Macbook AirやMacbook Proなどのノート型パソコンで外部マイクを挿して自分の声を録音したり、外部の音声を録音するために必要なものや導入方法を分かりやすく解説します。お使いのマックブックに、マイク端子が備わっていない時の対策方法として参考にしてください。

目次:マックブックでマイク録音する方法と必要なもの

macbookのマイク位置ってどこにあるの?

マックブックには内蔵マイクがあります。これはモデルによって異なりますが、イヤホンジャック端子が挿せる箇所や、キーボード側の側面に小さい穴が付いています。そこが内蔵マイクです。また、別売りのピンマイクを使ってキレイな音を録音することもできます。

MacBookにUSBサウンドカードとピンマイクを取り付けた様子
MacBookにUSBサウンドカードとピンマイクを取り付けた様子 ©

macでSkypeやLINE通話など音声チャットをしたい時にもマイクは便利です。外部マイクを導入するには、この後で解説するような機器が必要となります。

macbookで外部マイクを使う方法

macbook Airやmacbook Proでマイクを接続するには、以下のようなUSB端末とピンマイクを揃えるのが簡単でおすすめです。

接続している様子は冒頭の画像でも紹介しましたが、コンパクトで価格も安い方法なので、初心者の方でも手軽に導入できるかと思います。

スポンサーリンク

最近のmacbookではUSB Type-Cのハブも必要

近頃のmacbookではUSB端子がUSB Type-Cとなっています。SB Type-Cでは以下のようなUSBハブを利用して、USB3.0の端子へ変換するものが必要です。

macbookのmic端子を有効にする設定方法

前述で紹介したUSBサウンドカードをmacbookに挿すと、音声入出力の項目が新たに認識されます。USBサウンドカードのマイク端子やイヤホン端子を使用するには、以下のように設定変更を行います。

まずはデスクトップ画面にあるシステム環境設定を選択し、サウンドを選択します。

mac>システム環境設定>サウンド
mac>システム環境設定>サウンド ©

サウンド設定画面になりますので、出力タブの中でUSB Audio Deviceを選択します。

mac>システム環境設定>サウンド>出力
mac>システム環境設定>サウンド>出力 ©

次に、入力タブの中でUSB Audio Deviceを選択します。マイクからの音量は入力音量の項目から自由に調整できます。

mac>システム環境設定>サウンド>入力
mac>システム環境設定>サウンド>入力 ©

macbookでライン入力(LINE IN)を行う方法

ライン入力端子は、マイク端子とは異なり、CD音源やスマートフォン、TV、ゲームなどの音声をキャプチャーしたい時に使われる端子です。

macbookやiMacではマイク端子が備わっていないケースと同じように、LINE IN端子(ライン入力)が備わっていない事が多いです。ラインレベルの入力を行うには、以下のようなUSBオーディオインターフェースがおすすめです。

macで本格的なマイク録音環境を作りたい時は

Youtube配信やニコニコ動画などの配信など、音声を更にキレイに録音したい時は専用マイクを導入するのがおすすめです。詳しくはこちらの解説記事が参考になります。

スポンサーリンク
 関連する記事