防水ケースや外部マイクが付属しているMUSON(ムソン) MAX1 4K WIFI アクションカメラの外観や使用感想をブログで解説していきます。

MUSON MAX1は、40m防水に対応しているアクションカメラです。手ぶれ補正に対応し、最高画質で4K・60fpsまでの動画撮影を行うことができます。こちらはUSBケーブルから給電しドライブレコーダーとしても活用できます。写真撮影やタイムラプスにも対応。動画は4Kという大きな動画サイズやHD(フルハイビジョン)、写真撮影ができますので、様々な撮影に使用できます。

どのような撮影ができるのかは、Youtubeの動画でも解説していますので、ご覧ください。

MUSON MAX1 4Kアクションカメラの外観
MUSON MAX1 4Kアクションカメラの外観 ©

様々なアクセサリーが充実。中でもマイクが付属しているのが嬉しいポイント
様々なアクセサリーが充実。中でもマイクが付属しているのが嬉しいポイント ©

今回はメーカーのMUSON JAPANさんより、カメラの実機をご提供いただきました。40m防水対応のケースにより、旅行先で水中撮影をしたり、サーフィン、スキーやスノーボード、バイクの撮影にも便利です。アクションカメラはその他に次のようなものがあります。

それではMUSON MAX1について詳しく見ていきましょう。

目次:MUSON MAX1 4Kアクションカメラのレビュー

MUSON MAX1で撮影した写真撮影例

MUSON MAX1 4Kアクションカメラを使うと次のような写真が撮れました。全体的に自然な写りをしており、一般的に撮影が難しい太陽を入れた逆光の状態でも、キレイな写りをしていると感じました!

写真の方はMUSON MAX1本体で撮影した、そのままの画像を掲載させて頂きます。設定の方はオート(自動)で撮影しております。

MUSON MAX1で撮影した写真例
MUSON MAX1で撮影した写真例 ©

MUSON MAX1で撮影した写真例2
MUSON MAX1で撮影した写真例2 ©

本体の設定により、撮影日付表示を写真に記載させることも可能です。

MUSON MAX1で撮影した写真例3
MUSON MAX1で撮影した写真例3 ©

MUSON MAX1で撮影した写真例4
MUSON MAX1で撮影した写真例4 ©

アクションカメラは、地平線が湾曲して映る魚眼レンズのような効果の写真が撮れますが、こちらも本体の設定により補正をさせることが出来ます。まっすぐ写したい時には補正をオンにしておきましょう。

MUSON MAX1で撮影した写真例5
MUSON MAX1で撮影した写真例5 ©

続いて、太陽に向かって逆光で撮影してみました。ちょっとだけ意地悪な撮影テストになります。

写真撮影では太陽の位置によって写真の絵が破綻してしまう事が多いのですが、MUSON MAX1 4Kアクションカメラでは、とてもナチュラルに写っており、青空のグラーデーションも綺麗に写し出せました。

MUSON MAX1で撮影した太陽・逆光の写真例1
MUSON MAX1で撮影した太陽・逆光の写真例1 ©

ゴーストやフレアといった、カメラレンズ特有の現象も、非常によく抑えられていると感じます。逆光撮影でも積極的に撮影が楽しめそうです!

MUSON MAX1で撮影した太陽・逆光の写真例2
MUSON MAX1で撮影した太陽・逆光の写真例2 ©

MUSON MAX1で撮影した太陽・逆光の写真例3
MUSON MAX1で撮影した太陽・逆光の写真例3 ©

夏場の海で使用したり、スノーボードなどの屋外スポーツでも綺麗な撮影が楽しめるカメラだと思います。

MUSON MAX1で撮影した動画撮影例

MUSON MAX1 4Kアクションカメラで撮影した動画は冒頭でも掲載しているYoutubeで解説しています。

  • 手ぶれ補正の効果
  • スローモーション撮影
  • マイクを使用した際の音質の違い
  • ドライブレコーダーとして使用した撮影例
  • 4K60FPSや4K30FPSの画質の違い

上記の使用感想についてまとめていきます。

MUSON MAX1アクションカメラにおすすめのmicroSDカード

また、撮影にはmicroSDカードが必要になります。MUSON MAX1には128GBまでの容量に対応しています。おすすめのSDカードは、私も使っているこちらの東芝製SDカードです。

MUSON MAX1アクションカメラの外観

MUSON MAX1アクションカメラの外観を簡単に見ていきたいと思います。

アクションカメラの元箱
アクションカメラの元箱 ©

本体の外観と各入力端子

開封すると次のようなカメラ本体が入っています。

アクションカメラ本体の外観
アクションカメラ本体の外観 ©

本体側面にはSDカードやHDMI、USB端子、2.5mmのモノラル入力(マイクイン)端子が備わっています。

アクションカメラ本体の右側面に端子が備わっている
アクションカメラ本体の右側面に端子が備わっている ©

また本体裏面は液晶となっており、撮影画面や設定画面を確認できます。

アクションカメラ本体の背面液晶
アクションカメラ本体の背面液晶 ©

付属アクセサリーで防水やバイクへの装着ができる

後半でも解説しますが、アクセサリーが豊富に揃っていますので、色々な使い方ができます。

アクションカメラの使用例1
アクションカメラの使用例1 ©

付属の防水ケースによって外部からの水滴や水の侵入を防ぐこともできます。

アクションカメラの使用例2
アクションカメラの使用例2 ©

また、ヘルメットへ装着もできますので、ロードバイク中の撮影も可能です。

アクションカメラの使用例3
アクションカメラの使用例3 ©

アクションカメラの使用例4
アクションカメラの使用例4 ©

詳しい付属アクサリーの内容については後半で解説していきます。

マイクの音質を重視したい時は付属のマイクを使用できる

アクションカメラで不満として多いのが内蔵マイクの音質なのですが、MUSON MAX1では2.5mmのモノラルマイクに対応しており、付属のマイクを装着できます。

マイク接続の様子
マイク接続の様子 ©

但し、防止ケースでは無いため、水が侵入する場所では使用が難しくなります。簡易防滴でよければ付属のカバーを使用することも可能です。

背面にマイク用の穴が設けられたカバー
背面にマイク用の穴が設けられたカバー ©

MUSON MAX1アクションカメラの使い方

MUSON MAX1アクションカメラの簡単な操作方法を見ていきたいと思います。アクションカメラには次のように4つのボタンが備わっています。

アクションカメラのボタン
アクションカメラのボタン ©

こちらは付属される防水ケースの外からも同じ操作ができます。

防水ケースの外からもボタン操作が可能
防水ケースの外からもボタン操作が可能 ©

操作できる内容は次の通りです。

  1. 電源・モード切り替えボタン

    長押しするとカメラが電源ONとなります。また1回押すごとに「動画撮影モード」→「写真撮影モード」→「設定」の画面へ切り替わります。

  2. 撮影ボタン・決定ボタン

    動画または写真撮影モード時に押すと、撮影が始まります。設定画面では選択した項目の決定ができます。

  3. 上ボタン・Wi-Fi接続・拡大

    設定画面では選択項目の移動ができます。また、長押しするとWi-Fi接続待機モードとなり、スマートフォンアプリと接続できます。また、撮影中にはボタン長押しで拡大ができます。

  4. 下ボタン・縮小

    設定画面では選択項目の移動ができます。また、撮影中にはボタン長押しで縮小ができます。

MUSON MAX1アクションカメラのアクセサリー

続いて、MUSON MAX1 4Kアクションカメラに含まれるアクセサリーについて見ていきたいと思います。

アクションカメラに含まれるアクセサリー1
アクションカメラに含まれるアクセサリー1 ©

アクションカメラに含まれるアクセサリー2
アクションカメラに含まれるアクセサリー2 ©

アクションカメラに含まれるアクセサリー3
アクションカメラに含まれるアクセサリー3 ©

アクションカメラに含まれるアクセサリー4
アクションカメラに含まれるアクセサリー4 ©

アクションカメラに含まれるアクセサリー5
アクションカメラに含まれるアクセサリー5 ©

アクションカメラに含まれるアクセサリー6
アクションカメラに含まれるアクセサリー6 ©

各アクセサリーの名称はこちらになります。

アクセサリーの名称1(説明書より抜粋)
アクセサリーの名称1(説明書より抜粋) ©

アクセサリーの名称2(説明書より抜粋)
アクセサリーの名称2(説明書より抜粋) ©

特にリモコンとリモコン用ボタン電池が用意されているのは有り難いなと思いました!リモコンでは離れた位置から撮影を開始したり、付属品のリモコンストラップによって腕に巻き付けて装着できます。

アクセサリーで壁面やヘルメットへ装着する

購入時に付属されるアクセサリーは非常に豊富で、冒頭でも触れた通りマイクも含まれます。アクセサリーは例えば次のような組み合わせを作ることができます。

色んな箇所へ貼り付けて撮影するためのアクセサリー
色んな箇所へ貼り付けて撮影するためのアクセサリー ©

バラバラにするとこうなります
バラバラにするとこうなります ©

その他にも様々な使い方や組み合わせがあります。

アクセサリーの活用方法1(説明書より抜粋)
アクセサリーの活用方法1(説明書より抜粋) ©

アクセサリーの活用方法2(説明書より抜粋)
アクセサリーの活用方法2(説明書より抜粋) ©

予備バッテリーと充電方法について

MUSON MAX1 4Kアクションカメラは予備バッテリー付属しており、本体のバッテリーを含めると2つのバッテリーが用意されています。

バッテリーはカメラに装着されたものと、予備を合わせた2個が付属
バッテリーはカメラに装着されたものと、予備を合わせた2個が付属 ©

充電する際には、カメラ本体にUSBケーブルを接続して充電します。外出時はモバイルバッテリーを使って充電するのが大変便利です。

スマホ用の充電器や、モバイルバッテリーで充電が可能
スマホ用の充電器や、モバイルバッテリーで充電が可能 ©

私の場合は、以下のモバイルバッテリーを使っています。

またUSBからの電源供給によって、カメラを連続使用させることができます。USB接続を行っている場合は、バッテリーを入れなくても電源オンとなりますので、ドライブレコーダーとして活用できます。

日本語の取扱説明書について

取扱説明書は日本語となっており、操作方法が分かりやすく記載されています。

日本語の取扱説明書
日本語の取扱説明書 ©

スポンサーリンク