この記事を書いてる人: 
tea

Lightroomでフィルムの特徴を再現するために、外で写真を撮ってきました。

光への階段! | Sony a7 + Ai Nikkor 50mm F1.2S + Lightroom original preset Fujifilm PRO400H
 光への階段! | Sony a7 + Ai Nikkor 50mm F1.2S + Lightroom original preset Fujifilm PRO400H  photo by tea ©

持ち出したフィルムはFuji filmのNATURA 1600です。NATURAは緑が強く出る傾向なのは知っていましたが、実際に撮ってみると趣きのある雰囲気で素敵です(^ ^)

Ads

まずはNATURA 1600で撮ってプリントしたあと、Sony α7でも現像します。室内になると温かい雰囲気に仕上がりますね。

Warmth of ash | Film Camera + FUJIFILM NATURA 1600
Warmth of ash | Film Camera + FUJIFILM NATURA 1600  photo by tea ©

ここから、フィルムの色を見てみます。

1
lrc NATURA1600

フィルムの本来の素の色が入りこみますので、これを元に、今度はSony α7で撮った写真にLightroomプリセット適用してみました。

Warmth of ash | Sony α7 + Lightroom FUJIFILM NATURA 1600 preset
Warmth of ash | Sony α7 + Lightroom FUJIFILM NATURA 1600 preset  photo by tea ©

プリセットの適用後、Lightroomの粒子を無効にして通常の質感に仕上げてみました。わずか短時間で想像していた以上にフィルム風現像することができました!続いて、暗がりでもう一枚撮ってみます。

steps | Film Camera + FUJIFILM NATURA 1600
steps | Film Camera + FUJIFILM NATURA 1600  photo by tea ©

ナチュラ1600を見るかりぎ、暗がりになると赤みが増してくるようですね。こちらも同様にSony α7で撮ったRAWデータを使って、Lightroomで再現させます。

steps | Sony α7 + Lightroom FUJIFILM NATURA 1600 preset
steps | Sony α7 + Lightroom FUJIFILM NATURA 1600 preset  photo by tea ©

ゆるふわ写真に仕上がりました。今度はライトルームの粒子設定を適度に上げてみました。

やはり粒子を使うかどうかでレトロな雰囲気も、フィルムらしさも随分と変わりますね。ハイライトの伸びが若干違うような気もしますが、なかなか再現性の高いプリセットに仕上がってるようです(^ ^)

同様にしてFUJIFILM PRO400hでも色を見たあと、そのフィルム風プリセットを元に、同じ場所で子供のポートレートをフィルム風RAW現像してみました。

PRO400hも緑が特徴的ですね。オールドレンズをα7に付けて撮影してみたのですが、オールドレンズならではの湿り気も相まって、かなり独特な雰囲気に仕上がったような気がします。

子供の写真をレトロに仕上げたかったので、これからこんな感じでLightroomのRAW現像を楽しんでみたいと思います。

Ads
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

フィルムの特徴をLightroomで再現する https://photo-tea.com/p/filmcolor-lightroom/

Ads
 おすすめ記事
 作例掲載