この記事を書いてる人: 
tea

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMが発表されました。超望遠ズームレンズとしては小柄で軽量なモデルとなっていて、持ち運びに負担が少ないようです!

その他、CP+を前に、SIGMAから気になるレンズが沢山発表されました!

  • SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art
  • SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
  • SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art
  • SIGMA 14mm F1.8 DG HSM Art

今年の発表レンズは、痒いところに手が届くような焦点距離が多くて、興奮が止まりません(笑)

キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA
 キノコのように生えたレンズ | α7RII + FE 35mm f1.4 ZA  photo by tea ©

これまでの超望遠ズームレンズや超望遠単焦点レンズは、150-600mm F5-F6.3 Sportsや軽量・安価モデルのContemporaryがありました。

紛らわしいですが、シグマは同じ焦点距離のレンズを性能重視モデルと、使い勝手重視モデルで作り分けています。

SIGMA
異なるコンセプトで開発された150-600mm F5-6.3超望遠ズームレンズ。あなたはどちらですか?

今回発表された100-400mmはContemporaryシリーズなのですが、数年先にSportsシリーズも発表されるかもしれませんね(笑)単焦点だけでなく、ズームもかなり充実してきました。

ボケ味や解像度、オートフォーカス、逆光耐性などの各性能も気になりますが、CP+の矢先の発表ということもあり、作例やレビューが早期に上がってくるかと思います。今後の情報に期待したいと思います(^ ^)

 記事を書いてる人
gravatar
tea (てぃー)

ゆるふわポートレートや自然風景を趣味で撮影しています。その他は音楽や映像・メダカの鑑賞も好きです。ブログでは気になったことをメモ代わりにまとめていますので、気軽にご覧ください(^^)

 お問い合わせ

 ポートフォリオ

 各作例のご紹介

 シェアする
 記事名とURLをコピーする

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMが発表。写りやスペック、レビューは? https://photo-tea.com/p/17/sigma-100-400mm-f5-f63-dg-os-hsm-Contemporary/

 おすすめ記事
Ads
 作例掲載