価格が安くておすすめの4Kアクションカメラを3つまとめました。私が実際に使ったカメラの中から、各カメラの特徴を比較しコストパフォーマンスの良いものをご紹介します。アクションカメラの代表格と言えば、GoProですが、これからオススメする製品は10分の1程度の価格で購入することができるのが特徴です。手ぶれ補正やドラレコなどの機能性や撮影例を比較できる動画を用意してますので購入時の参考にして下さい。

目次:安くておすすめのアクションカメラ

価格と機能性のバランス性が良いアクションカメラ

最後におすすめするのは、液晶タッチパネル操作にも対応したMUSON MAX1です。

アクションカメラの撮影例はYoutubeの動画でも解説していますので、ご覧ください。

価格と性能のバランスが良く、手ぶれ補正や、アクセサリー、マイク、またドライブレコーダーに関する機能、防滴ケースが付属されており、機能性抜群のアクションカメラです。

MUSON MAX1 4Kアクションカメラ
MUSON MAX1 4Kアクションカメラ ©

MUSON MAX1で撮影した写真例
MUSON MAX1で撮影した写真例 ©

MUSON MAX1で撮影した写真例2
MUSON MAX1で撮影した写真例2 ©

製品に関するレビューは下記の記事をご覧ください。

コスパ抜群の安い4Kアクションカメラ

まず初めにオススメしたいのが、コストパフォーマンスが良いDBPOWER 620Cという中華アクションカメラです。

DBPOWER 620Cの特徴はアクセサリーが豊富に揃っていることです。予備バッテリーや防水ケース、ヘルメットやバイクに取り付け可能なパーツが同封されているので、スキーやスノーボード、ダイビングなどにもおすすめです。また。驚くことにカメラを持ち運びできるケースまで付属されています。

620Cはアクセサリが豊富
620Cはアクセサリが豊富 ©

この4Kアクションカメラで撮影した動画サンプルは下記をご覧ください。

また詳しいレビューについては、以下の記事で解説されており参考になります。

手ぶれ補正も搭載された安いアクションカメラ

続いて、おすすめなのが手ぶれ補正機能も搭載されているTENKER N5 proです。

TENKER N5 Proは分かりやすい操作メニューやアイコン、サブディスプレイを備えており操作が行いやすい製品です。

TENKER N5 pro 4Kアクションカメラの本体
TENKER N5 pro 4Kアクションカメラの本体 ©

液晶画面で写真したデータを確認している様子
液晶画面で写真したデータを確認している様子 ©

TENKER N5 Proで撮影した動画サンプルは以下が参考になります。

アクションカメラの詳しいレビューや使い方は以下の記事が参考になります。

1つ残念なところを挙げるとすれば、Wi-Fi接続時に使うアプリの操作方法が分かりづらい事です。スマホでWi-Fi遠隔操作を行う予定の方は、別の機種を選んだ方が良さそうです。