむこともできて楽しかったです。

Octopus island  |  DJI Mavic Air
 Octopus island | DJI Mavic Air ©

このドローンは専用のポーチも付属しているので、とってもコンパクトです。スマートフォンを分厚くしたようなサイズ感なので、カバンに入れても邪魔にならない大きさです。

ドローン本体が収納可能なポーチも付属されている
ドローン本体が収納可能なポーチも付属されている ©

他に買う必要がある物ってあるの?

ドローンの撮影のときに必要になるのがSDカードです。SDカードに撮影した動画や写真を記録することができます。Mavic AirではこちらのSDカードがおすすめです。

私も実際に使用しているSDカードです。動画を長時間撮影したり、写真を撮影するのも十分な容量でした。

U3に対応したSDカード
U3に対応したSDカード ©

SDカードについてはこちらをご覧ください。

フライモアコンボとスタンダードの違いについて

また、Mavic Airを購入する際にはflymoreコンボ(フライモアコンボ)というバージョンと、スタンダードというバージョンが用意されています。そちらの違いについては別の記事で詳しく解説していますので、どちらが良いのか迷ったら下記をご覧ください。

家族旅行やカップルのセルフィー、ご友人との集合写真にオススメなので、ぜひ楽しい思い出を記録するためにゲットしてみてはいかがでしょうか。

一眼レフやミラーレス、スマホに取り付ける自撮り棒も面白いのですが、ドローンでは今まで撮ったことがないポージングを楽しめて最高に楽しいですよ。最後にカメラ戦隊の映像をお届けます(笑)

スポンサーリンク
 関連する記事