この記事を書いてる人: 
tea

ミジンコの増やし方について解説したいと思います。

まず結論ですが、ミジンコを増やすには水の中に青水を入れて、太陽光が軽く当たる程度か、間接的に太陽光が当たるような涼しい場所に保管すると上手く増え続けます。

青水は、別名でグリーンウォーターや生クロレラ水とも呼ばれていて、ネットで簡単に入手できるものです。

ミジンコはメダカの餌となるので、自力で養殖できないか挑戦してみました。5月末に半日陰で保管した結果は、1週間でかなりの数に増やすことに成功しました!動画を撮影してみましたのでご覧ください。

うじゃうじゃ増殖して、おぞましい映像になりました(笑)ミジンコ撮影の為に、上からライトを当ていますが、みんな上に登ってきます(^^;)

また、ミジンコもAmaoznで売っているので簡単に手に入れることができます。

それでは、詳しいミジンコの増やし方を具体的にみたいきましょう。

Ads

目次

みじんこの増やし方

ミジンコを養殖するには次の手順で行います。

  1. ミジンコをコップ一杯ほど採取
  2. メダカの青水やクロレラ水をバケツ1杯分用意。
  3. 1と2を混ぜて、半日陰または日陰で保管
  4. 水が透明に近づいたら青水を継ぎ足す
  5. 週に2回、増えたミジンコを間引く(メダカ餌として利用)

1〜5を繰り返します。流れとしては、1週間に1回ほど青水を継ぎ足して、水温の上がらない半日陰または日陰の中で放置します。濃縮クロレラ水の場合は、うっすら緑になる程度まで薄めた水でOKです。

近くでみるとこんな感じ
近くでみるとこんな感じ ©

今回はこの流れを詳しく解説していきたいと思います。

ミジンコを採取する

ミジンコを増やすには、何はともあれ、生きたミジンコや卵が必要になります。

今回は手っ取り早い方法となりますが、ミジンコを田んぼの水から採取してきました。ミジンコは田んぼの水に沢山いますので、私はコップ1杯分の水を掬ってきました。

私の採取した水にはタマミジンコ(多分w)というミジンコが20匹ほど泳いでいました。

wikipedia
タマミジンコ科

見た目は1ミリ程度の小さい米粒のような生き物で、不規則に動いているのが特徴です。詳しくは先程のyoutube動画でご覧頂くと分かるかと思います。

触手のようなもので水かきしている
触手のようなもので水かきしている ©

田んぼの水は注意が必要

ただし、この方法には注意(というか覚悟)が必要です。

田んぼの水には様々な生き物が住んでいますので、中にはメダカの天敵が紛れ込んでしまう可能性もあります。また、農薬も入っているかもしれません。これによって他の生き物も死んでしまう可能性もあります。特にエビを入れている方は要注意だと思います。

ミジンコを安全に増やしたい方は、生きたミジンコを予め購入しておくと良いかと思います。ネットでは色々なミジンコが売られています。

メダカの養殖をされてる方は大きめのミジンコである「ダフニアミジンコ」を使われている話をよく聞きます。

ミジンコの餌は青水がオススメ

採取したミジンコは餌で育てます。ミジンコの餌は

  • ドライイーストを溶かした水
  • 鶏糞を溶かした水
  • 青汁粉末(無農薬の大麦青葉)
  • きな粉を溶かした水
  • 青水(植物プランクトン)

と諸説あるようですが、今回はメダカを飼育している際に自然発生する青水(グリーンウォーター)を使って見ることにしました。

青水は水質を維持するのが最も簡単で、餌としてもメダカを飼育していれば継続的に生成できるベストなエサだと思います。

グリーンウォーター(青水)とは何?

グリーンウォーターはメダカの糞などを栄養源にして自然に増える、植物プランクトンの詰まった水のことです。緑色に見えるので青水と呼ばれています。メダカの稚魚やタニシのエサにもなり、プランクトンの種類によっては黄緑色や茶色の水になる事があります。

ネットでは生クロレラ水として青水が売られているので、購入する事もできます。

特にミジンコ培養用途の濃縮クロレラ水やクロレラ水とミジンコがセットになったミジンコ培養キットというものが人気です。こちらは主に楽天市場で売られていますのでチェックしてみてください(^ ^)

またグリーンウォーターは自分で作ることもできます。

青水の作り方は?

冒頭でもふれましたが、青水は植物プランクトンが増えてできた緑色の水のことです。青水を作るには次の手順で可能です。

  1. メダカ数匹を用意
  2. ホテイアオイ(水草)を用意
  3. 水を汲み置きしたバケツを2日ほど放置
  4. 1〜3をバケツに入れ、直射日光の当たる場所でメダカを飼育

メダカはネットでも購入することができます。

ホテイアオイはこんな感じの水草です。

5月から9月頃の間であれば、1週間から2週間ほどで水が緑色になります。

冒頭でもご紹介しましたが、青水はネットでも売っていますので、この水を種水にして綺麗な青水を作ることもできます。

ミジンコをバケツで増やす

今回は田んぼで採取したミジンコを、青水に入れて増やすことにしてみました。

バケツで増やすことに挑戦。アナカリスを入れている
バケツで増やすことに挑戦。アナカリスを入れている ©

バケツは半日陰または日陰など、水温が上がりにくい涼しい場所で放置します。気をつけたいポイントは、暑い場所を避けて保管することです。ミジンコは30℃を上回ると死滅するそうです。

3日から1週間ほどで水が緑色から透明になってきますので、その都度、青水を継ぎ足していけばOKです。条件が揃えば一週間でかなりの量に増えますよ(^◯^)

ミジンコは酸素をかなり消費するようなので、バケツにはアナカリスを入れてみました。エアレーション機材(酸素供給機)をお持ちの方は、軽めに空気を入れてあげると良さそうです。

ぜひお試しください♪今回はミジンコを増やし方をレビューしてみました。

ミジンコはメダカなどの活餌になり、また増やすのも簡単ですので重宝します。同じようにミジンコを増やしたいとお考えの方は、よろしければこちらの記事を参考にしてくださいね^^

Killifish | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS
 Killifish | Sony α7RII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS  photo by tea ©

ちなみに我が家のビオトープはこんな感じになっています^^

その他、メダカに関する豆知識をまとめていますので、よろしければこちらもご覧ください^^

メダカを飼い始めの方へ
メダカ初心者が覚えてすぐ役に立った豆知識
長生きの秘訣
メダカがすぐ死ぬのを防ぐ!長生きの秘訣を7つ考えてみた
買い始め時に揃えておきたいもの
メダカの初心者が買っておきたいおすすめベスト5選!

メダカはネットでも購入することができます。

 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

自然風景やポートレートを写真撮影しています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので気軽にご覧ください。

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

ミジンコを増やすおすすめ方法はエサとなる青水を入れること。半日陰で放置したら増えた話 https://photo-tea.com/p/17/increase-moinidae/

Ads
 おすすめ記事
Ads
 作例掲載