愛知県の祖父江町でイチョウが楽しめるそぶえイチョウ黄葉まつりについて、車のアクセス方法や駐車場、また見頃の時期、そしてオススメの観光スポットについてまとめてみたいと思います。

銀杏かき | Sony a7 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
 銀杏かき | Sony a7 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ©

これだけ抑えておけば、当日迷うことなく銀杏祭りを楽しむことができるはずです(^-^)インスタ映えする写真を撮ったり銀杏の黄色い絨毯を思う存分楽しみましょう!

目次 そぶえイチョウ黄葉まつりの見所と駐車場について

2020年のイチョウの見頃は?

祖父江町の銀杏の見頃は11月の下旬です。中旬から徐々に色づき始め、下旬にかけて黄色く変化して落葉していきます。

Golden apple | Sony α7 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
 Golden apple | Sony α7 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ©

オススメの観光スポットは?

祖父江町の銀杏祭り(そぶえイチョウ黄葉まつり)は、名鉄線の山崎駅から、西に徒歩数分の距離にある祐専寺(山崎会場と呼ばれている)を中心に楽しむことができます。名鉄線の山崎駅の場所については、以下のボタンで確認することができます。

そして、祖父江町の銀杏祭りのおすすめ観光スポットはこちらの経路です。

おすすめの順路
おすすめの順路 ©

オススメスポットは、名鉄線の山崎駅の近くから歩いて行ける距離にあります。地図に記載された各スポットの名称はこちらです。

  1. 山崎駅周辺の銀杏 (地図を開く)

    駅を降りると銀杏が多く立ち並ぶ風景を楽しめます。また、山崎駅から東に向かったエリアも銀杏がキレイです。

  2. 祐専寺のイチョウ (地図を開く)

    お寺の中にも銀杏の落葉した風景を楽しむことができます。祐専寺のイチョウは樹齢300年!お寺周辺は山崎会場と呼ばれており、土日祝日にはダンスや演奏イベント、出店なども開催されています。

  3. 久治(久寿)イチョウ原木 (地図を開く)

    祖父江町の山崎周辺で立ち並ぶイチョウの原木となった木を見ることができます。久治(きゅうじ)と呼ばれ、約170年に伝わる歴史があるそうです。

  4. イチョウの乳根(樹齢200年以上の古木) (地図を開く)

    樹齢100〜200年を超える木は、枝や幹から根が垂れ下がり「乳根」と呼ばれる巨木になるそうです。祖父江町のイチョウの乳根は、民家の中で静かに佇んでいます。

  5. イチョウの倒木 (地図を開く)

    倒れたイチョウの木が根を張り、現在も生き続けている様子を見ることができます。その姿から元気を貰える素敵なスポットです。

中でも、久治(久寿)イチョウ原木と、周辺のイチョウ並木は素敵ですので是非お出かけください^^

祖父江町のイチョウ 02613 | Sony α7RII + TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
 祖父江町のイチョウ 02613 | Sony α7RII + TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ©

詳しい順路はこちらのボタンからGoogle Mapを開いて確認することができます。

おすすめの駐車場は?

祖父江町の銀杏祭り(そぶえイチョウ黄葉まつり)では、車で訪れる観光客向けに臨時駐車場が用意されています。ただし、駐車場は観光スポットから離れた場所に点在しているので要注意です。また、平日のみ利用可能な駐車場と、土日のみ利用可能な駐車場が存在しますので詳しくは以下を御覧ください。

電車の移動が推奨されている

そぶえイチョウ黄葉まつりが開催される周辺の道路は渋滞が発生します。駐車台数も限られており、駐車場も点在しているため、車の駐車が非常に難しい時間帯もあります。現地までは電車による移動をオススメします。また、路上駐車も近隣の方の迷惑になりますので、おやめください。

今回は、過去に臨時駐車場となっていた場所をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

サカエ理研工業の駐車場(全日のみ駐車可)

イチョウが楽しめる山崎駅や祐専寺から西に0.6kmの位置にあり、最もアクセスの便が良い臨時駐車場です。駐車場台数がそれほど多くないので、早い段階で満車となります。目印は祖父江山崎簡易郵便局です。

また、この駐車場から稲沢厚生病院に続く道の周辺にも土日に利用できる臨時駐車場が用意されています。

西島グラウンド(全日のみ駐車可)

山崎駅や祐専寺から東へ0.7kmの位置にあり、こちらも便利な臨時駐車場の一つです。山崎駅から祐専寺の間の渋滞エリアに巻き込まれやすい場所に注意しながら、侵入しましょう。

山崎小学校(土日のみのみ駐車可)

西島グラウンドと同様に、イチョウが楽しめる山崎駅や祐専寺から北西へ0.7kmの位置にあり、比較的アクセスの良い臨時駐車場の一つです。ただし、雨天などでグランドのコンディションが悪化する日は、入庫できないケースがあるので他の場所を検討しましょう(体験談)。

森上本郷西の駐車場(土日のみ駐車可)

駐車台数が限られているものの、臨時駐車場として開放されている場所です。山崎駅や祐専寺から南へ0.9kmの位置にあり徒歩10分程度の距離です。道路を挟んですぐ隣にコンビニがあるので、利便性は高い駐車場です。

また、最寄りに森上駅がありますので、その駅からイチョウの観光スポットがある山崎駅へ向かうこともできます。

祖父江の森(土日のみ駐車可)

こちらも駐車台数が限られているものの、臨時駐車場として開放されている場所です。

撮影の方法やおすすめのレンズは?

ginko apple | Nikon D600 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 ginko apple | Nikon D600 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED ©

銀杏や紅葉を楽しむには、広い範囲や近づいて撮影できるレンズがあると便利です。スマホで写真を撮る場合は、スマホに装着できる以下のようなレンズがおすすめです。

また、一眼レフで撮影するなら単焦点レンズを使うとボケ感を楽しむことができます。詳しくは下記をご覧ください。