PCやiPhoneなどで、自分の声をナレーションやテロップとして録音したい場面が増えてきました。今回は、音声を綺麗に録音するための方法やおすすめのマイクをご紹介していきます。簡単な方法をすぐに確認したい場合はマイク録音に必要なものの解説をご覧ください。

当ページでは、安くて手軽に始められる録音方法から、別売りのマイクを使って本格的に録音する方法まで順番にまとめました。

マイクには様々なタイプがあります。調べていくうちに深みにハマってしまいました(^^;)

用途や目的によっては、ここまで揃える必要はありませんので、どうかご安心ください(笑)詳しくは順番にご説明します。また、一般的なノートPCやMacbook AirやMacbook Proには内蔵マイクやマイク端子が備わっているモデルが多いです。つまり、マイクが内蔵されているPCでは、そのままでも音声を録音することができます。

だたし「サー」というノイズ音(ホワイトノイズ)や、環境音、音の厚みまでしっかり録音しようとすると案外難しいものです。私も実際にノイズが気になり、色々なマイクを触れる事になりました。

まず先に結論ですが、PCの音声録音では、次の3つを揃えるのが価格と音質のバランスが良くてオススメです。

  • Rode SmartLab+ (マイク)

    価格と性能のバランスが良いピンマイクです。iPhoneに直接挿して録音する事もでき、スマホで録音したい方はこちらのマイクを揃えるだけでOKです。新しいiPhone7やX/XS/XRなどの、イヤホン端子が無いモデルでは変換コードが必要です。

  • USBサウンドカード

    マイク端子の無いPCでもマイクが使えるようになるUSB機器です。マイク端子が備わっている端末では購入しなくてもOKです。

  • TRRS-TRS変換アダプター

    Rode SmartLab+の様なiPhone用マイクとUSBサウンドカードを接続するための変換コードです。iPhone用のマイクを一般的なマイク端子に変換するケーブルです。

初心者から本格的な録音をする方法まで順番にご紹介していきます。今回はMacBookで使用する方法を例に挙げて解説しますが、Windowsでも同じように参考になるかと思いますので御覧ください。LINEやSkype、Zoomなどで行うチャットやYoutube配信、ニコニコ生放送などを始めたい方の参考になれば幸いです。

目次

スポンサーリンク

マイク付きイヤホンをPCに接続して録音する

まず初めに、最も安くて簡単に済む方法からご紹介します。

MacBookやWindowsのPCには3.5mm 4極ピンプラグ(別名:TRRSと呼ばれる)というヘッドフォン端子が備わっているモデルが多くあり、そういったモデルではイヤホンマイクの内蔵マイクを使う事ができます。

イヤホンはiPhoneやAndroidなどでも使えるもので十分です。また、ヘッドフォン端子が備わっていないパソコンでは、このあとで紹介するUSBサウンドカードを利用するのがおすすめです。

マイク端子が無いPCでマイクを接続する方法

最新のMacBookやWindowsのノートPCでは、マイク端子が備わっていないモデルもあり、マイクが挿入できないPCが増えています。そんな時は、以下で解説されている方法がおすすめです。

スポンサーリンク

本格的なピンマイクで録音しよう(iPhoneに直接挿せるマイク)

前述のピンマイクでもそれなりに音声を録音する事ができるのですが、ホワイトノイズが乗ってしまったり、録音性能が少し物足りない印象に感じるかもしれません。私は少し上のランクのマイクが欲しくなって、以下の製品を後から購入しました。

こちらの製品はiPhoneのイヤホン端子に挿して録音できるマイクです。同じようにMacBookやAndroidでも、4極ピンプラグ(TRRS端子)があれば挿入して使用することができます。

実際に使ってみると、Rode SmartLab+は口元の音声をしっかり録音してくれる優れものでした。付属されているウインドスクリーン(風防)のお陰で、クリアに音声を録音できて非常に満足度が高かったです。

イヤホン端子が無いiPhoneでイヤホンマイクを接続するには

最新のiPhone7以降のモデル(iPhone X/XS/XR/7 Plusなど)はイヤホン端子が廃止されています。こういった機種では、以下のような変換アダプタが更に必要です。

上記製品のミニジャック端子に、マイクまたはイヤホン、イヤホンマイクを挿入できます。

イヤホンとマイクを別々に挿入できる分配端子

イヤホンと専用マイクを別々に使用したいケースでは、前述で紹介した変換アダプターに加えて、以下のような変換ケーブルを用意します。

上記にRode SmartLav+を挿入するには、更に以下の変換アダプターが必要になります。

PCでイヤホンとマイクを別々に挿入できるUSB端子

MacなどのPCにRodeSmartLab+を挿入し、イヤホンでも音声を確認したい時には、冒頭でもご紹介したUSBサウンドカードがおすすめです。

またUSBサウンドカードやPCのマイク端子はTRSと呼ばれるタイプになっており、以下のような変換ケーブルで一旦変換する必要があります。こちらも揃えておきましょう。

続いて、より本格的な録音環境についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ICレコーダとラベリアマイクで複数人の声を同時に録音

さらに上を目指したい方や、複数人の声を同時に録音したい場合にはICレコーダーやミキサーを使うのがオススメです。私の場合はライブ撮影やインタビュー、映画の撮影でICレコーダーを使っています。録音例はこちらの動画をご覧ください。

ICレコーダーは、ミキサー機能も付いているZOOM H6がおすすめです。

先ほどご紹介した動画ではZOOM H6の付属マイクとガンマイクを組み合わせてライブ演奏を撮影してみました。

Zoom H6は4つのマイクを接続できます。更に交換式のマイクを含めると1〜2つの音声も追加で録音できます。電源供給ができない屋外やカメラに装着して音声収録をしたいときに最適です。

また、入力端子はXLRタイプコネクター(キャノン)を採用しており、ノイズの少ない音声を収録できるのが特徴です。例えばラベリアマイクと呼ばれるピンマイクを接続できるのですが、下記のようなマイクが利用できます。

以下のYoutube動画は、Comica-CVM-V020をZoom H6とPCに繋いで音声録音した内容です。

エアコンやPCファンの音を拾っていますが、個人的には満足できる録音性能だと思いました。

もちろん、ピンマイクだけでなくショットガンマイクやアンビエンスマイクなども接続できます。Youtubeのコンテンツ、映画の音声収録やインタビュー対談動画などの撮影でも非常に便利です。

また、ZOOM H6はPCにUSB接続すると、ZOOM H6に接続されたマイクの音源をミックスして、そのままPCへ音声入力させる事ができます。リアルタイム配信にも便利なので、様々な録音シーンに対応したい方には大変オススメです。

ZOOM H6で使えるマイクやアクセサリーについては別の記事で解説していますので、そちらもご覧ください。

遠くの音をガンマイクで録音する

屋外だけでなく、離れた位置にいる人物の声を録音したい時はガンマイクがおすすめです。

こちらはマイクを向けた方向にいる人物の声を中心に音声を集音できる指向性マイクです。マイクを向けた方向から離れた方角にいる音は拾いにくい特徴を持っているので、ピンポイント録音したい時におすすめです。

私の場合は、外で遊んでいる子供の声を撮影する時に使っています。また、Rode VideoMic Pro+には上記のようなウインドシールドも用意されています。屋外でマイクを使用する際には用意しておくと良さそうです。

PCと離れた場所で音声を録音するにはBluetooth

Youtubeの配信や、ライブ配信などの用途でやむを得ず離れた場所から音声を録音したいというケースがあります。そんな時はBluetoothのトランスミッターと呼ばれる機器を使うのがおすすめです。

こちらは送信機と受信機の2種類に切り替えができます。例えば

  • マイク側

    Bluetoothのトランスミッターを送信モード(TX)に設定し、マイクを接続。

  • PCやカメラ側

    Bluetoothのトランスミッターを受信モード(RX)に設定を設定し、MacBookなどのノートPCのマイク端子に接続。

このような構成で、ワイヤレスに音を送受信できます。ただし、プラグインパワー対応のマイクは挿入してもマイクが機能しないので注意が必要です。詳しい使い方やレビューは下記が参考になります。

プラグインパワーとファンタム電源って何?

マイク選びをする際にプラグインパワーやファントム電源という言葉をよく目にします。これらについても併せて解説したいと思います。マイクの電源タイプは主に

  • プラグインパワーで使用できるマイク
  • ファンタム電源で使用できるマイク
  • 内部バッテリーにより電源が不要なマイク

の3種類に分かれます。

プラグインパワー対応マイクとは?

マイクを使用する際には殆どの機材で電源が必要となります。プラグインパワーとは、3.5mmミニジャックのマイクを利用する際に、1.5V~10V程度の小さな電源供給が必要となる電源駆動タイプの事です。電力の規格については決まりが無く、マイクに必要な電力は機器によって異なるようです。iPhoneなどの3.5mmミニジャックでは、プラグインパワー供給機器でマイクを使うことができます。

逆に、プラグインパワー駆動に対応していない機器へマイクを接続するとマイクで音を拾ってくれない現象が起こる事もあります。接続する機器が電源を供給する仕様なのか確認してみましょう。

ファンタム電源対応マイクとは?

XLR端子(キャノン)と呼ばれる端子を採用しているマイクは12V、18V、24V、48Vの電圧(ファンタム電源)を必要とするタイプです。これらをファンタム電源と呼んでいます。多くのマイクは48Vの電圧が必要なマイクです。こちらは、前述したZOOM H6のようにICレコーダーやミキサーから電源供給して使用する事になります。

ファンタム電源でプラグインパワー対応マイクを使うのは危険

ファンタム電源を供給するICレコーダー等に、プラグインパワーで駆動するマイクを接続しないよう気をつけましょう。マイク故障の原因となるだけでなく、必要以上の電圧が掛かることになり大変危険です。

各マイクと電源供給タイプ

今回記事の中で挙げたマイクは、次のような電源で駆動するマイクです。

また、プラグインパワー駆動が不要なモードと、ファンタム電源供給の切り替えができるマイクも存在します。

スポンサーリンク
 関連する記事