安い価格で買える中華アクションカメラDBPOWER 620C (4K WIFI アクションカメラ 1080PフルHD 1200万画素)に付属するアクセサリーとその使い方や活用例について解説します。

DBPOWER 620Cでは、防水ケースや自撮り棒、バイクヘルメットに取り付けられるアクセサリーなどが豊富に揃っています。今回はそのアクセサリーについて詳しく見ていきたいと思います。

アクセサリが豊富
アクセサリが豊富 ©

また、アクセサリー以外の大まかなレビューについては、以下の記事よりご覧ください。

DBPOWER 620Cのレビュー記事 | トップページ
DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ 1080PフルHD 1200万画素のレビュー
購入特典としてAmazonで利用できる20%OFFクーポンも掲載しています。

目次

キャリングケースの中にアクセサリーが豊富

DBPOWER 620Cを購入すると、持ち運びに便利なキャリングケースの中に付属品(アクセサリー)が沢山入っています。この値段で、この量は凄いと思いました!

キャリングケースにカメラを入れて持ち運びが可能
キャリングケースにカメラを入れて持ち運びが可能 ©

カメラだけでなく、アクセサリが全て入ります
カメラだけでなく、アクセサリが全て入ります ©

見た目はほぼ全部入り!といった感じですので、GoProのようにアクセサリーを追加購入する必要が無いのは嬉しいですね。それではアクセサリーの内容と使い方を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

DBPOWER 620Cのアクセサリーと使い方の例

DBPOWER 620Cでは非常に多くの付属品が入っています。一例を挙げるとこちらです。

付属するアクセサリー その1
付属するアクセサリー その1 ©

その他にも色々ありますが、詳しい解説は後半で行いたいと思います。

これらは防水ケースや、ヘルメット、バイクや自転車などに取り付けられるマウントと呼ばれるパーツです。付属の日本語取扱説明書には、使い方が載っていますのでイメージを掴みやすいかと思います。

アクセサリーの使用例(説明書より抜粋)
アクセサリーの使用例(説明書より抜粋) ©

使い方のバリエーションがとにかく豊富ですので、今回は私がよく使う組み合わせを3つご紹介したいと思います。

アクセサリーの組み立て方

アクセサリーの組み立て方については下記の動画で分かりやすく解説していますので、ご覧ください。

アクションカメラで自撮りするアクセサリー

旅行でカップルやご家族で集合写真を取るのに便利な組み合わせがこれです。

自撮りの例
自撮りの例 ©

DBPOWER 620Cでは自撮り棒が付属していますので、気軽に自身を撮影できます。また付属のリモコンを腕に巻き、ボタン操作で写真を撮影できます。実際に使用する際には、複数のアクセサリーを次のように組み合わせます。

バラバラにするとこうなります
バラバラにするとこうなります ©

リモコンは防水対応ではありません

リモコン操作できる事で便利なアクセサリーですが、こちらは防水には対応していません。水中で撮影を楽しみたいときには使用できませんので注意が必要です。

バイクや自転車に取り付けるアクセサリー

続いて、サイクリングやロードバイクをされる方におすすめの組み合わせです。DBPOWER 620Cでは、パイプ状の棒にカメラを固定することができます。

パイプ状の棒にカメラを固定できる
パイプ状の棒にカメラを固定できる ©

こちらもやはり、複数のアクセサリーを組み合わせて使います。

バラバラにするとこうなります
バラバラにするとこうなります ©

ヘルメットや車のガラスに装着するアクセサリー

最後に、ヘルメットに装着したアクションカメラから動画を撮影したり、車のドライブレコーダーとして使用する際の例です。

バイクや車のガラスに装着
バイクや車のガラスに装着 ©

アクセリーの終端には両面テープが貼ってありますので、好きな箇所へ貼ることができます。

バラバラにするとこうなります
バラバラにするとこうなります ©

スポンサーリンク

アクセサリーの内容を詳しくチェック

それでは付属されるアクセサリーの内容を見ていきましょう。各パーツの名前については、説明書が分かりやすいのです。まずは以下をご覧ください。

アクセサリーの名称(説明書より抜粋)
アクセサリーの名称(説明書より抜粋) ©

付属するアクセサリー その1
付属するアクセサリー その1 ©

付属するアクセサリー その2
付属するアクセサリー その2 ©

付属するアクセサリー その3
付属するアクセサリー その3 ©

自撮り棒
自撮り棒 ©

先ほどのアクセサリーの使い方でもご紹介しましたが、多くのパーツが揃っています。また予備バッテリーも1つありますので、本体のバッテリーを含めて2つのバッテリーが用意されています。

バッテリーが合計2個付属
バッテリーが合計2個付属 ©

充電する際には、カメラ本体にUSBケーブルを使って充電することができます。モバイルバッテリーをお持ちの場合は、そちらも使用できます。

スマホ用の充電器や、モバイルバッテリーで充電が可能
スマホ用の充電器や、モバイルバッテリーで充電が可能 ©

私の場合はこちらを使っています。

マイクの録音・集音性を優先できる背面パネル

アクションカメラの防水ケースの背面パネルは、次のように2種類のタイプが用意されています。

  • 防水パネル

    購入時に装着されているパネルです。こちらは水中でもカメラ撮影ができるように、防水対応となっています。

  • 切り込み穴付きのパネル

    アクセサリーとして付属するパネルです。両サイドに穴がありますので、音の録音を優先したい時に使います。ただし防水性能は考慮されていません。水中の仕様は控えましょう。

それでは詳しく見てみましょう。

防水ケースの背面は、2種類のパネルが付属
防水ケースの背面は、2種類のパネルが付属 ©

背面パネルは引っ張ると取り外す事ができるようになっています。

両端に切り込み穴があり、マイク集音を優先したパネル
両端に切り込み穴があり、マイク集音を優先したパネル ©

切り込み穴付きのパネルでは、上記の写真のように縦長の穴が備わっています。利用シーンに応じて使い分けできますが、遠目から見ると違いが分かりにくいので注意が必要です。うっかり水の中で切り込み穴付きのパネルを使わないように、気をつけてください(^^;)

スポンサーリンク
 記事名とURLをコピーする

DBPOWER 4Kアクションカメラ 620Cのアクセサリーと使用例を解説します https://photo-tea.com/p/1809/dbpower-620c-4k-action-camera-accessories/

 関連する記事
 作例掲載
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について