BabyLinkやカエレバの一部サービスが終了となった模様です。同Webツールではこれまで、Amazonアソシエイトのリンクを画像付きで生成できました。存続が困難になった原因はAmazonの規約と仕様の変更によるもの。気になるのは、今までブログ等で配置していたAmaoznの商品リンクですが、そちらは今後も影響が無いそうです。

こちらのサイトでは、BabyLinkを2018年2月まで利用させて頂いていました。

BabyLink:ちっちゃなAmazonアソシエイトリンクの作成ツール

例えば下のようなリンクです。

見た目は拡張しているので、原形を留めていませんが、非常にシンプルなので気に入っていました。ですが、とうとう使えなってしまい残念です。

目次

BabyLinkやカエレバのAmazonリンク生成サービスが終了

2019年01月に、BabyLinkのサービスが正式に終了されることになりました。これは冒頭でも触れたAmazonAPI(PA-API)の規約変更によるもので、サービスの継続が難しくなったことが原因のようです。詳しくは開発者の寝ログさんの記事が参考になります。

寝ログ
BabyLinkツールの公開停止と、ソースコードの公開について

同様に、Amazonの商品リンクを生成できるツールとして有名なカエレバもAmazonリンク生成について撤退することをアナウンスしています。こちらも大きなニュースとなりました。

わかったブログ
【重要】カエレバ・ヨメレバは、国内ショッピングモールを応援するサービスへ生まれ変わります

今後、同様のサービスにも影響が及びそうですね。

今まで配置していたAmaoznの商品リンクには影響が無い

前述のリンク記事でも解説されている通り、今までWordpressやはてなブログで配置していた商品リンクには影響が無いようです。

AmazonAPI(PA-API)というのは、商品リンクを新たに作成する際に使うプログラムのことです。Amazonの運営するサーバーを通じて、APIと呼ばれるプログラムを実行するわけですが、そちらの利用方法に厳しい制限が設けられる事になりました。

Amazonリンクの生成には厳しい制限が

また商品リンクを作るには、下記で解説されているように、一定の条件をクリアしているAmazonアカウントである必要があります。この条件が結構厳しい内容になっているのは気になるところです(ノ_<)

Cocoon
Amazon商品情報取得API(PA-API)の仕様変更とCocoonでの対応について

スポンサーリンク

BabyLinkやカエレバの代替ツールはあるの?

BabyLinkやカエレバがサービスを終了・一部撤退をしてしまい、そろそろ変わりのツールやWebサービスを考える時が来たようです。Wordpressやはてぶを利用されている方は、カエレバやBabyLinkを利用されている方も多いと思うので、別のサービスに移行されるのが良さそうですね。

下記のCocconのように、テンプレート内でリンク作成機能が備わっているものは、問題なく利用できるようです。

Cocoon
Amazon商品リンクの初期設定方法と使い方

また、個人で動かせるプログラム上ではAmazonリンクの生成が可能です。

リンク取得のプログラム書いてみました

Node.jsを使ってAmazonアフィリエイトの商品リンクを取得するプログラムを書いてみました。実際に書いてみると、かなり簡単に取得でしたので、しばらくこれを使おうと思います。

スポンサーリンク
 関連する記事