安い価格で買える中華アクションカメラDBPOWER 620C (4K WIFI アクションカメラ 1080PフルHD 1200万画素)の簡単な使い方と、カメラの外観や購入時に含まれる付属品を解説したいと思います。

また、大まかなレビューについては、以下の記事よりご覧ください。

DBPOWER 620Cのレビュー記事 | トップページ
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 1080PフルHD 1200万画素のレビュー
購入特典としてAmazonで利用できる20%OFFクーポンも掲載しています。

目次

DBPOWER 620Cの外観と付属品の内容

それではDBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 1080PフルHD 1200万画素(型番:620C)の外観と、中身を見ていきたいと思います。次のような外箱で届きました。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cの外箱
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cの外箱 ©

外箱を開けるとカメラを持ち運びできるキャリーケースが付属していました。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cのキャリーケース
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cのキャリーケース ©

キャリーケースはカメラ本体だけでなく、付属されている自撮り棒やアクセサリーなどが全て入ります。持ち運びには便利ですよね!

ケースやアクセサリが揃って8000円前後は安いと思います
ケースやアクセサリが揃って8000円前後は安いと思います ©

アクセサリーの内容については別の記事で詳しくまとめていますので、そちらをご覧ください。

DBPOWER 4Kアクションカメラ 620Cのアクセサリーと使用例を解説します

カメラ本体は防水ケースに入った状態で入っていました。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cの本体(防水ケース装着時)
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cの本体(防水ケース装着時) ©

防水ケースを開けると名刺サイズよりも小さいカメラ本体が出てきます。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cの本体
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 620Cの本体 ©

カメラ本体の外観については記事の後半で詳しく解説します。また、付属の取扱説明書は日本語となっており、分かりやすい内容となっています。

説明書は日本語で分かりやすい
説明書は日本語で分かりやすい ©

スポンサーリンク

DBPOWER 620Cのボタン操作について

アクションカメラのボタンは4つ備わっています。またボタンは防水ケースに装着した状態でも押す事ができますので、水中でも操作しやすいです。

アクションカメラの操作ボタン
アクションカメラの操作ボタン ©

ボタンは防水ケース装着時も操作が可能
ボタンは防水ケース装着時も操作が可能 ©

DBPOWER 620Cの使い方や撮影方法

アクションカメラでは、ボタンの操作をして撮影を行います。ボタンの操作内容は次の通りです。

アクションカメラの操作方法
アクションカメラの操作方法 ©

  1. 電源ONボタン(モード切り替えボタン)

    長押しすると、電源オンとなります。また再び長押しすると電源オフになります。

    また撮影時には1回押すごとにモード切り替えが行えます。具体的には動画撮影写真撮影連写撮影(バースト)タイムラプス設定の順番で切り替わります。

    また設定画面が表示中には、撮影画面に戻るボタンとして利用できます。

  2. 撮影ボタン(シャッターボタン)

    撮影画面が表示中にこのボタンを押すと、撮影ができます。また設定画面が表示中には決定ボタンとして利用できます。

  3. 上ボタン(プレビューボタン)

    撮影画面が表示中にこのボタンを押すと、撮影内容の確認ができます。また設定画面が表示中には、設定項目の移動ができます。

  4. 下ボタン(Wi-Fiボタン)

    撮影画面が表示中にこのボタンを押すと、Wi-Fi接続の待機状態になります。待機状態中にスマートフォンでWi-Fi接続するとアプリで遠隔操作が行えるようになります。また設定画面が表示中には、設定項目の移動ができます。

カメラ本体の外観と各端子について

続いて、DBPOWER 620Cのカメラ本体について詳しく見ていきたいと思います。DBPOWER 620Cは操作方法についての解説でもご紹介した通り、

  • カメラレンズ
  • ボタンが4つ
  • USB端子
  • HDMI端子
  • microSDカード挿入口
  • バッテリー挿入口
  • 背面液晶(2インチ)

が備わっています。正面の様子はこちらです。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 正面
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 正面 ©

背面液晶は2インチとなっており、タッチパネル操作には残念ながら非対応です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 背面液晶
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 背面液晶 ©

正面から見て右側面には上下のボタンが備わっています。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 右側面
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 右側面 ©

左側面にはmicroSDカード挿入口や充電するためのUSBケーブル端子、映像出力するためのmicro HDMI端子が備わっています。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 左側面
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 左側面 ©

各端子がむき出しになっているので、防水性能は全くありません(^^;)水中で撮影する際には防水ケースを装着してください。また、SDカードを挿入する際には、次のような向きで挿します。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ microSDカード挿入方向
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ microSDカード挿入方向 ©

SDカードの表面がカメラの液晶側になるように差し込みます。microSDカードは32GBから64GBまで対応していますが、中でもこちらがおすすめです。

またUSB端子では、モバイルバッテリーから充電することもできます。旅行などで移動時に充電したい時に便利ですね。

モバイルバッテリーから充電もできる
モバイルバッテリーから充電もできる ©

モバイルバッテリーはこちらがおすすめです。

また本体の底面にはバッテリーの挿入口があります。少し気になるのが、蓋が硬いことです。取り外しにくいのでマイナスドライバーや薄い金属があると、取り外しがしやすいです。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 底面
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 底面 ©

またバッテリーについては、予備バッテリーが1本付属しています。

バッテリーは予備を含めて2本付属している
バッテリーは予備を含めて2本付属している ©

スポンサーリンク
 記事名とURLをコピーする

DBPOWER 4Kアクションカメラ 620Cの使い方と外観を解説します https://photo-tea.com/p/1809/dbpower-620c-4k-action-camera-appearance/

 関連する記事
 作例掲載
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について