ドローンのDJI Mavic Airをゲットしましたので、上空から撮影した動画や写真、ドローンの外観をレビューしたいと思います。DJI Mavic Airは白・赤・黒のカラーバリエーションが用意されているのですが、ホワイトを選んでみました。

ドローン本体(プロペラアームを広げた状態)
ドローン本体(プロペラアームを広げた状態) ©

Octopus island  | DJI Mavic Air
 Octopus island | DJI Mavic Air  photo by tea ©

また、ドローンの飛ばし方については以下の記事が参考になります。

DJI Mavic Airの簡単な飛ばし方を解説!ドローンの使い方を覚えよう

目次

DJI Mavic Airで撮影した動画や写真をレビュー

実際にDJI Mavic Airを飛ばしてみましたが、ドローンでこんな映像を楽しむことができました。

みんなで遊ぶと盛り上がること間違いなし!

撮影した映像はスマートフォン用アプリのDJI Go4で編集したり、動画にBGMを付けることができます。その他、映像撮影で使ってる機材については別の解説記事をご覧ください。

最近では、1万円前後で買えちゃうドローンTelloも登場しており人気沸騰中です。

Telloの10倍くらいするDJI Mavic Airですが、続いては中身を見ていきましょう。

スポンサーリンク

DJI Mavic Airの外観写真

DJI Mavic Airの見た目はこちらの写真になります。

ドローン本体(プロペラアームを広げた状態)
ドローン本体(プロペラアームを広げた状態) ©

持ち運ぶ際にはプロペラアームを折りたたんでコンパクトにすることができます。

ドローン本体(プロペラアームを折りたたんだ状態)
ドローン本体(プロペラアームを折りたたんだ状態) ©

折りたたんだ時の大きさは、スマートフォンを分厚くしたようなサイズ感となります。

手の大きさとの比較
手の大きさとの比較 ©

男性の手と比較すると、ちょうど手の平くらいの横幅と奥行きになるので、持ち運んでも苦になりません。

DJI Mavic Airのカバンやポーチケース

DJI Mavic Airを購入時にはポーチケースが付属します。ケースの内部にはクッション材が入っているので、ドローンを多少の衝撃でも安全に守ることができます。

ドローン本体が収納可能なポーチも付属されている
ドローン本体が収納可能なポーチも付属されている ©

カメラや荷物を入れるカバンやバッグの中に、ドローンを入れて持ち運べるので、旅行などでも気軽に上空の写真を楽しむことができます。また、DJI Mavic Air Flymoreコンボ(フライモアコンボ)というバージョンを選ぶと、下記のような専用バッグも付属してきます。

DJI Mavic Air用のバッグ
DJI Mavic Air用のバッグ ©

バッグには予備のバッテリーやリモコン送信機、ドローン本体を収納できるようになっています。フライモアコンボとその他の違いについては、こちらが参考になります。

DJI Mavic AirのFlymoreコンボとスタンダードの違いについて写真で解説

リモコンやバッテリー3個が収納できる
リモコンやバッテリー3個が収納できる ©

ドローン本体も上層のスペースに収納が可能
ドローン本体も上層のスペースに収納が可能 ©

ドローン専用バッグはよく出来ていて、空撮を楽しむための付属品をコンパクトに持ち運びできます。

DJI Mavic Airのリモコン送信機(プロポ)

またドローンを操縦するリモコン送信機もついてくるので、ラジコンのような操作感で空のフライトを楽しむことができます。

リモコン送信機
リモコン送信機 ©

リモコン送信機を使うには、手元のスマホやタブレットを利用します。操縦するために使うアプリGJI Go4を予めインストールしておきます。

リモコン送信機にスマートフォンを装着した様子
リモコン送信機にスマートフォンを装着した様子 ©

スポンサーリンク
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 記事名とURLをコピーする

DJI Mavic Airの外観と実写レビュー。ドローンで空撮映像を撮ってきた話 https://photo-tea.com/p/1804/dji-mavic-air-review-flymore-combo/

 関連する記事
 作例掲載