この記事を書いてる人: 
tea

Sony α7III(ilce-7m3)を購入しましたので、カメラの外観や各種ボタンについてレビューしたいと思います。

Ads

目次

ソニーα7IIIとレンズの装着例

Sony α7IIIとレンズFE 12-24mm F4 Gの装着例
Sony α7IIIとレンズFE 12-24mm F4 Gの装着例 ©

軽量でコンパクトなFE 12-24mm F4 Gという超広角レンズを付けて撮影してみました。

Sony α7RIIとFE12-24mm F4Gの組み合わせで動画を撮影してみましたが、迫力ある映像が楽しめました。

動画撮影の機材については別の記事をご覧ください。それでは外観写真で詳しく見ていきたいと思います。また、Sony α7IIIに関するアクセサリーやレンズについてはこちらをご覧ください。

α7IIIのアクセサリーや付属品について
α7IIIを購入したら一緒におすすめしたいアイテムや付属品のまとめ
α7IIIにおすすめのレンズについて
Sony α7III(a7m3)でおすすめのレンズ一覧|個性的なレンズで写真を満喫しよう

Ads

開封の儀。元箱と付属品について

まずはSony α7IIIの付属品を見ていきたいと思います。箱の外観は黒とオレンジが特徴的です。

Sony α7IIIの元箱
Sony α7IIIの元箱 ©

カメラ本体は旧モデルのSony α7IIよりも分厚くなった外見です。カメラグリップも握りやすくなり、重たいレンズを装着しても撮影しやすい印象です。

Sony α7IIIカメラ本体
Sony α7IIIカメラ本体 ©

付属品は取扱説明書や、専用バッテリーのNP-FZ100や充電するためのUSBケーブル・ACアダプター(電源プラグ)、そしてカメラストラップが入っています。

Sony α7IIIの付属品(取説・保証書を除く)
Sony α7IIIの付属品(取説・保証書を除く) ©

Sony α7IIIの背面液晶

Sony α7IIIの背面液晶
Sony α7IIIの背面液晶 ©

Sony α7IIIの背面液晶は、92万ドットのタッチパネル式液晶となっています。

タッチパネル操作では液晶パネルを触ると、フォーカスポイントを移動させることができます。タッチパネル操作には以下の2種類のモードがあります。

  • タッチパネル操作

    背面液晶モニターを表示させながらタッチ操作を行うと、フォーカスポイントを移動させる事ができる

  • タッチパッド操作

    電子ビューファインダー表示時に消灯している背面液晶をタッチ操作すると、フォーカスポイントを移動させる事ができる

こちらのタッチ操作領域は自由にカスタマイズが可能となっています。使い勝手が良いので、個人的にはジョイスティックよりも気に入りました。今後はタッチパネルを活用していきたいです。

また、タッチパネル操作の機能は有効・無効の切り替えが可能です。これは誤ってタッチしてしまうのを防ぐのに便利な機能だと思いました。購入直後のデフォルト設定では、カメラ背面にあるゴミ箱のアイコンのボタンでON/OFFの切り替えが可能となっています。こちらは後から違うボタンに割り当てることも可能です。

残念ながら、旧機種のα7IIやSony α7RII(a7r2)は122万ドットの背面液晶なのですが、α7IIIは92万ドットの背面液晶となっています。

また、上位機種であるSony α9やSony α7RIII(a7r3)は144万の背面液晶です。α9やα7RIIIと比べると見劣りするスペックですが、実際にα7IIIを手に取ってみると画素数の違いはあまり感じませんでした。

α7IIIの各種ボタン・ダイヤル外観

Sony α7IIIではカメラ上面と背面にいくつかのボタンが配置されています。

カメラ上面ではシャッターボタン、撮影モードダイヤルや、露出補正ダイヤル、また自由な設定を割り当てることができるカスタムボタンのC1C2ボタンが備わっています。

カメラ上面に配置されたボタン・ダイヤル各種
カメラ上面に配置されたボタン・ダイヤル各種 ©

またカメラ背面では、各種ボタンが備わっています。

カメラ背面に配置されたボタン各種
カメラ背面に配置されたボタン各種 ©

詳しく見ていくと、電子ビューファインダーの左側にカスタムボタンのC3とメニューボタンが備わっています。

また、背面液晶の右側には

  • 動画開始ボタン
  • AF-ONボタン
  • AE-Lボタン

    露出を固定する自動露出ロックボタン

  • ジョイスティック

    オートフォーカスのポイントを移動操作できる

  • Fnボタン(ファンクションボタン)

    画面上にメニュー群を表示できる。ファンクションメニューはカスタマイズが可能

  • ホイールボタン

    ホイール回転により、撮影した写真の移動や、上ボタン(DISP)による表示内容の切り替え、左ボタンによりセルフタイマーや連写モードへの切り替え、右ボタンによりISO感度の設定ができる

  • 撮影プレビューボタン

    撮影した写真の表示ができる

  • ゴミ箱ボタン・カスタムボタンC4

    撮影した写真の削除や、タッチパネル操作のON・OFF、また自由な項目が割り当てられるカスタムボタンとして使用可能

が備わっており、カメラの設定メニューからカスタマイズが自由にできます。

α7IIIの各端子について

Sony α7IIIの側面に備わっている各端子
Sony α7IIIの側面に備わっている各端子 ©

Sony α7IIIでは音声入出力や映像出力、データ通信・USB充電に対応しています。具体的には

などの端子が備わっています。

データ通信・USB充電用の端子が2種類用意されているので、どちらか一方で充電や通信が可能となります。USB Type-Cの端子では、USB3.1に対応したPCとUSB Type-Cのケーブルを使うと、より高速なデータ通信が可能になります。

α7IIIのUSB充電

Sony α7IIIでは付属品のUSBケーブルを使って充電を行います。

Sony α7IIIは付属されているUSBケーブルに繋いで充電を行う
Sony α7IIIは付属されているUSBケーブルに繋いで充電を行う ©

USBの差し口が下の方にあるため、USBケーブルを差しづらいのが難点です。

カメラをUSBケーブルと電源に繋いで充電したくない方や、バッテリーをカメラ本体から取り出して充電したい方は、次のような専用充電器があると良さそうです。

上記のような純正の充電器以外にも互換製品もあるようです。

α7IIIに対応してるSDカード

こちらはSony α7III購入時の内容物には含まれていないのですが、高速書き込みに対応しているSDカードと液晶保護フィルムを事前に購入されると良さそうです。

私はこちらのSanDisk SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-IIを買ってみました。

サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-II
サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-II ©

これまではSony α7RIIを使っていたのですが、今まで使っていたSDカードとは違いUHS-IIという新しい規格の製品を買いました。

詳しくはこちらでまとめていますので、ご覧ください。

過去の記事
Sony α7III(a7m3)のSDXCカードのオススメはこれだ

α7IIIに対応した液晶保護フィルム

こちらもSony α7III購入時の内容物に含まれていないのですが、液晶保護フィルムも購入しておくと良さそうです。

私はこちらのAKUBAの液晶保護フィルムを買ってみました。

HAKUBAの液晶保護フィルム。α7IIIにも問題なく使えました
HAKUBAの液晶保護フィルム。α7IIIにも問題なく使えました ©

Ads
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 プロフィール

 ポートフォリオ

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

Sony α7IIIのレビュー。外観の写真と各ボタン・背面液晶・外部入出力端子について https://photo-tea.com/p/1803/sony-a7iii-camera-review/

Ads
 おすすめ記事
 作例掲載