実際に使った中華アクションカムの中で、私が選ぶオススメしたい製品をまとめました。

GoProに比べると、価格が圧倒的に安くてコスパの高いのが中国製カメラです。ですが、手ぶれ補正の有無やWi-Fiによる遠隔操作、液晶のタッチパネル操作や防水性能など各製品で特徴に違いがあります。欲しい機能に応じた4Kアクションカメラを選んでいきましょう。

目次:2020年オススメの4Kアクションカメラ比較

手ブレ補正が最強!使い勝手に優れた中華アクションカメラ

手ぶれ補正が強力で滑らかな映像を撮れる中華アクションカメラがこちらです。操作性の良さと、価格のバランスがとても良い製品になります。何を選んだら良いか分からない方は、こちらを選んでおくと、まず間違い無いと思うのが、このカメラです。

Youtubeの動画でも撮影例を解説していますので、ご覧ください。

MUSON MAX1 4Kアクションカメラ
MUSON MAX1 4Kアクションカメラ ©

アクションカメラで不満の声として度々上がるのが、内蔵マイクの性能。このアクションカメラでは、なんと専用マイクまで用意されています。

様々なアクセサリーが充実。中でもマイクが付属しているのが嬉しい
様々なアクセサリーが充実。中でもマイクが付属しているのが嬉しい ©

MUSON MAX1で撮影した写真例
MUSON MAX1で撮影した写真例 ©

詳しい解説は下記の記事も参考になります。

画質が優れているオススメ中華アクションカメラ

続いて、カメラレンズ正面にも液晶画面を備えたアクションカメラです。特に、自撮りしたい人にオススメです。

撮影した映像や何が出来るのかは以下のYoutube動画が参考になります。

自撮り撮影に最適な、正面に液晶パネルが搭載
自撮り撮影に最適な、正面に液晶パネルが搭載 ©

中華アクションカムも遂にここまで来たか😲…思わず唸ってしまう贅沢な仕様なのですが、価格設定が絶妙なんです!

中華アクションカムとしては珍しい、本体が防滴仕様(IPX7)に対応している
中華アクションカムとしては珍しい、本体が防滴仕様(IPX7)に対応している ©

もちろん、4K動画撮影は手ブレ補正にも対応しており、撮影した動画はきめ細かい印象です。更に、このカメラの凄いところは、ちょっとした雨ならば防水ケースに装着しなくても良い点です。バイクへカメラを直接装着してモトブログを撮影したり、川遊びやスノーボードにも、積極的に持ち出せるというのが嬉しいですね。

もちろん一般的な防水ケースもアクセサリーとして用意されています。潜水やダイビングなどでも問題なく使えます。詳しい説明は以下の記事が参考になります。

価格が安い中華アクションカメラAKASO V50X

続いておすすめなのが、コスパ重視のアクションカメラです。値段が安いわりに、手ブレ補正にも定評があり、機能も十分揃っているのが特徴です。

他機種と同じように手ぶれ補正を搭載している点や、アクセサリーも一通り揃っていることは嬉しいポイントです。

アクションカメラの本体
アクションカメラの本体 ©

Youtubeの動画でも撮影サンプルを公開していますので、音質や画質などもご覧ください。

詳しい解説は下記が参考になります。