この記事を書いてる人: 
tea

メダカの育て方が全然わからない!という方に役立てて頂ければと思い、豆知識をまとめてみました。かなり長い記事となりますが、じっくりご覧頂ければ幸いです。

Killifish | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS
 Killifish | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS  photo by tea ©
Ads

目次

はじめに用意するもの

メダカの飼育には容器と水とエサが必要になります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

メダカの初心者が揃えておきたい必要な物を解説します

また飼育の方法やコツについてはこちらをご覧ください。

メダカを飼育する方法やコツについて解説します

ビオトープってなに?

まず最初によく目にするのが、この「ビオトープ」という言葉です。

ビオトープとは、一言でいうとメダカが住む水槽の中の環境の事です。メダカが本来住んでいる環境に近いものを水槽の中にも作ると、メリットや楽しみがあるんです。

では具体的にどのように作ればいいのでしょうか?まず初めにやるのは土と水と水草を水槽の中に用意する事です。

Ads

土と水と水草の役割

土と水と水草はなぜ必要なのでしょうか?答えは汚れた水を綺麗にしてくれたり、酸素を作ってくれるからです。

実はメダカを育てる間に、水の中は糞や食べ残しの餌でどんどん汚れていきます。

ところが水槽内に土があると、土に住み着くバクテリアが糞を分解してくれます。次に分解したものを水草が養分として吸収して、メダカにとって害の少ない水質へと浄化してくれます。更に水草はメダカに必要な酸素も作ってくれます。

このように、水の浄化サイクルが勝手に行ってくれる事が大きな土と水草の役割です^^ 試しにお近くの池を観察してみてください。鯉や植物、そして水がイキイキとしている光景が見られるかと思います。

浄化サイクルが上手くいっていると、水換えは ほぼ不要になり、蒸発してしまった水を補充するだけで水槽が維持できるほどになるそうです。

話は池から、水槽に戻りますが、ビオトープはメダカにとっても住みやすい環境になりますし、何より育てる側の負担も少なくてオススメです。

先ほどもご紹介しましたが、私の場合は外で睡蓮鉢に水を入れてビオトープを作っています。水草や土を入れてメダカを育てているのですが、自然の池の中を泳ぐかのようにスクスクと育ってくれます。

このように、小さな水槽に自然のサイクルを作って箱庭のように自然を鑑賞できるのは、ビオトープの一番楽しいところではないでしょうか(^ー^)

水について

続いて、メダカにとって必要不可欠な水についての豆知識です。

カルキ抜き!水道水は有毒

メダカに無くてはならない水ですが、水には一つ注意しなければならない事があります。それはカルキ抜き

カルキ抜きとは、水道水に含まれるメダカにとって有害な成分を取り除く作業の事です。カルキ抜きは汲んでおいた水を1日太陽の下で放置しておくか、メダカの水つくりを水に溶かして素早く有害成分を除去できます。

水合わせ!水が違うとショック死も

メダカやミナミヌマエビなど、新しい生き物を水槽に移す時には注意してください。移し元と移し先の水の温度や水質が違うと生き物が死んでしまう事があります。巷ではこれをショック死と呼んでます。

ショック死を避けるためには、水合わせという作業を行います。

具体的には移し元の生き物と水を、小さい袋や容器に入れます。次に移し先の水槽の中に袋や容器ごと入れます。そうすると水の温度がゆっくりと馴染んできます。更に100均で買ってきたスポイトで水をゆっくり交換して水質を馴染ませていきます。

私の例ですが、室内の水槽から外にある睡蓮鉢へメダカとミナミヌマエビを移しました。その際にはCDケースを使いました(笑)

太陽と風の力は偉大

メダカを育てる為の環境は、室内よりも野外の方が維持しやすいと言われています。これは何故かと言うと、太陽や風の力があるからです。

太陽光は光合成により水草が元気に育ったり、メダカ自身にとっても病気になりにくい効果があると言われています。

また風があると、水面が揺れて水槽内の水が循環します。これによって水中に絶え間なく酸素が運ばれたり、外から運ばれるバクテリアや餌となる虫が入り込むので、結果としてビオトープとして上手くサイクルが働くようです。

酸欠防止!水温が高いと酸欠に

夏場の気温や太陽にさらされると、水槽内の温度はどんどん上がってきます。

水温が高くなると、水に含まれる酸素がどんどん抜けていき、酸欠の状態になるそうです。メダカやその他の生き物は酸欠が原因で死んでしまう事があるので注意しましょう。

対策としては簾(すだれ)を掛けるのが良いそうです。簾は100均ショップで手に入れる事ができます。簾によって日を遮り、水温を抑えながら、メダカや水草に対しては簾から漏れた光で健康を保つ事ができます。

水換えと「立ち上げる」とは?

新たにメダカ水槽を用意することを「立ち上げる」と呼んでいます。

立ち上げたばかりの水槽ではメダカの糞を分解してくれるバクテリアが少ないので、先に説明した水の浄化サイクルが機能しないことがあるそうです。

そこで、バクテリアが住み着くまでの間は水を新しいものに少しづつ交換するのが良いそうです。一度に交換する水の量は1/3程度が良いと言われています。これは後半で説明する水質・水温ショック死や、せっかく住み着いたバクテリアを全て外に出さないようにする為です。

水が溢れを防ぐにはタオルやビニールが便利

野外でメダカの水槽や水鉢を置いていると、雨によって水が溢れてしまうことがあります。

水溢れを防ぐ対策として、綿やレーヨンのタオルなど吸水性の良い布を壁に掛けるか、ビニールを水槽に被せるのがおススメです。

エサについて

メダカのエサは近くのホームセンターや100円均一ショップで簡単に入手することができます。

メダカの稚魚には成魚用のエサではなく、稚魚用のエサを使うと良いでしょう。

また、メダカの餌には青水やミジンコもオススメです。自然に増やすこともできます。

ビオトープとタンクメイトについて

続きまして、ビオトープ全般に関する事や、タンクメイトと呼ばれるメダカと一緒に育てたいオススメの生き物についての豆知識です。

土って何がいいの?

メダカ・ビオトープとして使われる土は、糞を分解する微生物(バクテリア)が住み着きやすい土が良いとされています。バクテリアが住み着く条件としては、表面積が多い大粒の土を選ぶのがオススメです。

具体的には赤玉土と呼ばれる丸い土や、メダカソイルと言われる特殊な土があります。

また、タニシなどの藻を好んで食べる生き物を一緒に入れる場合は、荒木田土(あらきだつち)と呼ばれる田んぼの土を少し入れておくのも良さそうです。

荒木田土は微生物が含まれていたり富栄養化しやすいと言われています。微生物や栄養はメダカのエサや、タニシのエサとなる水草や藻の養分になります。デメリットは、水の濁りが発生しやすい事です。私もタニシ水槽では荒木田土を使っていますが、一度乾燥させてから水槽へ静かに入れると濁りが減るようです。

水草って何が良いの?

水草は、見た目の可愛さだけでなく、水中の養分を吸収して水を綺麗にしたり、酸素を作ったりする大切な役割をします。

water poppy | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS
 water poppy | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS  photo by tea ©

水槽や容器は何が良いの?

メダカを育てる水槽や容器は、水温の変化が穏やかになる保温性の高い素材が良いと言われています。中でも保温性の高い発泡スチロールの水鉢が育てやすいと言われています。

ツマツマって?

メダカを飼っていると、オススメされるのがミナミヌマエビです。ツマツマとはミナミヌマエビが食べ物を探してる姿があまりにも世話しなくて付けられた仕草の事です(笑)

この仕草が可愛くてミナミヌマエビをメインで育てる方も多くいらっしゃるようです。

nectarin shrimp | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS
 nectarin shrimp | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS  photo by tea ©

さて、このミナミヌマビですが、メダカにとっては水質の維持を助けてくれる大きな存在です!メダカのエサの食べ残しを食べてくれたり、水槽内の壁や水草についた藻を食べてくれたり、死んでしまった生き物を腐る前に食べてくれたり(えw)してくれます。

注意点は先にも述べた水合わせをゆっくり行わないと☆(死んでしまう)になるので、気をつけましょう。

ヒメタニシは大食い

先にご紹介したミナミヌマエビと同じように、タニシも水質の維持を助けてくれます。

ミナミヌマエビと違うのは、水中を浮遊してる藻を積極的に食べてくれる事です。

私の睡蓮鉢では5匹のヒメタニシが同居していますが、30リットルの水がわずか5日で透明になりました。下の動画がそのBeforeとAfterです。5日前はこんな感じで、底が見えない茶色の藻が浮いた濁った水でした。

5日経った後はすっかり透明に!

このようにヒメタニシは水中の藻を猛烈な速さで食べ尽くしてくれました。
逆に食べ物が無くなりヒメタニシが餓死してしまわないか心配になるほどです(^^;)という事で、以下のブログを参考にさせて頂きながら「荒木田土」という栄養豊富な土を入れたバケツで藻を増やそうと計画中です。

BLOG MIMI
ヒメタニシの飼育方法|短期間で巨大化させる飼育環境とは?

ところで、ヒメタニシは水草を食べることがありません。実は藻には幾つか種類があり、生き物によって好んで食べる藻の種類が違うそうです。これについては以下のブログがとっても参考になりました。

Qube Aquarium
全種類掲載!コケ対策におすすめなコケ取り生体の特徴と食べてくれるコケ一覧

それタニシじゃないよ?

水槽の水を綺麗にしてくれる強い味方 タニシ。…と、その前に、私自身も数ヶ月の間気づかなかったのですが、タニシって思ってた生き物が、実はタニシではありませんでした(^-^;)

この貝たちは器用なことに、水面に浮かんでいるメダカ餌を上手いこと食べます。忍者みたいで凄いですよね…。詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

タニシとサカマキガイの見分け方とは?動画で違いを比較してみた

ヒメタニシはこちら

前置きが遅くなりましたが、こちらがヒメタニシです。

サカマキガイとヒメタニシの生まれ方も違います。サカマキガイは透明の卵から孵化し、1mmの未満の稚貝から1cm程度まで成長します。一方、ヒメタニシは親のタニシの中で成長して、5mmほどの大きさの稚貝となって生まれます。

上の動画前半はサカマキガイの成貝(上)とヒメタニシの稚貝(下)です。見た目の大きさは一緒なので見間違えてしまいそうですね(^-^;)動画の後半は、サカマキガイの成貝とヒメタニシの成貝です。ヒメタニシは成長すると1cm以上になり、見た目がかなり大きくなります。

こちらもサカマキガイ成貝とヒメタニシ成貝です。比べてみると両者の顔もかなり違います。ヒメタニシは象の鼻を短くしたような口で、水中や壁面の藻を濾しとっています。

ちなみに、ヒメタニシのオスとメスは触覚の形で判別できます。雄(♂)は成貝のように触覚の片方が曲がっています。一方の雌(♀)は、ヒメタニシ稚貝のように、触覚が両方ともまっすぐです。

メダカの天敵から守るには

メダカの天敵は色々なものがあります。よく聞くのが鳥やヤゴ(トンボの幼虫)による捕食です。知らぬまに鳥に食べられたり、水槽の中にトンボの卵を産み付けられてしまい、メダカの数がみるみる減ってしまう事があるそうです。では、これらの天敵から身を守るにはどうしたら良いでしょうか?

手軽な方法としては、100円均一ショップで売っているメッシュパネル(ワイヤーネット)を上に置くという方法です。

更に、網戸の網や、目の細かいネットを被せておくと、虫よけとして効果があると思います。

更にこだわると、網で周りを囲ってしまう方法もオススメです。私の場合は、ホームセンターで買ってきた木で枠組みを作って、網戸用の網をクールガン(グルーガン)で貼り合せてみました。これならば、鳥もトンボも容易に近寄る事ができません。

また、先ほど水温上昇や酸欠防止でご紹介した、簾(すだれ)を使うのも天敵から守る事が可能です。

ということで

今回は初心者である私自身が知って役に立ったメダカの育て方についてまとめてみました。メダカの育て方がわからない!という方に役立てて頂ければ嬉しいです^^ それでは!

Ads
 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景や人物の写真撮影を行っています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

メダカの育て方と初心者が役に立った豆知識 https://photo-tea.com/p/medaka-beginner-tips/

Ads
 おすすめ記事
 作例掲載