SIGMA 24-70mm f2.8 DG OS HSM Artが発表されました。

キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA
 キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA ©

ポートレートから風景までカバーできる大三元として期待が高まります。

このレンズの他にもCP+を前に、SIGMAから気になるレンズが沢山発表されました!

  • SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art
  • SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
  • SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art
  • SIGMA 14mm F1.8 DG HSM Art
スポンサーリンク

星撮りに活躍しそうな14mmや、ポートレートに有利な135mm、そして持ち運びしやすい100-400mmなど、シグマのレンズの充実ぶりが、さらに加速しそうです。

キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA
 キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA ©

いやーほんと凄い…。こちらの軍資金は加速に追いつけず辛いんですが、なんとかならないでしょうか(笑)この数年で各カメラメーカーから大三元の24-70mm F2.8が新たにリリースまたはアップグレードされて、レンズは大豊作の時期となりました。

気になるのが解像度、オートフォーカス、逆光耐性、隅やその周辺の解像度などの各性能ですが、果たしてどうなるのか楽しみです。CP+の矢先ということもあって、早い段階で作例やレビューが上がってくるかと思いますので、近々報告される写りのレビューを待ちたいと思います(^ ^)

スポンサーリンク
 関連する記事