ZEISS Batis 2.8/135 (135mm f2.8)が発表間近のようです。Sony Eマウント向けの中望遠レンズとしてポートレートやボケを活かした撮影シーンで活躍しそうです。

キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA
 キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA  photo by tea ©
スポンサーリンク

ツアイスの発表したこれまでのレンズは、軽量コンパクトなものが多くラインナップされています。またレンズラインナップは

  • Batisシリーズ

    オートフォーカス搭載、LED目盛り搭載、流線型の外観デザイン

  • Loxiaシリーズ

    マニュアルフォーカス、絞り環、デクリック機能(絞りのクリック感を無効化)、金属感のあるデザイン

という、大きく分けて2種類に分けられたシリーズが用意されており、今回はBatisシリーズの新作です。最近発売されたLoxia 2.4/85と同じように持ち運びがしやすいスペックとなりそうですね。

中望遠レンズは、既に発売されて1年経とうとしているFE 85mm F1.4 GMや、最近発表されたSIGMA 135mm F1.8 DG Artがあるので、これらのレンズとどのように差別化してくるのか気になる所です。

本体価格はおそらく18万円前後だと思うので、自分だったら、値段が落ち着いた85mmGMかシグマの135mmF1.8+MC-11を選んでしまいそうですが、果たして…?(どちらにしても高いですね…)

そういえばこの数年間に、ポートレート用途のレンズが充実したので、どれを選ぶのか迷ってしまいそうですね(^^;)2万円を切る驚きの価格で買える、中一光学のCREATORシリーズもとても魅力です。

気になるのがボケ味や解像度、オートフォーカス、逆光耐性などの各性能ですが、果たしてどうなるのか楽しみです。ツアイスレンズはFlickrで画像サンプルが公開されることが多いので、続報が楽しみです。

スポンサーリンク
 関連する記事
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

愛知県を中心に人物写真や映像の撮影を行っています。その他に家電やIT・音楽・アクアリウムも関心があります。当サイトは、そんな好きな事を探求して発信を行う個人メディアです。

 お問い合わせ

 撮影のお問い合わせ

 ポートフォリオ

 著者・運営者について

 掲載中
レンズ作例の掲載「VenusOptics - LAOWA 105mm F2 Bokeh Dreamer」
ザ・ベストムービー大賞受賞「ビデオSALON(サロン)」
掲載「より身近な!真似できる!Views投稿者のレンズ選び」
レタッチ作例 2作品掲載「みんなのPhotoshop RAW現像教室」