最近ではWindows XPで動作する外付けHDDも少なくなってきました。Windows XP用のドライバーがハードディスクの中に含まれておらず、XPのUSB端子に装着してもディスクとして認識しないケースが増えてきました。

今回は現状でも入手できる外付けHDDについてまとめてみました。

目次:現在でも入手可能なXP対応のHDDについて

Windows XP対応ハードディスク(IOデータ製)

まずオススメするのが、IOデータのHDDです。容量は2.0TB〜3.0TBです。対応OSはWindows XPだけでなくWindows VistaやMac OSX 10.4 Tiger 〜 10.6 Snow Leopardでも使用可能とされています。

現在は中古品も定期的に出品されており、高い確率で入手が可能です。また以下では新品もまだ入手可能なようです。

スポンサーリンク

Windows XP対応で持ち運びも便利な小型ハードディスク

容量はほどほどで良く、携帯性やコンパクトさを求めている方にはこちらがおすすめです。

現在はWindows XPのサポートが終了していますが、やむを得ず現在もXPで動かしたい内容があるときの参考にしてください。

スポンサーリンク
 関連する記事