照明機材用のライトスタンドや三脚などを1つにまとめて収納できる大型バッグを購入しましたので、感想をブログでまとめます。一度の撮影で大量の照明機材を持ち運ばなくてはならない時に役立ちます。

このライトスタンド用のバッグとカメラを並べてみたサイズ感は次の通りです。見た目はゴルフバッグのような雰囲気になりました(笑)

カメラとライトスタンド用バッグの大きさの比較
カメラとライトスタンド用バッグの大きさの比較 ©

中身はこのような感じで、写真用の三脚2本と一脚が1本、ライトスタンド3本、ストロボのソフトボックスなどを入れることができました!それでもかなり余裕があります。

ライトスタンドや三脚の収納例
ライトスタンドや三脚の収納例 ©

Neewerのバッグでは、ライトスタンド10本程度、三脚はサイズによりますが、中型サイズで4本は余裕で入ります。また、望遠鏡を収納して運搬するのにも使ってる方がいるようです。

内側は簡易的ですが、クッション剤も入っていて、外側からの衝撃や傷から守ってくれます。更には、おまけ程度ですが、3枚のセパレートも用意されていますので、複数の三脚を重ねて置く時も、間にクッションを挟んで積み上げる事ができます。

今回購入したNeewerのライトスタンド用収納バッグでは、サイズにいくつかの種類が用意されており、収納したいライトスタンドの本数や三脚の数、またソフトボックスなどの機材の量に応じて、好きなものを選ぶことができます。

ただし、収納ケースのサイズは大きさも様々なので、ライトスタンドや三脚がギリギリ入るか入らないキャリングケースも存在します。スタンドの長さは70cm程度あることが多いので、可能な限り90cm前後の長めのサイズを選ぶのがオススメです。

目次

ライトスタンドや三脚の収納例

普通の撮影であれば、三脚1本でも大丈夫だと思うのですが、映画の撮影や写真撮影で、タイプの異なる三脚を2、3本持ち歩くことが増えてきました。実際に購入したライトスタンド用のバッグへ、どれくらいの本数が入るのかパッキング例を見てみましょう。

三脚2種類と一脚1種類
三脚2種類と一脚1種類 ©

ライトスタンドや雲台、ソフトボックスなど
ライトスタンドや雲台、ソフトボックスなど ©

前半でもご紹介した収納例の中身ですが、これだけ詰め込ん混んでも更に余裕があります。更に、キャリングケースの側面には2つのポケットも用意されているので、ミニ三脚などの細かいパーツも仕舞うことができます。

サイドポケットも大容量
サイドポケットも大容量 ©

複数の三脚や一脚をまとめて収納できるキャリングバッグ

ということで今回は大量のカメラ三脚やビデオ三脚、一脚からライトスタンドまで1つのバッグに詰め込める製品の様子をブログで紹介しました!出張撮影や機材の運搬が多い方にはとってもオススメできるキャリングバッグですので、ぜひチェックしてみてください!

サイドポケットも大容量
サイドポケットも大容量 ©

キャリングケースとカメラの大きさ比較
キャリングケースとカメラの大きさ比較 ©

開閉の様子
開閉の様子 ©