この記事を書いてる人: 
tea

APS-C用のレンズをフルサイズ(35mm)のカメラで使うとケラレという現象が起こることがあります。

Ads

目次

ケラレれてしまった写真の例

ケラれてしまった写真は例えば次のような写りになります。

ケラレてしまった写真。周りが暗いのが特徴。
ケラレてしまった写真。周りが暗いのが特徴。 ©

写真のように、周りがフチ塗りのように暗くなってしまいます。これがケラレです。

ケラレが発生する原因は、APS-C用レンズがフルサイズのような広い範囲を写す能力を備えていないからです。またレンズプロテクターやPLフィルター、NDフィルターを重ねて使用しても同様の現象が起こる事があります。

APS-C用のレンズはAPS-Cの範囲しか写らない
APS-C用のレンズはAPS-Cの範囲しか写らない ©

フルサイズとAPS-Cの違いについては以下の記事をご覧ください。

過去の記事
フルサイズ(35mm)とAPS-Cの違いやケラレの注意点について

APS-C用レンズはフルサイズに対応していない分、レンズの価格が安く抑えられていたり、重量が軽くなるなど、良い面もあります。しかしフルサイズのカメラで使用すると、上記のように周りが暗い枠のように写り込む事があります。

Ads

ケラレを防ぐ方法

ケラレを回避するには、

  • APS-C専用のレンズの使用を控える
  • フィルターやレンズプロテクターの使用を控える
  • トリミングする(後述)

などの方法があります。

レンズがAPS-C専用なのかを調べる方法

レンズを購入・検討する際には、該当のレンズがAPS-C専用のレンズであるのか、そうでないのかを予めチェックしましょう。見分け方については以下の記事をご覧ください。

過去の記事
APS-C専用レンズの見分け方や判別方法|カメラメーカー別一覧

トリミングやクロップ機能で回避する

どうしてもフルサイズでAPS-C用のレンズを使いたい場合は、PCやスマートフォンで周りを切り抜いたり、カメラ側にトリミング機能が備わっている事がありますので、それを活用する方法もおすすめです。

ケラれてしまった箇所を切り抜くという回避方法もある
ケラれてしまった箇所を切り抜くという回避方法もある ©

また、写真を切り抜くことをトリミング、カメラ機能のトリミング機能をクロップ機能と呼ぶことがあります。

Ads
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

ケラレとは?撮影した写真の周りが黒く写る原因について https://photo-tea.com/p/1801/kerare-aps-c-lens/

Ads
 おすすめ記事
 作例掲載