この記事を書いてる人: 
tea

Sony FE 100mm F2.8 T5.6 STF GM OSSが発表されました。

GLOWING AUTUMN | Sony A7R2 + Laowa 105mm F2 Bokeh Dreamer
 GLOWING AUTUMN | Sony A7R2 + Laowa 105mm F2 Bokeh Dreamer  photo by tea ©

上記の作例は別のレンズなのですが、ポートレート撮影で100mmSTFをぜひ使ってみたいです(^^)

STFとは何か?

STFとはレンズ内部に周りが暗くなる特殊なレンズを付属させたレンズの事で、レンズのボケがなだらかなのが特徴です。STFは、10年前に発売されたSONY 135mm F2.8 T4.5 STFが始まりでした。

そして今日までの10年、STFレンズが新たに登場することがなかったのですが、ミラーレスのSony α7が発表され、ついにミラーレスで使えるレンズとなり蘇りました。Sonyの135mmと異なるのは、手ブレ補正やオートフォーカスが使える事です。レンズの使い勝手もかなり進化しています!

現在はポートレート用のレンズとして、Laowa 105mm f2 Bokeh Dreamerを所有しています。

Pokegirl #5 Osu street | α7R2 + Laowa 105mm F2 Bokeh Dreamer
 Pokegirl #5 Osu street | α7R2 + Laowa 105mm F2 Bokeh Dreamer  photo by tea ©

Laowa 105mm f2の作例はいくつかありますので、もし興味がございましたらご覧ください。

Laowa105mmはボケドリーマーという名前にふさわしく、前ボケと後ボケがとても綺麗なレンズです。逆光性能の低さなど個性の詰まった1本でお気に入りなのですが、いざ本家のFE100mm GM STFが発表されると、こちらも気になっちゃいますね(笑)

FE 100mmGMは

  • こってり、キレキレな描写
  • CGのような前ボケと後ボケ
  • オートフォーカスに手ブレ補正付き
  • 被写体に寄れる(最大撮影倍率は1/4)

と、ほぼ隙きのないレンズになりそうです。一つ気になるのが開放でT5.6というズームレンズ並みの暗さですが、ここはユーザーレビューで賛否が分かれそうです。

ボケ味については、過去のブログでもLaowaと135mmSTFの比較レビューなどで触れましたが、やはり135mmSTFのボケ味は別格です。100mmも同様の描写となりそうです。

小さな魔法の杖
ここ数年で中望遠レンズのラインナップが劇的に充実した。気になる中望遠レンズを、子供のポートーレートを撮りながら振り返ってみた。
コキアでポートレートを撮った(α7RiiとLaowa 105mm f2 Bokeh Dreamer)
Laowa 105mmも素晴らしい写りで、FE 100mm F2.8 T5.6 STF GM OSSには無い個性があると予想している。
夕日を愛でる(FE 90mm F2.8 MACRO G OSSポートレート撮影レビュー)
マクロレンズのFE90mmF2.8MACROも違った側面で個性があって面白い。

おお…ここ数年のレンズの充実ぶりに、悩ましい日々を送りそうです。レンズ生えてくればいいのにww

キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA
 キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA  photo by tea ©

ボケ味や解像度、オートフォーカス、逆光耐性などの各性能も気になりますが、CP+2017も近いこともあり、作例やレビューが早期に上がってくるかと思います。これからの追加情報に期待したいと思います(^ ^)

Ads
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

ゆるふわポートレートや自然風景を撮影しています。その他の趣味は音楽制作/メダカの鑑賞/web。撮影や写真掲載・寄稿等のご依頼もお待ちしてます。お問い合わせは以下のフォームまたはSNSよりお願い致します。

 お問い合わせ

 撮影のご依頼

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

Sony FE 100mm F2.8 STF GM OSSの発売。ボケ味や解像度、レビューは? - TPB
https://photo-tea.com/p/17/sony-fe-100mm-f28-stf-gm-oss/

 おすすめ記事
Ads
 作例掲載